20110922_kabuki (1)_R3連休前の、9月22日の夜。
恒例、飯田橋での「カブキ会」である。
毎度の芳江ちゃん、八潮ちゃんに加え、岡地曙裕選手がまだ来ない。
「昨日の台風で高湯街道閉鎖で遅れてます!」とのメール入るが、
一同「高湯街道って何処???」
福島のローカル道路の名前を当然のごとくメールする岡地氏に脱帽しながら呑む御一行。

今回、初カウンター席。
グレート・カブキさん、働いております。


20110922_kabuki (2)_R
で、今回初登場は業界の裏方さんとして有名な玉井さん。
憂歌団や上々颱風のジャーマネ等々でご活躍され、最近は「ル・オードムーゲ」というバンドを率いてらっしゃる。

歳は我々より、ちょい先輩ですが、そのプロレス熱の凄さは・・・・・ま、負けたかも。
なんせ、小学生時代から現在までのプロレスに詳しい!
実際は見ない期間があって現在リハビリ中とのことだが、あたしゃ最近の若者が全然わからんもんね・・・・・。


20110922_kabuki (3)_R
実は、今回カウンター席だったのには訳があった。
奥のテーブル席は・・・・・・な、なんと外人レスラー諸氏の宴会場だったのだ!!!

外の空気を吸いに店外へ出た2名に、突如玉井さんが!
持参した秘蔵の写真を見せに行く。
これが何と、ジン・キニスキーとジョニー・バレンタインの生写真。
(凄い写真持ってるな。ちなみに大阪府立体育会館だそうな)

「う~ん、だれやろなぁ」
「これです!これ!!」エルボーの真似をする岡地選手。


20110922_kabuki (5)_R
さあ、ここからはもうミックストマッチの様相。

女性陣2名、目ざとくイケメンのレスラーと記念撮影。

これはケニー・オメガ選手?


20110922_kabuki (4)_R
ジミー・ヤン選手との2ショットは岡地さん。

2ショット、というより捕まってるって感じか。


20110922_kabuki (6)_R
そして、ハイライトです。

バイソン・スミス選手との2ショット。

なんて嬉しそうな玉井さんの表情。

アイアンクロー・スラムかけて~~!


20110922_kabuki (7)_R
店の前は、壮絶な記念撮影大会。


110922_2303_01
外人勢ご帰還後は恒例のカブキさんトーク。

ボボ・ブラジルとの試合後のドライブの話なんて、昭和プロレスファンとしては涙ちょちょ切れちゃうよ~。
相変わらず、オフレコ話は尽きることなし。

わ~、今回カメラマンに徹してましたが、最後は八潮ちゃんから頂いた
『憧れのレスラーを前にして中学生のようにかしこまって固まっているオジサン3名の図』にてお開き。



11月24日 追記
この時、元気な姿で一緒に写ってくれたバイソン・スミス選手は、この2ヵ月後の11月22日に38歳の若さで急逝されました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

本日、私は「台風休み」、いや「夏季休暇」。
今年の夏休みは全く連休が取れず、仕事の空きそうなタイミングでポツンポツンと取得。
9月25日までに取得しないと失効するとのことで、ケチな私は前日23時近くまで仕事をこなし、見事季節外れの夏休みGETである。

まあ~、うまいことに?台風直撃。
夜、電車が止まって帰宅できない同僚からメールあり。
ほほほ、日頃の行いですかねえ、ほほほ。

しっかし、今回の台風は凄かったね。
奄美大島~沖縄諸島あたりを通って中国方面へ進んでいたのが、何を思ったかグルリと一回りして日本直撃。
しかも、どんどん勢力が大きくなる・・・。
まだ築7年の我が家、揺れましたよ。
思わず地震かと思った。

さて、こんな日はこんな映画でも。

“STORMY WEATHER”

好きもののあなた!たまらんでしょ!!
あ、勘違いしちゃいかんよ。

この映画、1943年作の レイス・ムービーである。
レイス・ムービー、つまり「黒人による、黒人のための映画」ってとこか。
この映画をはじめて見たのは1980年代の初頭あたりか?
たしか、新宿だか四谷だかの公民館みたいな所で見た記憶が。

も~~!完全に参っちゃったね。
凄いの何のって!!



stormy weatherこれは、懐かしの “TIA JUANA” というレコード店で購入したサントラLP。

どうもブートレグっぽい風情が・・・・。

キャブ・キャロウェイ(CAB CALLOWAY),リナ・ホーン (LENA HORNE),ビル・ロビンソン (BILL ROBINSON)、の3人が主役って感じ。



stormy weather _DVDこれはDVD!非売品だっ!

なぜなら・・・・・
その昔、購入したVHSテープをパソコンでデジタル化したのよ~ん!

自家製でござる。



“STORMY WEATHER” リナ・ホーン、美しい!



“JUMPIN’ JIVE” 個人的に大好物のキャブ・キャロウェイと驚異のタップ、ニコラス・ブラザース(NICHOLAS BROTHERS)



“AIN’T MISBEHAVIN” 最高のエンターテーナー、ファッツ・ウォーラー(FATS WALLER)



実は、あのジョー・キャロル(JOE CARROLL)が TRAMP BAND で出てたりするというのも凄い!

残念ながら、現在このDVDはリージョン1でたまにネット見かける程度。

かつてのブラック・エンターテイナーが凝縮されたムービーであること間違いなし!


北千住さて、3連休である。

比較的、馴染みのない北千住駅。
北千住と言ったら、このくらいか?

2008年8月3日のブログ

今回は違う。
次女の出るバレエのコンクールである。

そういや、MARUちゃんもこの町のどこかで呑んだくれているんだろうなぁ。


20100917 (2)_R
「駅のそばのマルイ」の11階にあるホール。

「シアター1010」
これは「シアターせんじゅ」と読む。

キャパも1,000人くらいか?

20100917 (3)_R
この夏、娘は3回もコンクールに出た。

8月の中野で行われたコンクールでは、見事入賞。

突然上手くなった?

ま、今回は私は見させていただいた後はちょいとぶらついて帰宅の途。

20100917 (4)_R
ひばりヶ丘、在住7年くらいになるが初めて「サニー」に入った。

ここは「大勝軒」の流れを組むラーメン店。

「もりそば」を注文。
旨い。
魚介系のスープはまさに「大勝軒」。

ちなみに食の細い方は「並」ではなく、「小」をご注文のこと。

20100917 (5)_R
で、本題はここから。

レコードプレイヤーが逝ってしまってから2カ月以上。
これは、先日7月3日のブログをご参照。

やっと、購入しましたよ。。。。

これもちょっと怪しそうではあるが、78回転もOK。


20100917 (6)_R
SUNSEN というメーカーのSPT-M75Uというモデル。
ちなみに今回のはパソコンに取り込むことも出来る。

プリアンプに繋げば、スピーカーからも出力OK。

ちなみに、内臓のスピーカーもあるが相当にラジオっぽい。


20100917 (7)_R
もちろん、USBメモリにM3音源で簡単に抜くことも可能。

これが便利。


20100917 (8)_R
さあ、試運転。

目をつぶってレコード棚から取り出したのはこれ。

” Laura Lee / Love more than pride ”

Chessレーベルの出したソウルアルバムでは珠玉の1枚!



それでは、Meditation Singers時代のローラの映像でも。


20110910 (1)_R最近、低迷気味のNG’s.
昨日は1ヶ月ぶりのリハ。

会社で中国に飛ばされそうになっている大江隊員と、早めにこっそり待ち合わせ。

リハの場所は、もちろん代々木。
プチ神輿あり。


20110910 (2)_Rちょっと早めの待ち合わせとは・・・・。

もちろん、リハ前の軽~いコミュニケーション。

が!

予想されていたのかっ!
すでに、緑茶ハイを呑む男が店内に。

斉藤隊員であった。


20110910 (3)_Rいつもの、代々木サウンドタワー・プレミアム。

9月だと言うのに、この日も暑かったね。


20110910 (4)_R見事30分以上遅刻の吉田隊員。

時間調整で bump city で呑んでて遅刻。

愛想ふりまいてもアカン。


20110910 (5)_R大江隊員&くどーへいじ隊員。

くどーちゃん、何を見てるの?

地味にしていると言いつつ、中学の同窓生とは呑み歩いているのは知ってます・・・・・。


20110910 (6)_R最近、酒量増の斉藤隊員。

今や、影のバンマス。

ああ、そういやあ、今回バンマスいなかったねえ。


20110910 (7)_Rシンラインです!

最近、音がでかくてスイマセン・・・・。


20110910 (8)_Rリハ後は、当然「代々木つちや」。

刺身の盛り合わせは、中落、〆サバ、平目のエンガワ。
アイデア料理、チーズ煎餅。
さっぱり、谷中しょうが。

そして、〆は初登場のオム焼きそば。


20110910 (9)_Rおや?つちやの社長の厳しい表情。
そう言えば、いつもの競馬新聞が出ないね。

おお!ナンちゃん腰痛治らずお休み。
妹のザイちゃんもお休み。

もう・・・今日は4時から仕事してるよっ!(by つちやの社長)


20110910 (10)_Rよしだ「こいつはさぁ!練習もしないでイコライザー繋いでんだよ!100年早いよなあ!!」

へいじ「・・・・・」


20110910 (11)_R珍しく、ボトルの水割りセットを皆に作るくどー隊員。

これはかなり貴重なショットです。

音楽界は年功序列じゃよ!!!


20110910 (12)_Rこの日の反省会には、げんちゃんが特別参加。

ちょうどレスリー・ウエストの話で盛り上がるのはタイムリー?

くどー隊員の変貌ぶりは、外面の良さか???


20110910 (13)_Rいや・・・・・。

こっそり真の姿を撮影。

Hey ! 吉田っ! Fack off !!!

知~らないっと。。。。。


20110910 (14)_R西武線組は地下鉄大江戸線だよ。

年末には久々のライブ!

乞うご期待っ!!

ラストライブ チケット昨夜は “E-CHANG BROTHERS ” のラスト・ライブへ。

チケットの写真を見ていただければわかるが、正しくはベースの 中川”野獣”清さんのラスト・ライブ。

残念ながら、野獣さんは棺の中。

2階はライブ会場。
駆けつけたミュージシャンの皆さんは、代わるがわるでセッションに加わる。
1階の宴会場(敢えて「お悔やみの場」、とは言わない)では、皆が飲み食いして旧交を暖める。
まさに、中川清プロデューサー、「してやったり」と、ほくそ笑んでいることだろう。

中川清さん Apr.30.2011これは、4月30日の時のステージでベースソロを弾く姿。

かつて胃癌を克服し、1年前に食道癌をカミングアウト。
これも克服したのだが・・・・・・・。

気づいたら30年以上のお付き合いでしたね。
ちょっと早すぎたのが、とてもとても残念です。

今まで、本当にありがとうございました。

20110827 (1)さて、冒頭から日本武道館。

誰のコンサート?

いえいえ・・・・・。

プロレスでごわす。

P8280119_R
グレート・カブキさんに券を10枚お願いしていただいた。

裏にはカブキさんのサイン入り!

20110827 (2)
で、胴元はこの人。
芳江姐さん、武道館入口でダフ屋顔負け、いや予約したチケットの受渡である。

ディスクユニオンの袋が凛々しいのは、憂歌団のジャーマネ等でお馴染のT井さん。
その他、千歳烏山のライブハウス”つぼ”のマスター夫妻、ボブ斉藤さんの奥様K子さん、もちろん、いつもの岡地氏と八潮ちゃんも(見事遅刻して)登場。
ベースの野間君もいたね、そうそうたる面子である。

20110827 (3)
この日の興行は震災復興支援の主要3団体合同の試合。
17,000人超満員の観客は意外と若者が多い。
う~ん、登場メンバーも若手が多く、ちと知らない顔も多く・・・・・。
ちと、試合も派手になりすぎたような気も・・・・・。

実は同日に、両国国技館でアントニオ猪木氏が別興行をうってたのね。
こういう、絶対常人には思いつかない発想はたいしたもんだ。

20110827 (4)
よく見えませんが、ザ・デストロイヤーも会場に。

試合終了後、近場の呑み屋はぜったいに満員との予想で、曙橋の “Bar 461“というお店が今回の二次会会場。
当然、異様に盛り上がる店内。

こちらはハーピストのKotezちゃんが予約済み。
実は彼とは今回初対面なのだが、「おおおっ!あの伊藤さんですか~!!」。
私のことをご存じだったようで、たいへん恐縮であるのだが、「あの伊藤」とはいったい・・・。


20110820 (1)昨日は、すっかり恒例となったお盆の同窓会セッションである。
今回のブログ、参加者の私含めた4名しか面白くないと思われる内容である。。。。

完全にワンパターンである。
13時吉祥寺集合。
サンロード、マックの上にある「天狗」で一次会。

ここで、昼食兼、勢いづけである。


20110820 (2)
この、現在甲子園在住のS塚くん。
まあ、彼の都合に合わせて、正月と盆休みに集合するのである。

羨ましいことに、怒涛の10連休。

このギターは、Tochi さんのUSAシンライン。
ハンバッキング & メイプルネックは珍しいね。

私のような「安物買いの銭失い」とは違う・・・・。


20110820 (3)
そして、某都立高校管理職の Tochi さんが弾くのは、なぜかS塚が西から持参したエピフォン・リヴィエラ by KOREA である。

んーーーこのピックガード、1,000円で売ってくれないかね?
私のは、黒いんですよ・・・・。


20110820 (4)
ドラムも叩くS塚。

神戸のセッションでは、ベースも弾くらしい。

レボン・ヘルム?
ドン・ブリューワー??


20110820 (5)
すっかりドラマーが板に付いた Tochi さん。

そして、来月から月の半分は中国出張となった eroppi オーエ氏。
向こうで家族作らないようにね。

くれぐれも、未成年に手を出しちゃだめよ。


20110820 (6)
私は、先週NG’sのリハで久々登場させたSG。

やっぱね・・・・・

「男は黙って、マーシャル直結!!」

えっ?普段と言ってることが違うじゃないかって?

いやいや、年に1回の無礼講です!(意味不明)

まあ、最近のマーシャルもツマミが多くてよくわからんので、とりあえずオールフルテン状態にしてみたら、ユーライア・ヒープのミック・ボックスのような電動のこぎりみたいな音になっちゃいましたとさ。。。。。


20110820 (7)
一応、タイマーで記念撮影。

ちなみに、曲のほとんどは中高生時代にやってたロックでおます。


20110820 (8)
さて、二次会(?)のスタジオも終了して、三次会に突入。

ホントは「のろ」に電話してみたんだけど、この日はライブがあったようで残念ながら断念。

また今度、おじゃまします。


20110820 (9)
そして、ラストの四次会は締めの「ホープ軒」。

にんにくプラスだよ。

さて、この集いのレパートリーのひとつにマウンテンがある。

あたしゃ、けっこう好きだったのね~。
特に、今は亡きフェリックス・パッパラルディさんは良い。
歌も好きだな。

先日亡くなったジョー山中さんも出てた「ワールド・ロック・フェスティバル」(1975年)で生を見たときは泣けたね。うん。

で、当セッションのレパートリー “Theme for an imagenary western”。

実はけっこうこの歌、声質があってたりしてね。。。。


20110820 (10)
マウンテンのレコードは、むかし売ってしまったらしく残ってなかったが、こんなのを発見。

パパラルディの1979年製作のソロ。


20110820 (11)
バックの面子を見てビックリ!

ちなみにプロデュースはパーディさん。

なぜか、こんなのだけレコード棚に残ってたよ。。。。。

どんな内容だっけ?
聴いてみるかな・・・・・

あ、まだターンテーブル、壊れたままだ・・・・・・(涙)。