2016年12月の投稿

㋈11日
入院21日目。
横向きに寝ることが出来るようになる。
進歩だ。昨日までは横向きになると傷が引っ張られ違和感があった。
朝、体重測る。64.6キロ。更に記録更新。
昼過ぎ、談話室で漫画を読んでいると、むかし会社で世話になった仲間が3人見舞いに来る。よ、よくわかったな~
うちの会社は気遣いのメールをくれるのが一人だけだし。
3人それぞれ見舞金持ってきてくれる。お返し無しと言っていたが、これは快気祝いの飲み会で返そう。
さて、痛みも傷口位なので、スクワットを15回×4回。さすがに腹筋は無理だ。
回診に来る看護婦さん、「暇そうですね」と笑ってく。旅館で転がり満喫の図に映っているとのこと。
飲み薬も夜には終わり。
明日はリハビリするか、テレビ見てるだけかな。あ、今日もそんな感じだ。
退院の具体的な話が来るだろうから、明日は少し進展があるだろうな。

㋈12日
朝は最近定番のパン食。
執刀医の先生来る。水曜退院で進めているそう。
9時半、シャワー。12日振りだ。気持ちいい。初めてまじまじと傷口見る。あれ?あと2針抜糸してないじゃん。ほちきすみたいだ。

午前回診。
先生、ホッピーTシャツ見て「なかなか病院にそぐわないね」と笑われる。
午後、長女見舞いに来る。ポケモンgo院内でかなりゲットのもよう。

本日のリハビリ。
スクワットを20回×5セット(一日がかり)。
22時、消灯。

㋈13日
入院23日目。
朝、3時30分頃トイレに起きたまま眠くなくなる。やべ。とりあえず一時間ほど寝て6時30分前に起床。

朝は食パン。
シャワーは一番風呂。午前の回診も、とりあえず形だけの感じ。
昼食、「お月見御膳」。饅頭付きだ。
ワイドショーは相変わらず築地問題一色。
夕飯後、看護婦さんに退院の件を再確認。なんと、今日は主治医の先生お休みだそうだ。
ということは??
昨日までの主治医の先生の話ぶりからして、明日退院は間違いないと思う。の、だが、ちと不安だ。

㋈14日
時30分起床。まあまあ連続して寝れるようになってきた。数日前まで夜中は一時間おきに目は覚めてたのに。
夜勤さんから日勤さんへ退院の確認は伝わるようになっているそうなので、後でわかるだろう。
果たして無事に釈放されるのだろうか?

朝イチ、先生来る。傷口見て「うんうん」。
まだちょっと膿が出てるが。
今朝も朝イチシャワー。サッパリ。回診前のシャワーとの位置付けらしい。が、シャワー室出たとこで先生にバッタリ再遭遇。またシャワー室戻り傷口確認。「うん、傷口にガーゼ乗せて退院ね」。
やったー!
24日振りのシャバ決定!

10時30分、嫁が迎えにきたので1階の受付で支払。
テレビのプリペイドカードも精算機がある。610円返金(笑)
ナースステーションに退院とお礼の挨拶。主治医の先生もいる。「帰ったらすぐ髭剃るのかな?」「い、いや、もう少しこのままでいようかと(笑)」。
手術時は髭を剃っていないといけなかったので、手術の9月1日からちょうど2週間の無精髭。すっかり白髪髭(涙)

嫁の運転で自宅へ。途中、郊外型の近所のコープへ。食べたいもの買えば?と言われどら焼買う(笑)
隣のマツキヨで患部用のガーゼとテープも購入。
11時過ぎ帰宅。
居間に転がってた次女の生ギター弾いてみる。
昼食に焼きそば。おお、久々の豚肉。家の焼きそばは油を殆んど使わないが、豚肉で少々油負け。ゆっくり時間かけて食する。

暇なのでパソコンでYouTube見るも寝てしまう。
起きて夕飯。油ものが食べたいと言ったからか小さめのトンカツ。
ぜんぶ自分でレンジ入れたり盛ったり。病人の待遇ではないな。面倒だから皿へ移すのも最低限。洗い物も自分でするから増やしたくないし。

昨日までの生活で早寝になってしまった。
ばたり。

ライブまであと4日。
大丈夫か?おれ。




が、なんとか頑張れました。

すごい風貌ですが(笑)

㋈㏧
入院18日目。手術から一週間。
夜中、やはり熱がありアイスノン。
でも比較的良く眠れたかも。
朝食、おかずはほぼ完食するも、三部粥は少し。
午前中、体重測定。66.2キロ!記録更新!
点滴に馴れて胃が小さくなったか?
腹が苦しい。というか、食後は腹がパンパンで傷口が引っ張られて痛い。
ベッドだと寄りかかれないので寝てばかり。談話室で暫く漫画など読む。
テレビの受信カード2枚目購入。だんだんテレビばかり見る自堕落な日々になりそう。
今夜は点滴無しで寝れる。無いと腕をあげることができるので楽だ。
だけど、もう一本管が体内から出てるので、歩くときはスタンドも一緒である。

㋈㏨
だいぶ調子が良い。
歯磨いて体重測ると65.3キロ。食事が始まってるのに減る一方。。。
9時半、昨日抜いたので再度点滴針がチクリ。
朝食はホワイトシチューで完食。
昼から全粥。で、明日から点滴が取れるらしい!イエーイ!
あとは腹から出ている管が1本。

午前の回診で腹からの管を抜くことに。
抜かれるとき、ちと、嫌な感じ。抜糸も実施!
こちらはチクチク。どちらも少々化膿しているが、とりあえず処置。
毎回の排尿量も記録しなくて良いとのこと。

だいぶ髭が伸びてきた。
看護婦さんから「真田広之に似てますね」と言われる。受けた。

16時前、点滴終了。
久々に首輪を外してもらった感じ。
化膿の具合で、上手くすれば来週半ばには出れるかな?
いや、焦るな焦るな。
夕方、執刀医の先生が様子見に来る。
そろそろ退院考えるかとのこと。
最短で月曜。
早すぎないか?

㋈10日
入院20日目。
今日辺り具体的な退院の話出るかな。
7時前に歯ブラシくわえて洗面所へ歩いてると看護婦さんスレ違い笑われる。温泉に来た旅行客に見えたらしい。
朝食前に体重測る。なんと、ジャスト65.0キロ。記録更新である。

午前中回診。
化膿の処置ガーゼも取れる。
退院は水曜になる可能性大。
夜、テレビで野球中継見る。西武勝つ、よし。広島優勝、これもよし。
ああ、暇だな。もうすぐ消灯だし。

㋈㏡
手術翌日。
こんなに手術後がきついとは(涙)
早々に個室から6人部屋へ移動。
これからしばらくは点滴のみの毎日。
嗚呼、心拍数がまた落ちてきたか・・・

㋈㏢
やはり傷口痛く1時間に1回起きる。
午前中、尿道の管を抜く。いてえ。でも、だんだん体に付いてる管が減っていく。
水250ミリリットルくらいなら一日かけて飲んで良いとのこと。
午後、尿の出が悪いとまた管を入れると脅される。
よたよたしながら、自販機へ水を買いに行く(ナースさんの介護付き。。。)。

㋈㏣
昨夜と今朝は一人でトイレへ行けた。
行けたといっても、冷や汗たらたらで10分以上はかかる。
午前中は傷口の痛みより吐き気に悩まされる。
血圧も180以上で更に冷や汗。
昼頃、吐き気止めお願いする。
手術後、初めての通便あり。
午後もたまに吐き気。
スマホが側にあっても、まるで見る気がしない。
18時、また来た。ついに吐く。でも少しスッキリ。

㋈㏤
だいぶ体を動かせるようになった。と言ってもベッドから起き上がるのは一苦労。それより、吐き気がひどい。早朝、吐き気止めを入れてもらったら、余計に悪化。
朝、採血。三回失敗。さすがに自信なくなったか、違う人に代わって成功。
レントゲン。
一日吐き気に悩まされる。
夕方、やや落ち着く。
体重、67.8キロ!

㋈㏥
日付代わってから数時間、毎度の吐き気に悩まされる。もう限界だよ。
朝、背骨の間に入っていた麻酔が終了。ただし、管はまだ入っている。そして点滴を変えたら、あれ?吐き気がおさまった!
急に改善された。思わず睡眠不足のために爆睡。
午後、吐き気は薄まったが何となく気持ち悪さは変わらず。
最終体重、67.5キロ。
初めて1,000円のテレビ視聴カード買ってみる。

㋈㏦
朝は多少の気持ち悪さと尿道炎症の痛み程度。ただし、血圧は上が150ある。
朝の体重、76.6キロ。記録更新。
昼、一週間ぶりの食事。三分粥におかずは鶏肉の塩コショウ蒸し焼き。
鶏肉一切れと付け合わせの野菜を少々残す。三分粥はほとんど食べきれず。
発熱か?汗が大量に。
水分制限も解けたが腹一杯。
傷口痛み、吐き気、尿道炎症痛、だいぶ和らぐも腹の苦しさに難儀。少し寝る。
発汗相変わらず。どちらかと言うと冷や汗。
夕飯。昼食が全く消化されていない。1割も食べれずギブアップ。
咳すると傷が痛い。体を起こすのも痛みで一苦労。

9月1日、6時起床。
さて運命の日。先生も看護婦さんも「患者さんみんな、手術は緊張するのだから頑張って」と言ってくれる。
もちろん食事は無し。経口補水液「オーエスワン」なる500ミリリットルの飲み物2本支給される。一本半は必ず飲んでとのこと。
ちょっと飲みにくいと思うけど、と言われるが昨日の下剤同様に普通に頂けた。ポカリスウェットみたいな感じだ。
トイレ行く。だいぶ腸もきれいになってきたか。腹筋、スクワット、30回ずつ。いったい俺は何してるんだ?
談話室の横にある体重計に乗ってみる。
68キロ代まで落ちてた体重、入院してからもこれ以上落ちなかったが、今朝は何と70キロ。昨日から何も食べてないのに。水分たくさんとってるのでそれか?
看護婦さんに脈拍遅いと言われる。40くらいらしい。先生も来る。急遽心電図。なんか余計にドキドキ。
緊急で心エコー。
お、おれ大丈夫か?
検査結果、手術ゴーサイン出る。

予定より早い13時より手術開始。付添いのはずの嫁、間に合わず。。。
18時手術終了。
手術は最初背骨と背骨の間に麻酔を打ち管を入れる。これが痛いと言われたが問題なし。
助手の看護婦さんたちがフレンドリーで和む。リラックスのためのCD がかけられるとのことでケニさんのを持ってきたが、要らなかったかも(笑)
そして全身麻酔であっという間に落ちた。

手術後がきつい。
怖ろしい寒気、電気毛布もらう。
麻酔の影響か意識も朦朧気味。
傷口が痛い。鼻から酸素が入れられてるがその器具が不快感だ。
夜中、動悸が。汗も。氷枕してもらう。
寝返りも打てない。
ううう(;゜゜)

翌日気づくと、尿道カテーテル、左の腹からドレーン、背中には局部麻酔の管がまだ入っているもよう。
やはり異物が身体に入っていることが拒否反応を示しているのか?
昨日までの元気はこれっぽっちも残っていない。

ここから辛い毎日が始まるのでありました・・・・。

8月30日、未曾有の台風10号接近中。
昼食は煮込みハンバーグ。やはり鶏肉の疑惑が。
大根帆立て貝サラダというのが死ぬほど不味い。大好物なのに、この味付けはなんだ!
今週は点滴2つで夜は無しだったが、今日は3つらしい。で、夜は外して貰えるそう。
入院当初は暇で暇でしようかなかったが、最近は意外と時間の経過が早く感じる。
台風情報などをテレビで見ながら、もう夕飯。鮭の塩焼きだ。
よく考えたら病院食の魚は一本も小骨が無い。けっこう手間がかかってるな。

左手の点滴針は23日に刺して一週間目。実は普通は3日くらいで違う場所に打ち直すらしい。が、問題なく機能してたのでついつい1週間。
明日、変えましょうという話になるも、明後日手術でまた打ち直しになるので、明日もそのままということになる。
夜、見舞いに来た嫁と次女、その話聞いてうける。
とりあえず今夜も点滴無し。
入院9日目だが、なんか特に体に不調もないし、物足りないながらも3食食べ、テレビ見たり。
あれ?俺いったいなにしてるんだろ?と思ってしまう。
明日は手術前日なので、いろいろ準備がある。
だらっとしてる場合じゃないよな。

8月31日。
6時、点滴のため起こされる。
今日は点滴4本。1本あたり4時間として6時から始めないと消灯までに終わらないのだ。
8時過ぎ、朝食。
今日は流動食だ。重湯200グラム、具のない味噌汁、塩(笑)、牛乳、いつものエンジョイクリミールという栄養飲料。
味気ない~
点滴針は今日も抜かずに、明日の手術時に新しい針を入れるはずだった。ところがシャワー前に来た看護婦さん、見事スポンと針を抜く!えーっ!
結局、昼と夜勤の看護婦さんのコミュニケーションブレイクダウン。
今日、オペでも使える針に代えて、明日まで使用するとのことだった。手術用の点滴針は太い針なのだそうだ。
まぁ、久々のシャワーでさっぱりしたし、いいか。
12時30分、今日は昼夜食事無し。
モビプレップという下剤が来る。時間をかけて1.5~2ミリリットルを飲む。
かなり不味いとの説明だったが、意外にいける。リンゴジュースに近いかも。
看護婦さん「えーっ!ほんとですか?」、俺「飲んでみます?」、看護婦さん「い、いや、いいです。。。」。

下剤、なかなか効かない。が、1.5ミリリットルあたりで効いてきた。あと数回出れば腸がきれいになる。が、そのあとがダメだ。2リットル飲んだが打ち止めっぽい。
16時過ぎ、明日の手術の手順を聞く。
ドキドキしてきた。
背中に局所麻酔、背骨の間から管を体内に入れるそう。硬膜外麻酔というのを管から体内へ入れるらしい。
そして全身麻酔をするそう。
あと手術後が動けないので、尿道にも管。
もう、ビビる一方である。
でもまだ実感が無いのだ。

4番目の点滴、落ちるの鈍い。
これは、初めての男の看護師が代えたのだか、やはり看護師ではなく看護婦さんだな。

8月27日、6時半起床。
テレビは高畑淳子の謝罪会見ばかり。
10時過ぎ、回診。
右足の付け根から採血。初めての体験。
これが意外と痛い(>o<")

五万円の預り金を入院窓口へ。
戻ると、突然だが個室への移動とのこと。
手術前後はこちららしい。
最初に入った部屋の2つ隣だ。
個室の方が、もちろん気楽ではある。
ここは差額無しだし。

暇だ。
あんまり暇なので遺書でも書こうかと思ったくらいだ。
24時間テレビやってるな。感動もののオンパレードたが、どうも胡散臭さが嫌だ。
アド街で赤羽特集見る。昭和の飲み屋。行きてぇ。
手術したら呑めるんだろうか?
呑めなくなったら生きてく自信無いなぁ。

ちなみに、本当はこの日は若山さんとのDUOライブだった。
残念無念。

8月28日
、6時30分起床。
昨夜は三冊目の文庫本読了。午前中、暇でテレビ。
そういえば病院のベッドってリクライニングできたよな、と思いだし、上げ下げのハンドル発見。ベッドの上部を立ててみる。
昼食はカレイのピカタ。
不味くはないのだが、そろそろ肉もの、油もの、固いものが食べたくなってきた。
差し入れの梅干、2つ食べる。やはりお粥には梅干だ!

久々にちびまる子ちゃんとサザエさん見る。

8月29日、6時起床。
いつものように、歯磨き、顔洗い、トイレ。
外出願いを看護婦さんへ渡す。
嗚呼、午後から大型台風か(-_-;)

本日の午前中回診の先生、髪の毛が長めでボサボサ。
ギターマガジンをベッド脇に置いて様子見る。「あれ?ギター弾くんてすか?」ちょいと食いついた(笑)
ゲイリームーア好きだって。「また、弾けるようになりますから」と言われて回診終了。

昼食後、ギリギリて点滴1本終わる。一旦止めてもらう。嫁が迎えに来て一時帰宅。
病院裏にあるBOOK・OFF行くが目的無いので何を買うか決まらず。星新一のショートショートを二冊買う。星新一なんて、買うの35年ぶりくらいだ。
自宅戻る。ビジネスバッグ、靴などを持って帰る。以前買ってあった「ザ・ブルース・ブック」をバッグに詰める。梅干も売るほど詰める。水のペットボトルも3本。
こっそり冷凍室のアイス食べる(笑)
珍しく娘が二人とも在宅。ちと馬鹿話など。
17時30分、時間なので再度収容所へ。
あああ、また戻ってきた。あああ。
すぐに夕飯。やった!回鍋肉!あれ、鶏肉だ(涙)
梅干、やけ食いしてやる。まあ、ほんの少し油が浮いていたので、ちと喜んだのだが。

8月25日
午前中に胃カメラとのことで、朝食は抜き。
昨夜は久々の三分粥の食事だったので、点滴は繋がっていない。
このまま逃げたい気分。
どっかタバコ吸いに行きたいな。

9時30分、胃カメラに呼ばれる。
ドキドキ。
ゼリー状の麻酔を口にふくんで約三分。
左を下にして横になる。
昨日の内視鏡と同じ姿勢。
マウスピースみたいなのくわえる。
ヨダレは全部外に流して下さいとのこと。
呼吸は鼻で吸って口で吐く。
あ、おれ鼻から上手く吸えない(涙)
カメラの先端が喉を通る瞬間!
きた!
お、おえっ!
う~!
そこを越えると、とりあえず大丈夫。
内視鏡より楽かも。
10分程度か?
何とか終了。
涙目。
まあ、想像よりは楽だったかな。
結果、とても綺麗な胃です。とのこと。
胃は強いんです。
と、言ってみる(笑)

相部屋の人、退院。今夜は個室扱いだな(笑)

8月26日。朝7時過ぎに採血。
朝食、はんぺんの卵とじ。意外にいける。
主治医、回診。
飲み物は酒以外なら何でも飲んで良いとのこと。(/o\)
文庫本2冊目読了。
10時過ぎ、シャワーする。
左手は点滴のためビニール巻きなので、洗いにくい。
7時過ぎに採血。
朝食、はんぺんの卵とじ。
意外にいける。
主治医、回診。
飲み物は酒以外なら何でも飲んで良いとのこと。
(/o\)
文庫本2冊目読了。10時過ぎ、シャワーする。
左手は点滴のためビニール巻きなので、洗いにくい。

午後、看護婦さんが手術前日、当日の説明に。
シャワーするので点滴外してあったのを忘れてたらしい。点滴、繋ぐ。
先程の手術前の説明で「髭を剃る」とあったので、せっかく髭5日目だが泣く泣く電気髭反りで。

22時前に部屋の電気消される。
だが、まだ隣のベッドは入ってないのでベッドのライト点けて読書。
点滴も昼間に栄養分を入れるだけで、夜は無いので楽だ。
暇なときは、腹筋やらヒンズースクワットやって、体力不足にならないようにする。
なんか、至って普通の健常者のようなんだが。
ん~(-_-;)

Page 1 of 3123