JCBホール

昨日、ネヴィル・ブラザース(Neville Brothers)を見た。
場所は東京ドームそばのJCBホール。
初めて行ったが、約3000人収容のホール。
座席は第1バルコニー。ひな壇になっている。
小学生の娘も一緒だったので、アリーナじゃなくて正解だ。

会社帰りの私と、自宅からすでに夕飯を食べてきた妻と娘。
会場で合流だ。

ネヴィル・ブラザース、それぞれが1950年代、60年代から活躍しており、現在の兄弟チームとしては1970年代も後半になってからだ。
“Fiyo on the Bayou” に始まり “Yellow Moon” まで、ぴったり1時間半のステージ。
アーロンも全盛期の高音の艶がなくなっており、アートも歩くことのできない状態のようだった。
兄弟4人とも、すでに還暦越え。
当然、衰えはするだろう。

その辺りを差し引いても、すばらしいステージだった。
チャールズとシリルはまだまだ元気。
う〜ん、細身の人には勝てないのだろうか・・・・・。

“Johnny B Good” で始まったロックンロール・メドレーも、”Bonnie Moronie”, “Slow Down” といったニューオリンズR&Rメドレーだ。
“Tipitina” や “Hey Pocky way” といったニューオリンズ・サウンドは、やはり楽しい。
“Tell It Like It Is” は、不覚にも涙腺に響いてしまった。
アンコールは “Amazing Grace” から “One Love” 。

One Love では突然、妻がノリノリで立ち上がってしまった。
最初の頃は、初めての雰囲気にずーっとポップコーンを黙々と食べ続けた娘も、後半は体でリズムをとっていた。
よかったよかった、楽しんでくれたようだ。
ちなみに、帰ってから二人はパソコンでネヴィルのHPを見てました。

20年以上前の初来日から何回も見ているネヴィルだが、やはりレコードやCDではなく、ライブバンドだ。
ミーターズもアーマも、みんなそうだったけど、ニューオリンズの人たちのステージはいつも楽しい。

また、ぜひ来日して欲しいものだ。


29
10月

New Orleans @ 後楽園

   Posted by: Masazumi Ito in Everyday I have the Blues (日記の項)

なんか変なタイトルだな・・・・・。

本日は後楽園のJCBホールにてネヴィル・ブラザースを観戦に、
い、いや違う。
後楽園といえば「後楽園ホール」。
ついつい勘違い。

珍しく、妻と小学生の次女と待ち合わせの予定。

12、3年前、長女を膝の上に乗せて中野サンプラザでネヴィルを見た。
当時、まだ日本語も満足に喋れない長女。
アメイジング・グレースが始まった瞬間、何を勘違いしたか一緒に歌いだした。
「かぁ〜らぁすぅ〜、なぜなくのぉ〜」
ちなみに彼女、現在中学2年生だがブラックミュージックには全く興味なし。

ということで、今回いけにえになったのが小学4年生。
こちらも、たぶんイヤイヤ付き合う感じと思われる。

唯一、自分用に買ってもらったパスモを初めて使えるのが嬉しいだけらしい。

ネヴィルの関西公演は好評だったもよう。

それでは、行ってきま〜す!

そして10月26日の日曜日。

この日は長女の中学の吹奏楽部が、市の文化祭に出演。
西東京市の「こもれびホール」にビデオカメラを担いで行ってきた。

さすが、音響設備がしっかりしている。
いつかはNG’sでも出演したいものだ。
えっ?音響設備関係ないだろっ?

ごもっともです。
でかい音が出せれば文句は言いません・・・・・・はい。

で、話は戻ってコンサートである。
この日で3年生が引退なので、明日からは・・・・大丈夫?
中学2年生、中堅どころの長女である。

こもれびホール

さてさて、コンサート終了後は板橋文化会館である。
昨日もずいぶん歩いたので、少々足がだるい。
でも、運動不足を解消しないと・・・。

板橋文化会館

9月の発表会よりはいい出来に仕上がっている。
毎日がんばって練習した甲斐があったというものだ。

あ、明日の時間割やってないなっ!
帰ったらすぐにやりなさいっ!

帰りは会場近くの10円饅頭を50個購入。
大山小饅頭

あ、「饅頭」じゃなくて「饅寿」らしい。
これはおめでたい。

明日に向かってパワー充電!

27
10月

スライドギターを弾く。

   Posted by: Masazumi Ito in THE NG's (NG'sの項)

10月25日の土曜日。

この日は長女が学校の文化祭で吹奏楽部の発表。
午後は、次女が翌日のバレエの発表会を前にしての会場リハーサルであった。

さすがに時間の制約があり、両方は無理。
よって、妻が学校へ、私が板橋まで次女を引率、と相成った。

池袋までの車中で
私「忘れ物ないよな」
娘「あっ!忘れたっ!!」
本人の名誉のため、何を忘れたのかは書かないが、とりあえずリハには影響がないものなので一安心。

娘「おかあさんに内緒ねっ」
私「うんうん、内緒ね」

人生甘くない。
その瞬間にメールが・・・
「〇〇忘れたでしょ!」
あ〜〜内緒だったのにぃ・・・・。

実は、この日はNG’sのリハーサルの日でもあった。
次女のリハが終わるころには、妻が迎えに来てくれることになっている。
ギターを担いでバレエのリハ会場入りであったのである。
楽屋にギターを置かせてもらい、大山の町をぶらつく。
おお!プロレスショップ発見!
ちょおの〜っ!
し、しまった!そう言えば、東スポ買うの忘れてた!

リハのビデオ録りも終わり、妻とタッチ交代で代々木のスタジオへ行く。
本日はシンラインである。

大江隊員の新曲はロリー・ギャラガー!
今や「NG’sのスライドギターの鬼」とまで言われる斉藤隊員の面前で恥ずかしげもなく、スライドギターを披露してしまった。

帰って音を聞く。

もう二度と弾かないかもしれない・・・・・・・・。
スライドギター

NG’sのリハと、毎度「つちや」での反省会のもようは、こちらで

先週末は、なかなかのイベント続きであった。
まず、10月24日の金曜の夜。
仕事を早めに切り上げて向かった先は、このところ話題になっている日本相撲協会さんの「国技館」。

プロレスだっ!

う〜ん・・・・・猪木引退試合を見て以来だろうか・・・・・・。
そう、猪木引退で私はプロレスから足を洗ったのである。
足を洗うというのも変な表現だが、最近は団体数も星の数ほどあるようだし、いかにも素人っぽいレスラーが多すぎる。
おまけに、ギミックが公然の事実となり、どうも楽しめない。

昔は、試合のストーリーはあるんだろうなぁ、と思いつつも、その迫力や試合の巧さにすっかり夢中にさせられてしまった。
馬場、猪木、大木、吉村、坂口のころの日本プロレスが懐かしい。
フリッツ・フォン・エリック、ボボ・ブラジル、ジン・キニスキー、ブルーノ・ザンマルチノ・・・・・みんな超ド級の迫力と凄みがあった。
その後、ハンセン、ブロディ、アンドレ等々いい感じでつながって行った。

今回の興行、よく判らないのだが「プロレスEXPO」なる催しらしい。
残念ながらメインエベントと他の試合のレスラーの格差が大きすぎた。
今回が旗揚げのようだが、2回目以降の開催が極めて厳しいと思われる。

18:00の会場18時スタートということで試合開始15分前には到着したのだが、いかんせんこの入りでは・・・・・。
タニー・ホッジ!しかしながら、今回の立会人であるダニー・ホッジ氏登場!
し、知らんかっ!?
史上最強のジュニアヘビー級王者だっ!
ルー・テーズやカール・ゴッチを思い出させるお方だ。
ドリー・ファンク・ジュニアと組んで、馬場&猪木のインタータッグに挑戦した試合は名勝負であったのお。

リンゴつぶし!リンゴ潰しは健在であった。
当然80歳は超えていると思われる。昭和プロレスの醍醐味だ。
23区の電話帳を引きちぎったクラッシャー・リソワスキーとかね。

ナルト試合前のセレモニー。

約一名、どう見ても不良の子供としか思えない。。。。。

女子プロレス女子プロレスもあるぞっ。
「てぇめぇ〜こぉのぉやぁろぉ〜!」は現在でも受け継がれる、女子プロの常套句であることがわかった。

ただ、途中で技がすっぽ抜け、思わず「あっ・・・ああ〜ん」という声が聞かれたとき、一緒に観戦していた岡地曙裕氏と思わず顔を見合わせてしまった。
そして思わずにやけてしまうオジサンたちの悲しい性(さが)・・・・・。

大谷だぁ大谷晋二郎だ。
もう30代後半なのかぁ。
ずいぶん大きくなったなぁ。
うんうん、おじさんは嬉しいぞぉ。

メインエベントいよいよメインの試合だ。
客席は相変わらず半分も埋まらない・・・。
蝶野&スコット・ノートン VS 高山&ドン・フライだ。
蝶野は闘魂三銃士の中でも一番好きだった。
G1の決勝での対武藤戦。
大逆転のパワーボムも、この国技館だった。

ちょおのぉ〜っ!!
喧嘩キック高山に喧嘩キックだ!

ちょおのぉ〜!!!
ラストシーンそして、最後は予想通りの仲間割れ。
試合中いまいちだったドン・フライだが、この瞬間はかっこ良かったねぇ。

やはり、フライは「プチッ」と切れた瞬間が最高。


ダニー・ホッジとメインの4人、そして女子プロの「ああ〜ん」が収穫の一夜であった。

終わってから飲みに入った店もいまいちだったな・・・・・。
両国の汚そうな居酒屋。

しかし、久々の飲みながらのプロレス談義は、おじさんになっても最高です。

昨夜は久々に高円寺の JIROKICHI へ行った。
「行った」と言っても、本当に「行った」だけで「見に行った」わけではない。

昨夜は森崎ベラさんのセッションであった。
時間が許せればぜひ見たかったのだが、会社でちょっとまとめなければならない資料があり、高円寺に着いたのがもう22時をまわっていた。

急いで JIROKICHI に行くと、入口の横で疲れきってへなへなと座り込んでいる男が一人。
岡地曙裕氏であった。。。

ちょうど2回のアンコールも終わり、終演直後だったもよう。
ぜえぜえぜえぜえぜえぜえ、といった趣である。

まあちょうど良い。
私の用事は、岡地氏からあるものを受け取るためにやってきたのだから。

その受け渡しをしながら、タバコを一服してよもやま話を。
息切れも収まったようなので店内へ入って軽く飲む。

時間が時間なので、1時間もすると帰らなければならない。
楽屋へ顔を出して軽くご挨拶。
お、ベラさんもいた。
「あらぁ〜久しぶりねぇ〜!」
良かった・・・・・憶えていてくれた・・・。

でも・・・あれ?

昔の話だが、ベラさんにはよくバンドのゲストに出てもらったり、セッションもした。
が、今から15年以上も前の話だが、岡地氏と長見順ちゃんの結婚式で数年ぶりにお会いした時、
伊藤「あっ!ベラさん、久しぶりっす!」
ベラ「えっ?あれっ?誰だっけ〜?」
確かに髪の毛が短い、スーツ姿の伊藤は初めてだったかもしれないが。。。。。

そして、昨年のこと。
ほんと久々にベラさんのステージを見た。
「あ〜、え〜とえ〜と名前がでない〜、あ〜伊藤かぁ〜!え?忘れてるだろって?大丈夫よ〜。うっすらと記憶が蘇ってきたよ〜」

そして、あれから1年。
今度はしっかり憶えてくれていたもよう。
15年かけて記憶が戻ってきた・・・・・・・のだろうか?

めでたし、めでたし。

「ありがとう〜、見に来てくれたのね〜、気づかなくてごめんなさい」
「す、す、すいません・・・・・終わった頃に来ました・・・・・」

この次は、ちゃんとオープニングから見させていただきます!
はい、しっかりと!



で、今回の本当のお目当ては・・・・・・。
これ、でした。

プロレスEXPO

「ブルースギターマスター」の称号がぴったりだった塩次伸二さんが亡くなった。

昨夜から、数名の友人より訃報メールをいただいた。
この場を借りて、御礼申し上げます。

ツアー先の栃木県佐野市のライブ前に突然倒れられ、そのまま帰らぬ人となってしまった。

私が高校に入った頃、第1期ウエスト・ロード・ブルース・バンドの全盛期だった。
だから、いつまでたっても雲の上の人だった。
まさか、本当に雲上に召されるとは・・・・・。
しかも、こんなに早く。

最近は新譜も出されて、精力的に活動されていただけに・・・・。

ご冥福をお祈りいたします。