カテゴリー「Sloppy drunk (酒の項)」への投稿

会社の異動先も決まり、久々のブログアップである。
え~、旅立つ先は横浜、の先の本牧、の先のほう。
船で輸出する重量貨物を梱包する倉庫の、監督さんみたいなもんだろうか。
実はよく判っていなかったりする。
IT部門のマネジャーが・・・・・華麗なる転身である。。。。。???

2時間半コース。
休みの前日以外は、飲んだらアウトだな・・・・・。
あ、小安田さん、「関内 STORMY MONDAY」のライブは、金曜にお願いします。

来週の月曜に、本社で辞令をもらってから現地へ行く。
今週は、もう休んじゃうもんね。残務処理は、ほぼ終わったし。
前年度の休みを消化。

入学式
4月7日は長女の高校入学式。

体育館じゃないのね・・・・。
わが母校と比べ・・・・同じ都立高校なのに・・・・。

さすが、区内の学校は違うわい。

入学式には桜
桜はあります。

西大島 平太
勤務先の西大島も、さようならだな。

いろんなお店で食事したが、ここはボリューム満点。
「平太」

ロースかつランチ
ロースかつ。
けっこう極太。

あと、ランチ版のビフテキは140gとのことだが、もっとでかい気がする。

無修正 M田氏 @こん平
こちらは「もつ焼き こん平」。
西大島の締めは、ここね。

営業のM田氏。無修正にて登場。
小指が立ってます。

落日のくどー社長
さて、昨夜はこの男といっしょに。。。
最近、我が旧友石川二三夫氏のハーモニカ教室に通っているとのこと。
この日も、レッスン帰り。中野で合流。
しかし・・・・・・この晴れない表情は・・・・・・。
何を意味するのであろうか。

ああ、ここしばらく飲んでばかりだ・・・・・嫁に怒られる。

イメチェン?
一週間ほど、髭を伸ばしてみた。
無精髭だと、やつれて見えないかなぁ?とか思いつつ。

う~ん、だいぶ白い髭ばかりだ。
ちなみに、眼鏡は伊達です。

「のろ」のマッチ
会社の机を整理していたら、去年閉店した「吉祥寺 のろ」のマッチが出てきた。

なんか・・・いろいろと寂しいもんだ。。。。。

さて、4月になってしまった。
どうも今年は、花見どころじゃなさそうだな・・・・・。

4月1日のエイプリルフール。
業務の引き継ぎに、豊洲の方の営業所へ行っていると。
「北千住のクラプトン」こと、MARUちゃんから電話がかかってきた。
彼も、ここしばらく不遇な会社人生を送っているという話はチラリと聞いていた。
会社の吸収合併等で、給与50%カット(うわ!ウチよりひでえや)やら、相当参っていた模様。
どうも、私の前回のブログを読んで触発されて電話をかけてきたもよう。

で、まあこういう話の場合、予想通りに「それじゃ、飲みに行くか」ということになる。
神田の270円均一居酒屋で。

MARU & TOM
NG’sの tom さんもお呼びした。
「予定があるので、20時半頃までは付き合えますよ」
とのことだったが、解散したのはどう考えても23時は回っていた。

最初はグダグダと会社の話などしていたが、酔うにつれて音楽話に花が咲く、といういつものパターン。
やっぱね、音楽やってて良かったわ。うん。

ちなみにMARUちゃん、禁煙26時間目の一本。

そして、翌4月2日は事務所で「解散会」である。
昼間は片づけなどをしてから、18時から様々な買い出しをしてたっぷり飲む。

最後は華々しく、うまい酒でおしまいっ!!


麦焼酎に梅酒
亀戸餃子
串かつ、串やき
芋焼酎
シャンペン
ピザ
日本酒
M田プレイザギターさて、最後に私のギターを弾く、「営業のM田氏」。

最後なんで、モザイクも極薄で。。。。。

みんな、お疲れ様!
ありがとう!!

金曜日(3月26日)のこと、久々に下北沢で飲んだ。
本当に久しぶりである。
昔、と言っても、もう20年くらい経つのだろうか。
まだ、M井さんがやっていた STOMP は良く飲みにいったものだ。

で、ことの始まりは10日ほど前のこと。
小安田憲司さんと、昨年夏に約20年ぶりに再発見された立松裕之さんの3人で、26日に安酒の会でも開こうという話になったのである。
ところが、立松氏が仕事の関係でNGになってしまい、どうしたもんかと。。。。
う~ん、小安田氏と二人ではいつもの如く、ダラダラ&グダグダのヘベレケというのは目に見えている(ま、これはこれで大変楽しいのだが)。
今回はちょっと趣向を変えて・・・・・・。
以前から我々二人が、その音楽性や文章の素晴らしい才能に感銘を受けていた、せっちゃん、こと柴田摂子さんに合コンのオファーを出してみたのである。
「熟年合コン」。
いや・・・・・・ぜんぜん違うな・・・・・・、ま、「合コン」という響きが良いではないか。
もう、我々一生縁がないイベントである。
この、突然の申し入れに、多忙なせっちゃん、快くOKしていただいた。
ありがとうございました。

そもそも、せっちゃんとの出会いはつい最近のことである。
昨年7月の中野BRIGHTBROWNで行われたセッションに、LEOさんの紹介で出演してもらったのが発端。
かっこよく言えば、同じセットで出演したギタリスト3名の再会っちゅうわけだ。
MILKY MAMA という、おばさん・・・・・もといっ!レディースバンドの中心人物でありまして、私たちと違いちゃんと音楽理論に基づいた多才なミュージシャンでございます。
ミクシィの日記でも、よくこれだけいろいろな内容を、しかも上手く文章にできるもんだわい、と常日頃から思っていたのだが・・・・・・・・・。
最近のこと、ななななななんとっ!これ以外にも2つのブログがあるのを発見!!!!!
1つは完全にミクシィとは別物。
もう1つは、焼き直しということだそうだが、この文才には恐れ入った。
  「柴田摂子の音楽と暮らす日々」
  「シンガー&ギタリスト柴田摂子のここはひとつよしなに!」
興味ある方は、ぜひアクセスしてみてください。

@下北沢
せっちゃんに旨いお店を紹介してもらい、この食べ散らかし方といったら・・・・。

楽しい音楽談義・・・・・・。

まあ、少しはそんな話もしてましたが、基本的にバカ話に大盛り上がり、という状態で。

爆音友の会
「爆音娘」せっちゃん、音のでかさにお客さんが帰ってしまうと嘆く小安田氏、最近初めて335がハウるまでボリュームを上げてウキウキの私。

この3名、近いうちに同じステージで勢ぞろいするかもね。

お楽しみに♪

正月もそろそろ終わりそうな今日この頃。
実は、ちょっと気になっていた不祝儀な話題を・・・・・。

昨年の暮れのこと、一枚の喪中はがきが届いた。
差出人はY山さんという方。
てっきり、嫁のちょっと遠い親戚筋の方かと思い(同姓の方がいたので)、なんとなく文面もよく読んでいなかった。
で、年末ぎりぎりになって年賀状の作成に着手する際、何通か届いた喪中はがきをチェックして気づいた。
Y山さんとは、全く見ず知らずの方だった(ひょっとしたら数回お会いしてるのかもしれないが)。
「生前は義父がお世話になりました・・・云々・・」とあるが、その義父の方の名は「Y北滋孝さん」であった。
夫婦連名なので、ご主人から見て「義父」なのであろう。
ということは、「Y北さん」の娘さんがY山さんの奥様ということだ。

ちょっと「Y」の字が多くて判りづらいと思う。申し訳ない。

「Y北」さん、もう17年ほどお会いしてない。
西荻窪にあった「おふくろ」という小さな居酒屋のオヤジであった。

話せば長くなる。
まだ私が20代のころ、西荻窪に「Tia Juana (ティア・ホアナ)」という、濃いレコード店があった。
実は、この店でジャンプ、ジャイブ、果てはJUJU Music やリンガラまで洗礼を受けたのである。
あっという間に常連になってしまい、大学の授業を途中で抜け出して毎日のように行ったものである。
店主のI田さんは豪快な方で、店内で宴会になってしまうことも多々あり。
20時の閉店時間と共に客で来ていた者と一緒に、夜の街へ繰り出す毎日であった。

いろんな店を教えてもらったが、一番よく行った店が「おふくろ」。
カウンターに5、6人。テーブルがひとつだったか、ふたつだったか(記憶が曖昧)。
ほとんど使われないような4人席の小上がり。
店名とは裏腹に、カウンターの中を仕切るのは、たぶん当時60歳すぎくらいの白髪のオヤジさん、 Y北さんだった。
まだ若かった私は、飲み屋といえば「安くて量が飲める」というノリだったが、この店ですっかりカルチャーショックを受けてしまう。
旨い日本酒と、旨い料理である。
当時はまだ日本酒ブームなんてなかった。
まだ、特級酒・一級酒・二級酒、の時代だ。

そこで、旨い日本酒をさんざん教えてくれた。
旨い刺身、料理も抜群だった。
忘れもしないよ「牡蠣の柚子釜」。


25年前、「おふくろ」の前で
たぶん25年以上前の写真だ。

よくあったもんだ。

もちろん、若いし・・・・・。

全くブルースやソウルからかけ離れた場所だったが、オヤジさんの昔話やうんちく話を聞くのが、とても楽しくてしようがなかった。
いつしかY北さんのことを、「おとうさん」と呼ぶようになり、私にとっての大切な隠れ家的な店となったのである。

西荻窪は南口の「おふくろ」、北口の「眞砂」が旨さでは双璧だったが、いまは共にない。

ここで教えてもらった、庄内の「栄光富士」という酒蔵の酒は、私にとってフェイヴァリット日本酒である。
「栄光富士」の「古酒屋のひとりよがり」など飲むと、あの頃の「おふくろ」の思い出が溢れ出してくる。
マニアックな旨い酒を、全く自慢することもなくさりげなく飲ませてくれる店。
あんな店は、もう巡り合えないだろうな。

Y北さんには、私の結婚パーティー(これも、もう今は亡き、吉祥寺「のろ」だった)に来てもらった。
最年長者なんで、ステージの上で挨拶してもらったなあ。
最後に「おふくろ」へ行ったのは、うちの嫁と岡地夫妻とだったような記憶がある。
奥の小さな小上がりで飲んだ。

体調を崩して、店をやめたという話は聞いた。
不義理なことに、この十数年は年賀状のやりとりだけ。
それも、ここ2,3年は送るだけになってしまい、少々心配していた。

1年半くらい前のこと、西荻窪界隈ではまさに地酒のオーソリティである「三ツ矢酒店」へ栄光富士を求めに行ったときのこと。
たまたま、大旦那さんが応対してくれたので「おふくろ」の話をしたら、「ああ、Y北さんね、まだ元気だよ。たまに来てくれるしね」とのことでホッとした。
また来たら渡してほしいと、名刺を置いていったのだが、果たしてY北さんの手まで渡っただろうか。


今の「おふくろ」
その時、「おふくろ」の店の前まで行ってみた。

なぜか、まだあの時のまま(住居は別だった)。

まさか、もう一度復帰するつもりだった?
そんなことはないと思うけど・・・・・・。


捕鯨禁止になって、鯨が食べれなくなる、というとき
「よし!うちで鯨パーティーやりましょうか」
と言ってくれた。
確か、7,8人集めて店は貸切。
料理代として一人3,000円しか取らなかった。

そして、「伊藤さん!見てくださいよ、この尾の身のきれいなこと!」
調理場のまな板の上、これからさばかれて刺身となる鯨の尾の身を前にして、嬉しそうに包丁を持つおとうさん。
あんな尾の身はこれからも食べれないと思う。

ありがとう、Y北さんのおかげで楽しい酒を飲めるオヤジになったよ。

不況の波はまだまだ続く。
ちょっとは景気は上向き、みたいな新聞記事を読みつつも、それは全く実感なしである。
うちの部署もひどいもんで、とうとう明後日には「本社呼び出し」という、たまらない行事が予定表に書き込まれるという事態に相成った。

周りの友人たちを見ても、似たようなもの。
景気が悪きゃ、下っ端の締め付けは強くなる一方である。
みんなで飲んで、音楽の話(&バカ話)で盛り上がるのが、唯一のストレス解消みたいなものだ。
(いや、「ストレス解消」っていうのは語弊がある、真に好きなことがあるって言うのは良いことだ)
そんな中、遠い西の地で、やはり毎日泣きながら仕事に励む男、マクヴァウティ大和氏久々の登場である。
やって来たのは1月22日の金曜日。
10月以来であろうか、毎月の上京会議も3ヶ月に1度になったそうで、これからは「東西ブルース交流会」の内容(酒量?)は濃くなるものと思われる。
泊まり前提の上京ということで、阿佐ヶ谷登場時間が22時ころ。
私と言えば、終電を気にすれば、まあ2時間強のお付き合いで、というところであるが今までの経緯からして有り得ないというのが常識か。

20時に阿佐ヶ谷の居酒屋で集合するは、当会の小安田憲司氏とtom斉藤氏である。
まあ~、チューハイ飲みながらのギター談義は最高ねっ!
この現実逃避がなんとも気持ち良い今日この頃です。

御馴染みバレルハウスに河岸を変え、マクヴァウティ氏の登場を待つ。
この夜のバレルハウス、たいへんな盛況ぶり。
東京のブルース&ソウルシーンは今が熱いっ!
(実は、たまたま仲間内の新年会があったようですが・・・・・)


まじめな話さて、マクヴァウティ氏登場。

斉藤さんっ!
いい娘、紹介しますよ。

看護婦さんなんですがね。


なにをやってるの?そして、時の経つのは早いもの。
夜中2時前の店内にて、「エアギターの会」。

ははは、東京のミュージシャンはまだまだでんな。

あ、そういえば終電・・・・・・・・。


壊れてきますもう、こんななっちゃいますね。


だいぶ壊れましたもう、こんなに、こんなに、なっちゃいます。。。。。


店主の声は?わっはっは、みんな毎晩これだけ飲みにきてくれればねぇ~。
(店主 矢野間氏の声)

途中から登場した、ロッククライミングOBである某瀬尾氏(数々の武勇伝多数あり)も合流し、タカハシシンイチジャパンさんのお店でトマチューを飲む。

もう、もう・・・・帰宅したら4時で、翌日の家族の視線が・・・・・。


先週の土曜、16日はNG’s本年最初のリハであった。
なんか・・・・・・月に一回会って呑む、オヤジ達の集いみたいになってきたな・・・・・。


さあて、今日のつまみは何にしようかなぁ・・・・・いや、ちゃんと弾いてます。

ちゃんと歌いました。

リハ後の新年会のことばっかり考えている写真ではありません。



ボトル、2本も入れてしまった・・・・・今年も、代々木の「つちや」はだいぶお世話になりそう。

社長もナンちゃんもよろしくね!

今回は「さわり」だけ。
詳細はNG’sのブログでびっちりと!




18
12月

束の間の3人忘年会

   Posted by: Masazumi Ito   in Sloppy drunk (酒の項)

最近、ブログの更新がのろい。
まあ、このところ年間4作ペースの某Kさんのブログほどではないが。。。

忙しいかと言われれば、まあちょっとは、程度か。
どうもノリが悪いというか、なんと言うか・・・・・。

う~ん、これはひょっとして「鬱」ってやつか?
とか言ってみても、笑われるだけだろう。

で、ここは一念発起!とまでは行かないが、先日K高校の同級生と飲んだという、ちとくだらない楽屋落ちで。


紅とん@池袋場所は、池袋の「紅とん」だっ!

初めてです。

東口、東池袋に向かって徒歩5分くらいか。

ちょっと、裏道だ。


S塚&OOE会議のために上京したS塚氏。
もう、すっかりモザイクなしだ。

毎週のように、三宮のライブ・バーでギターを弾きまくっているらしい。
羨ましい男だ。

NG’sのOOE氏は、業務に押し潰されそうになりながらの参加。
今日はアフロではない(当然)。


さびしい・・・景気が悪いので、年の瀬の飲み屋が空いていると言う話は本当だった。

日本橋の「紅とん」は、まず並ばないと入れないのに。。。。。


池袋23時それでも都会のクリスマス前は、きらびやかだ。


@宝くじ売り場前

飲んで、音楽や楽器の話で盛り上がるのは良いことだ。
ま、結局それしか能がないってことだろうが。

いや、あまり「能」はないな。
「好きこそモノの上手なれ」ってとこだ。

正月3日にバカ同窓会を敢行することになった。
最近、ドラマーに転じたとの噂もある tochi さんも登場である。

しっかし・・・・・・今年のボーナスじゃ、年越せるのかな?

3億円、当たりますように・・・・・・・。
宝くじ売り場の前にて、この夜は解散。