2017年1月の投稿

何とも身もふたもないタイトルであります。
昨年の入院~手術で、めっきり酒が弱くなったような気もします。
いや、加齢によるものもあるかもしれません。
呑まなきゃやってられるかいっ!てなことも多々あるわけですが、
呑んで撃沈、ということも増えてきたここ最近の私です・・・。

ということで、1月28日のひとこまを紹介させて頂きます。



この日は毎年恒例の「天才」田村光太郎さんの墓参りツアーでありました。
早いもので50前の若さで早逝して10年以上経ちますが、光太郎さんのA高校時代のご学友の皆様が中心でございます。
ということで、一部の皆様は軽くモザイクなど入れてみました・・・



こちらは植村さんのFACEBOOKから盗んできた写真。
私も今年の5月には58才になりますが、この場では若造でありまして、毎回トップバッターとして唄わされるわけで、まさに体育会系の臭いがプンプンする中野BRIGHTBROWNであります。
ブライトと言えば、いつもの私は「イトーハイ」(烏龍茶のとても少ないウーロンハイ)を呑むのですが、退院後はビッグ・ママ・ミキちゃんのお達しでちょっと濃いウーロンハイしか作ってくれません(涙)
しかし!これが逆効果でガンガン呑んでしまうではありませんか!(笑)



と、人のせいにしてはいけません。

ステージではなかなかにレアなセッションも繰り広げられております。


昼の14時から始まったこの宴会?も夜のライブ営業があるので16時半撤収。
で、すんなり撤収するわけはありません。
スムーズな足取りで、皆さんは二次会の香港亭へ突入です。
ここでケチ、いや節約家で有名な某A妻さんの「餃子以外は頼むんじゃない!」との号令が。
ここの餃子は安くて有名です。
しかし、食わずに呑むと悪酔いします。
昔から「大人はワイン二本まで」という諺もありますが、ここは「大人は紹興酒二本まで!」と心の底から叫びたい。
っつうか、呑まなきゃ良いだけなんですが(-_-;)

実は私、この夜はライブでありました。
学習能力が欠如している私としては、この楽しい宴をノンアルコールで過ごせるわけがありません。
会場リハが18時30分からと聞いていましたが、その時間までは間違いなく呑んでいたような気がします。

で、私は中央線で荻窪へ向かうわけですが、あまり覚えておりません。




荻窪チャーリーズスポットであります。
佐藤浩人と兄貴のピンチヒッター沢野そうし。
R-50 Small Blues Project 別テイクです。
写真を見る限り普通です。座っているからでしょうか。
Photo by Fujlyama



しかし、よく見ると態度がでかいです。
演奏内容はご想像にお任せしますが、夏休み前の中学二年生同等程度であります。
ギターはなかなかにスリリングな演奏でした。
ソロに入った瞬間、指が全くついてこないのですが「これはテンポが速すぎるんや!」と思った自分に酔っぱらいの真髄を見たような気がします。

Photo by Fujlyama



ということで、全く反省文になっていない今日この頃であります。
が、当日のお客様、マスター、共演のお二人には深くお詫び申し上げます。
ごめんなさい!

「反省文 その参」は、一年半後くらいに更新させて頂くような気もしますが、そのときに当たった方には前もってお詫び申し上げます。

申し訳ございません~!

先日FACEBOOKを見ていたら、ある友人が “Blues Beatles” なるバンドのyoutubeをシェアしていた。
帰ってPCで見たのだが、これが笑った。
曲は Ticket To Rideなのだが、すっかりブルースのシャッフルに仕上がっている。
ドラムもスネアはシャッフルビートだ!

ところで、ビートルズ・・・・・
実はあまり興味がない。
なんだかんだで耳にすることはあるので、有名な曲はある程度わかる。
(タイトルまでは怪しい)
ビートルズが解散したのが、私が小学校5年生か6年生くらい。
年上の兄弟がいない私としてはリアルタイムで聴くことは殆どなし。
小学校卒業から中学生あたりで、フォーク~ブルースロック~ブルース、という音楽履歴なのでビートルズは全く通らなかったのである。
実はストーンズもちゃんと聴いたのは二十歳くらいからかもしれない。
だから、十代の時に持っていたビートルズとストーンズのレコードは、While my guitar gently weeps (クラプトンのソロが聴きたかった)とGimmie shelter(幻の来日記念盤!)のシングル2枚のみ。

ビートルズ・フリークの方はたくさんいらっしゃると思うので、今までは「あまり好きではないです」というと脅迫状でも届きそうなので「あまり興味がないんです」というところに発言は留めておいた。
いや、確かにビートルズは凄いと思うんですよ。
ただ、趣味の問題。
ブルースなんて面白くないと思ってる人だってたくさんいるでしょ?

で、こんな愚痴を書くのが目的じゃなかった。
最初に戻って “Blues Beatles “。
ホームページは英語じゃないな。

http://www.bluesbeatles.com.br/

ん?ブラジルか?
そういえば、ブラジルのブルース熱は相当なものだという話を最近聞いたな。
最初に書いたけど、ドラマーはちゃんと左手でシャッフル叩いてるし、ほかのメンバーもそれなりにブルースが好きそうな音作り。
もろにエディ・テイラーのフレーズが出てきて思わずニヤリとしてしまう場面も。
まぁ、取りあえず聴いてみてください。

日本でもビートルズ・トリビュートのバンドは、ライブハウスでもそこそこ集客が良いらしい。
狙ってみるか(笑)



Ticket to Ride
出だしのギターで思わず笑った。
わはは、ブルースだわ!



Help
Eddie Taylor になってます(笑)



Yesterday
ぎゃはははは!
これが笑わずにいれますか!
もう原曲が思い浮かばん(笑)


新年あけましておめでとうございます!
もう最近はすっかり年賀状も書かなくなってしまいました・・・
家族共有で使用していたPCが数年前に逝ってしまい、入れていた年賀状ソフトとデータが一緒に吹っ飛んでから、送ってくれた方には手書きで返信するのみで、すっかり自堕落状態。
この場を借りてお詫び申し上げます。

昨年最後のブログは、ごく私的な長編闘病日記を披露してしまいましたが、本年は相変わらずのバカ日記を書こうと思っております。
基本的にシリアスネタは書きません。
面白おかしいネタを書いた方がみんな幸せです。
というか、音楽と呑みとプロレスくらいしかネタはありませんが・・・・・

新年早々、昨年の入院・手術騒ぎも何のその、呑んでます。
もう今年58歳ですよ。
残りの人生楽しく行かなきゃ、です。



1月2日

久々の阿佐ヶ谷BARRELHOUSEの新年会。
別名「男・小安田憲司の新年会」(笑)




1月4日

恒例、新日本プロレスの「1.4東京ドーム」大会。
いつも取り仕切ってくれるKOTEZちゃん、ありがとう!
メインのオカダ・カズチカVSケニー・オメガ、45分超えの大熱戦!

ちなみにオメガ選手は5年半前にお会いしてましたっ!
2011年9月24日の日記




そして恒例、ドーム前での記念撮影。

数名、集合写真に写っておりません。
ごめんなさい。。。
写真はもちろん「集合写真の大家」Fujiyama先生(笑)




同じく1月4日の打ち上げ会は、飯田橋の元気美佐恵さんのお店「ねばーぎぶあっぷ」。
試合が押しに押したので、宴会スタートが22時。
短期飲食決戦!

右のガラスに写り込んだ菅波ひろみの心霊写真風情が、ちと怖い。




1月6日
高円寺JIROKICHIにて、W.C.カラス & WOOD CUTTERS 観戦。
WCカラス、井上JUJU博之、江口弘史、岡地曙裕。
出演者4名中3名が1.4でプロレス観戦仲間(笑)
唯一不参加だったSAXのJUJUさんも、実は大のプロレスファン!
来年は間違いなく全員参加でしょう。



そして本年初ライブは”R-50 SMALL BLUES PROJECT”。
1月28日(土曜)open:19:00 / start:19:30
荻窪 Charlie’s Spot

M.C.¥500 +投げ銭+Drink (つまみ持込OK)

今回は私と佐藤浩人、そして出張で不在のNICK澤野に代わり弟の沢野そうし!
対バンには初めての Kyu-Blues & Friendsさんです。

まだまだ体力が本調子ではありませんが、頑張って今年1年呑みます!
ということで、ヨロシクお願い申し上げます。

追記
あっ!年一の恒例ニューオリンズショー”DEW DROPPERS”は、3月11日に荻窪ルースター本店ですよ!!
今回はスペシャルゲスト登場ですので、お楽しみに~!!