カテゴリー「Sloppy drunk (酒の項)」への投稿

どうも最近一本調子のブログ。
まあ、平日は仕事してて、夜は呑んでて、土日は寝て暮らす。
この廃人28号のような自堕落生活では、新しいネタもないってもんだ。

で、金曜の夜は、もう「呑み」の醜態、いや集大成だったりするわけだな。

もう20年近く前の話。
我が社(というか、我が部署)はお客さんに提供するためのシステムしか導入してなかった。
そこで、自社のための業務を第1に考えたシステムを導入することとなった。
で、首都圏の各営業所からそのプロジェクトメンバーが集められた。
私は、東京都下の営業所のメンバーとして参加した。
今では同業他社の本部長として活躍されてる当時都内の営業所にいたUさん、そしてメーカー側の営業担当でいまや名古屋の部長となったKさん、ソフト会社のSEであったSさん(彼も転職して某社のナンバー2である)。
この4名で半年に一度集まる呑み会がある。
それが金曜にセットされたのである。
昔話に花が咲き、近況などを話し合う楽しい集いである。
みんな、会社は違うけど、縁ってものは大事にするべきだねえ。

神田南口で解散。
するとね・・・・・NG’sの tom斉藤氏、「北千住の泣きギタリスト」MARUちゃんが近所で呑んでたわけね。

TORIWAKA どぅえす
当然、合流どぅえす。

当然、行きつけの「鳥和可」どぅえす。

この日は、店でライブがあると言ってたんだが。

Boogie Downhomers
BOOGIE DOWNHOMERS というバンド。

ギターの方は先日この店であった方だ。

今日は来れないと思っていたが、バンドのHPはチェックしていた私。

ベースレスで、Early Chicago の選曲ね。よしっ!!

MARU、飛び入り
楽しいライブも終わり、っつうか店に入ったのはもう第2部の途中。
何やらセッションタイム。

しかし、この狭い店、オールスタンディングながら満員の盛況ぶり。
羨ましい・・・・。

と。。。。
MARUちゃん弾いてます。

負けじと
で、私もね。。。。

Everyday I have the Blues.
Sweet home Chicago.

今日は「通りがかリのシンガー」でした。

でも、カラオケ熱唱の中年サラリーマンにしか見えないのが悲しい。

フランク堺氏
終演後、はもにかのフランク堺さん(フランク永井ではない)とお話ししたのだが、Swinging Boppers のジャーマネ湯川さんと、G習院大学のご学友だそうで、やはりこの業界狭すぎるわ。。。

でね、バンドの名刺を渡すと
「おおっ!NG’s!!ホームページ見てますよ!!」。
やはりネットの力は強大だわい!

また、お会いしましょうね!

メインエベント
そして、これがなきゃ皆さん納得しないでしょう。

若山光一郎・オン・ステージ!

やっぱ格を見せつけられちゃうわ。
ふだんの、営業時間中に軽く流して弾くのとは違い、やはりお客さんを意識した演奏は気合いが入ってました。

ちょっと洒落っ気のある曲も、あっという間にニューオリンズになってしまうという・・・・。

また、来週も通ってしまいそうな、わ・た・し。。。。。
(今回の写真は、tom斉藤氏提供です)

さてさて、前口上は終わって・・・・・。
本日、行ってきました、怪しい焼き鳥の店。

神田、と言うより新日本橋駅の裏手の通り。

「鳥和可」である。

強引に業務終了して19時ころ到着。

お店は静か・・・・・。

生ビールを注文しつつ、マスターに声をかける。

そう!

このお店の店主は、あの一世を風靡した「ウシャコダ」のピアニスト、若山光一郎さんである。

ウシャコダ・・・・何はともあれ、マディ・ウォーターズ日本公演のオープニングアクトを務めたバンド、というだけで思わず「参りましたっ!」と言うしかない。

で、私とはほぼ初対面(たぶん)であるものの、業界の狭さからすぐに話題は身近な話。

若山店主
なんつっても、カウンターにエレピがおいてあって、暇になるとすぐ弾いちゃうのがすごい。

ばしばしとニューオリンズピアノ!

ギターもあるよ!


I know・・・恥ずかしながら、昔のレパートリー、バーバラ・ジョージの “I Know” を歌う。
更に、アラン・トゥーサンのインストものまで。

昔話に花が咲き乱れ!

フランスからのお客様
途中、すぐ近くのホテルに泊まってるフランス人がやって来る(写真 右)。

凄いことに、日本語どころか英語もわからないという・・・・・

悪戦苦闘の身振り手振り。

三越で出店中らしいが、とりあえず私と同じ年齢というのがわっかって握手。


常連H川氏カウンターに座った「H山さん」。
常連らしいが、いいおっさん。
え!オレより若いらしい・・。
髪の毛の量で判断しちゃいけません。

いい声で、Georgia on my mind” などを歌う。
っていうか、もう歌声喫茶の様相。

ちなみに民謡出身で、最近は沖縄の歌に涙する毎日とか・・・・・。

水曜だし、軽く一時間程度で・・・と思った私がアホです。
最後は若山さんと携帯情報の交換をして出ました。

ちょっと危険・・・・。

通いそう・・・・・。

ちなみに1964年から続く「家業」だそう。

が・・・・ライブハウス「鳥和可」になるのも、遠くないような気がしますが。

さて、次回はいつ行くかな。。。。。。。。

ふふふ・・・・・若山さん、バンドやりませんか?
ふふふ・・・・・


関連ランキング:焼き鳥 | 新日本橋駅三越前駅神田駅


5
10月

神田も捨てたもんじゃないな

   Posted by: Masazumi Ito   in Sloppy drunk (酒の項)

夕方のこと、下の娘からメールが。
「たいへん、たいへん!!JCOMが見れなくなっちゃったぁ!!!早く帰ってきて、機械付けてよ~!!」

うちはケーブルテレビに入っているのだが、この会社が9月でアナログ放送を早々と終了させてデジタル移行を行った。
で、デジタル用のチューナーを無償で送ってきてくれていたのだが、そのままにしていたのである。
日曜に「あれ?テレビ見れてるじゃん!9月いっぱいでアナログ終了じゃなかったっけ?」という会話をしたばかり。
どうやら、数日遅れでアナログ撤廃となったもよう。

まあ私はテレビをほとんど見ないのだが、朝から晩まで「ディズニーチャンネル」を見まくっている娘は死活問題。
ほんっとに!いっつも見てる。
どうも、アメリカのドラマが大好きなようだ。。。。。。。

仕方なく本日帰宅してからデジタルチューナー取り付け。
本当はこんな事件が無ければ、神田でちょっと軽く一杯、なんて目論んでいたのだが・・・・・。

東京に戻って約一か月。
相変わらず仕事は慣れない。
まあ、そりゃそうだ。
同じ会社でも、25年以上のノウハウは全く関係ない部署なんだから。。。。。
でも、神田は呑み屋には事欠かない。
いちおう、毎週1回は繰り出す。

通勤の行き帰りにはライブハウスらしき店やら、ジャズバーのような店なども発見済み。

で、本日の午後のこと、顧客からの帰社途中にちょっと回り道をして発見したのがここだ!


焼き鳥屋?・・・・・・・・・・・。

なんてカンバンでしょ!



おお!焼いとるわ!食っとるわ!!・・・・・・・・・・・・・・・・。

こ、こりゃ凄い!

ただの焼き鳥屋ではないな!!

どうやら、この店は「ある方」がやっている店らしい。

今週中にリサーチして参ります。

乞うご期待!!!

ここ数日、やtっと朝夕の気温も下がってきた、
あの酷暑のままだったら、お彼岸がすっかりお盆と勘違いするほどだ。

10月2日(土曜)のライブを前にして、NG’sのリハである。

hoppy
定番、リハ前事前ミーティングは、代々木の「紅とん」。
本日の参加者は私と大江&吉田のリズム隊である。

ホッピーをラッパ飲みしても酔いませんよ。。。。

ちなみに、ホッピーTシャツも撮ってほしかった。

yoshida $ ito
この日は久々の EPIPHONE RIVIERA。

Gibson 57 Classics搭載の78年頃の日本製。

前回の大江隊員に続き、今回は吉田隊員が寝ながらドラムを叩くという離れ業を披露。

ota $ saito
次回のライブ、久々の太田隊員のボーカルで “Statesboro Blues” が聞けるでしょうか!?

ooe $ kudo
こらこら、あんたたち何しに来たあるね?

チーズせんべい
で、ところ変わって、ここはいつもの「つちや」である。

新メニュー「チーズせんべい」をご披露する?吉田隊員。

中落と〆サバは・・・・・もちろん食べました。

ゴーヤかき揚げ
「ゴーやのかき揚げ」。

赤いのは紅ショウガ。

いやいや、アイデアが凄いね!

good-night  Mr. Yoshida.
眠さに負けた吉田隊員、本日の離脱者第1号。

「え~、もう帰っちゃうのぉ~?」
ナンちゃん & つちやの社長、登場!

社長!ごち!!
なんと、社長から日本酒の一升瓶がプレゼント!

もう・・・・・「つちや」、サイコー!!!

日本酒
ナンちゃん、日本酒の注ぎ方も上手ね。

なみなみと、なみなみと。。。。。

社長!ありがとう!!
辛口の旨いお酒でした。

店員の域を超えております。。。
すっかり卓に陣取るものの、呑むのはスタバのコーヒー。
ナンちゃん、仕事しないと怒られちゃうよ・・・・。

と、向こうの方から社長の声が
「お~い、ナンちゃん!座ってていいよ~」

おそらく、社長も競馬新聞とにらめっこなんだろう。

アットホームな、このお店。

やっぱり「つちや」は一番やね!

(これは、やはり「つちや」のホームページではなかろうか?)

会社の策略に引っ掛かり、東京に戻って来た伊藤でございます。
確かに5時起き、通勤片道2時間半を思えば楽になったと言えるでしょう。
しかし・・・この裏にはいろいろとありまして・・・・。
そして、またここに来てゼロからのスタートと言うのは、なかなかにハード。
ま・・・・それはそれで・・・・・何とかなるでしょ。

で、9月2日の夜は、本牧最後の夜。
梱包会社のSさんに御馳走していただく。
石川町の焼肉屋で、気づくと23時。
ホッピーの威力、恐ろしや。

電車乗り越し、気づくと巣鴨。
中央線が人身事故で遅れていたので、何とか武蔵境まで辿りつきタクシーにて帰宅。

9月3日は、5時起きで最後の本牧かもめ町。
2時間ほどで残務処理をこなし、昼前に東京へ向かう。
午後から東京の営業所で・・・・・まったく仕事がわからない・・・・・。

定時の18時、皆が残業に入る中、いてもしようがないので「お疲れ様ぁ~!」。
昔からの仲間で、隣のシマのSと呑む。
神田にもあったよ、「紅とん」が。

ミニライブ
この日、神田はちょっとしたお祭りがあったもよう。

ミニライブの後ろに見える、2本の長い棒状のものは?


久々、夜の神田でかい風船のような・・・・な、なんだろ?

この後、またもホッピーがぶ飲み大会で、気づくと山手線一周半の旅。


練馬文化センターさて、土曜の4日は次女のバレエ発表会である。

この会場、今年からビデオ&カメラ撮影厳禁となり、リハに駆けつけビデオを撮る。


来年はスカパラで、リハ終了後、急いで自宅へ帰り、今度はギター担いでまた会場へ。
この日の夜はNG’sのリハと被っちゃったのね。

本番を鑑賞してから、いつもの代々木のスタジオへ。

来年はスカパラだそうだ。


Sleeping bass manリハ1時間遅れで参加。

どうも、リハ開始2時間前から呑んでいる輩が約2名・・・・。
誰とは言わないが・・・・・。

寝ながらベースを弾く、エロッピ大江氏。


撮る人、ナンちゃんはい、「つちや」で全員集合の図。


似合わない・・・・・いつものカメラを忘れ、携帯でつまみを撮影するくどーへいじ氏。

ちと、さびしい。


呑み疲れの図3日間も呑みまくり、お肌が曲がってしまいます。。。。。

さてさて、明日からの伊藤さんの運命やいかに。


先週、真鶴でお盆休みを過ごしている頃、旧友岡地曙裕氏から携帯に不審なメールが。
「27日に高千穂さんの店へ行く企画があるがどう?」

高千穂さん?
岡地の知人か?
オレは「高千穂」って言えば「高千穂明久」しか思い浮かばんわい。

前にも書いたが、子供のころからのプロレスファンである私。
「高千穂明久」とは「ザ・グレート・カブキ」の素顔時代(?)のリングネームである。

で、その呑み会前日に、場所を知らせるメールが

店名は・・・・・「BIG DADDY 酒場 かぶき うぃず ふぁみりぃ」
えっ!!本当に「高千穂さん」とは「高千穂明久さん」だったのだ!!!

kabuki
飯田橋の駅から5分程度の好立地。
うわ~!ホントにカブキさんの店だよ!

今回は岡地さんの友人である、ヨシエちゃんとヤシオちゃんの常連お二人が予約していてくれた。

menu
店に入ると、左のカウンターの中に紛れもないザ・グレート・カブキさんの姿が。
あ、もちろんペイントはしてませんよ。
私も岡地氏もドキドキもの。

メニューも凝ってます。

かぶちゃん煮
これが事前リサーチで美味とされていた煮込み。
ちょっとしたシチュー感覚。
ネギどっさりがたまらない!

ギブアップ焼き
これは「ギブアップ焼き」。
名前の由来は不明。。。。。

とりあえず、4人で音楽系バカ話で大いに盛り上がる。
てきぱきと料理を運ぶのは、カブキさんの娘さんエリちゃん。
とても出来た娘さんだ。

で、酒もだいぶ回って来たころに、カブキさんが我々のテーブルにやって来た。
固まる伊藤&岡地。

ヒールトリオ
じゃぁ~ん!
3人で記念撮影!
もう、もう、涙でちゃうよ!

6人タッグマッチのヒール3人組ってな風情。

37年前の記事を読むカブキさん
実は前夜、グルニエにある段ボールに入ったままの昔のプロレス雑誌を探したのだが、1箱しか見つからず涙・・・・・。
いいのにサインをもらおうかと思って探したのだが・・・。
たまたま、日本プロレス最後のシリーズの頃(1973年)のを3冊チョイスして持参した。

それを、懐かしそうに読むカブキさん。
もちろん、「UNヘビー級チャンピオン・高千穂明久」時代である。


親分、火をどうぞ力道山時代にプロレス入りしたカブキさん。
アメリカでの「カブキ誕生秘話」や、護身用に38口径を持ち歩いていた、とか、ダラスでフリッツ・フォン・エリックに世話になった話、もう貴重な話のオンパレード。

馬場さんのモノマネやら、ちょっと書けない裏話も盛りだくさん。

お、親分、火つけますぜ。。。。。

感動のヘッドロック「トラースキック」は、エリック一家のコーチ役をしていたときに試合中に偶然生まれたそうだ。
コーナーで思わず蹴りあげたキックが相手に見事ヒット。
セコンド役でリングの下にいたケリー・フォン・エリックが思わず
「トラスト・キック!!」と叫んだのだそうだ。
たぶん “thrust kick ! “ では?

写真は感動のヘッドロック!!!

サインもらいました。ミーハーです。サイン貰っちゃいました。
ホント、ミーハーです。

お礼に、持参した雑誌はお店に寄付してきましたので、行った人は読んで懐かしんでね。


カブキさんのサインあんまりカブキさんとの話が楽しく、店内に飾ってある様々な写真やグッズをちゃんと見損なってしまった。。。。

こりゃ、また行かなきゃ。

それにしても、カブキさんと奥様、娘さんの和気あいあいとした本当に「ふぁみりぃ」って感じのお店。
感動です。

紹介してくれた、ヨシエちゃん、ヤシオちゃん、ありがとっ!

また皆で行こうね!!



<おまけ>

あまりに壮絶で、収録したにも関わらずテレビ放映されなかったという、グレート・ムタとの初対決。

ダラス時代の貴重な映像。むかしテレビ東京で放送されていた番組か?
もちろん、マネージャーのゲーリー・ハートもいるぞ。


関連ランキング:ちゃんこ鍋 | 飯田橋駅後楽園駅春日駅


19
7月

Coming back to 代々木

   Posted by: Masazumi Ito   in Sloppy drunk (酒の項), THE NG's (NG'sの項)

NG’sが代々木に帰って来たよ!
と、言っても喜ぶのは某「つちや」の社長だけかもしれないが・・・。

明るいうちに呑む生ビールは旨い!
しばらく、リハもきちんとやってなかったもんで久しぶりの代々木。
しっかし、暑い。梅雨もあけたし、「暇な人はリハの1時間前に代々木の『紅とん』集合!」
と、声をかける。

悲しいかな全員集まる。
練習には遅れても、呑み屋には集まる。

やっぱり335はいい音するねえ。
きちんとしたリハは本当に久しぶり。

怒涛の新曲9曲!
さ、モノになるのは何曲か?

iPhone買っちゃたのよぉ~
汗をかいたらビールが旨い。

「つちや」のマドンナ、なんちゃん!ひさしぶり!!

hawaian boogie
本日は、エルモアTシャツでございます。

気候に合わせて、Hawaian Boogie。

今度は31日ね!
やはり「つちや」はいいねえ、自分の家に帰って来たみたいだ。

社長、なんちゃん、また今度はさ来週に来るよ!

あ、社長!写真撮ってよ!
「はいはい、いいですよ。お~い、ナンちゃんシャッター押して!!」

Booker Tuchiya & THE NG's
えっ!?

あれ?社長も入るのね。
しかも、真ん中。
リーダーですか?

NG’sブログもヨロシク。