単純にプロレス仲間のライブ観戦写真(笑)

左から、小野アイカ・Kotez・岡地曙裕・江口弘史、敬称略!

超満員でした。

当ブログにも度々登場する、往年のスターレスラー、ザ・グレート・カブキさん。
実は、ちょっと前に「今オファーを頂いている試合を最後に、あとは試合を受けない」との話を聞いていました。
そして、先日「東京界隈はあと3試合」との連絡が!
日程等の絡みもあり、10月27日の後楽園ホールへ観戦することになりました。



試合に先立つ2日前に、チケットを頂くのを口実に(笑)、カブキさんの店へ。

このボトルはハモニカのKOTEZっちゃんのですが、本人いませんがグビグビ(笑)

ちゃんと呑んだ分を補充すればOKなのだそうです!
あ、もちろん知らない人はダメよ。



さて、当日です。
「ドラディション」とは藤波辰巳選手、いや藤波辰爾選手が立ち上げた団体。
どうも1980年代までの「辰巳」のほうがしっくりするなぁ。
で、その「ドラディション」とは『ドラゴン』と『トラディション』を組み合わせた団体名なのですね。

私のような昭和プロレスファンとしては、溜飲が下がる当日のマッチメーク。
以下・・・

メインイベント スペシャル6人タッグマッチ 60分1本勝負
 藤波辰爾 ミル・マスカラス 武藤敬司 VS ザ・グレート・カブキ 新崎人生 KAZMA SAKAMOTO
セミファイナル タッグマッチ 45分1本勝負
 藤原喜明 越中詩郎 VS ヒロ斉藤 長井満也
第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負
 大谷晋二郎 高岩竜一 VS AKIRA スペル・デルフィン
第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
 浜亮太 LEONA VS スーパー・タイガー 将軍岡本
第1試合 タッグマッチ 20分1本勝負  
 田村和宏 蓮見隆太 VS 三州ツバ吉 倉島信行

ミ、ミル・マスカラスですよっ!!
私が初めて動くマスカラスを観たのは、1971年の2月だと思います。
そう!初来日のマスカラス。
金曜夜8時からの日本プロレス中継です!(もちろん生中継!)
たぶん、その2年くらい前からプロレス雑誌「ゴング」で毎月活躍が紹介されていて、当時の「まだ見ぬ強豪」ナンバーワンでしたね。
その頃はロスを主戦場にしていたはずですが、ちなみにちょうどアメリカ武者修行中のグレート小鹿さんと抗争してたはずですが、鳴り物入りで帰国した小鹿さんは小悪党でイマイチだった記憶があります(笑)
(上田馬之助さんも、帰国したときはパッとしなかったなぁ~ 汗)



思い出話が長くてすみませんが、マスカラスの2度目の来日、1971年のサマーミステリーシリーズで私は生観戦してます(写真:左上)
今は亡き田園コロシアムでメインはジャイアント馬場VSフリッツ・フォン・エリックのインターナショナル選手権(当初、初来日のザ・シークが登場するはずだったが、ドタキャンで鉄の爪エリック登場!!)。
マスカラスは日本デビュー戦と同じ星野勘太郎選手とセミファイナルの前あたりの試合だったような気がします。
ちなみにちなみに、翌年の夏だったような気がしますが、後楽園ホールでマスカラスとエル・ソリタリオのタッグも生観戦している私です!(写真:左中)

上記チケット写真の説明をしちゃうと、左下は馬場さん猪木さんがいなくなり、坂口征二さんがトップだった時の日本プロレス。
この田園コロシアムでザ・シーク初来日。で、メインで坂口さんとUNタイトル戦も、3分で火吹いてシークが勝っちゃった試合(笑)
右上の写真はそのちょっと前、まだ馬場さんがいました。
場所は地元に近い保谷!会場はスポーツセンターとありますが、野球場かな?野外でした。
ここでマスカラス選手にサインをもらった~!!
で、馬場さんにサイン断られ、そこから完全に猪木派となった私!「ファンは大切にしましょうね」という素晴らしい教訓であります。
右下は日本プロレス最後のシリーズのチケット。もう坂口さんも新日本へ移ってしまいました。
エースは大木金太郎選手。二番手が高千穂明久選手、っつうか今のグレート・カブキさんです!!
なにせ崩壊寸前のシリーズでしたから、日本選手も少ない、ので、大木選手のツテで韓国選手がたくさん出てました。
でも、エリックは凄かったなぁ~(大ファンでした)

すみません、プロレスの話が始まるとついつい長くなってしまいます・・・



入り口には、なんと等身大の藤波選手とマスカラス選手の写真が!

みんな記念撮影してました!




メインにカブキさん登場ですっ!

ちなみに試合後の打ち上げにみんなで参加したのですが、カブキさん曰く「そういえば、今日オレ、マスカラスにさわってないわ」(爆)




マスカラス!最後は飛びましたよ!
コーナーポストからのフライングボディアタックでフィニッシュ!

すごい75歳!!


最後に、初代タイガーマスクの佐山サトルさんも花束持って登場!
昭和プロレスファンにとって、涙ちょちょ切れる一夜でありました。


おまけ

下記のサイトにプロレス観戦ツアーの我々がバッチリ写ってました(笑)
探してみてちょ~!!

【プロレスTODAY 2017年10月28日の記事】





なんと台風がやって来るではありませんか!
嵐を呼ぶ男は誰だっ!!

チャーリーズスポットでのR-50 Small BLUES PROJECT。
この日は初顔合わせのCOLD SWEATさん、ロンサムドッグさんとのジョイントです。
ロンサムドッグさん、最初はカントリーと伺ってましたが「カントリーブルース」やんけ!
が、実はなかなか私の好みではありました。

R-50本隊の2名も観戦にいらっしゃいまして、雨の中とは言え、そこそこライブでありがたい限りです。




全員サングラス。

匿名希望的演奏会(笑)



熱いのでラストで赤いTシャツ一枚に。
これは前日企てた「若山光一郎還暦ライブ」で着るはずだった『岡地還暦Tシャツ』(笑)
そのライブは、本人急な発熱で敢え無く中止(いや延期か?)。
みなさん、寒くなってきたので風邪には気を付けましょうね!

注:この日は「還暦」とは一切関係のないライブでありました。

久々のアラテツである。
新橋ARATETSU UNDERGROUND LOUNGE

宣伝文句は「サラリーマン天国 新橋のDEEPゾーンの地下深くに潜むブルースバーでもない、ソウルバーでもないAMERICAN ROOTS MUSIC 酒場」。

まあ、濃いです(笑)



で、ここでこれも思いっきり濃い男、ROIKIに久々に会いに行った。




今度CD出るそうです。
皆さん、買ってあげてください。
新曲、まだ湯世曲折状態(笑)

が、まっとうなMississippi Deltaスタイルは好きだなぁ!
呑んでどんどんダメになっていくところも大好きだなぁ(笑)



最後は店主アラテツ師も入って記念撮影。

酒癖の悪い男を両脇で誉めてるふり、の図。

みなさん、電気ガスが止められないためにもROIKIを観に行ってあげて下さいねっ。

久々の渋谷テラプレーン。
“セクスィー高村 & R-50 BLUES PROJECT”のライブでありました。
思えば R-50フルバンドでのライブは今年まだ3回目。
お年寄りが増えてきているのでペースが落ちているのでありましょうか。

さて、この日は久々 RADATAPさんとのジョイントでありました。
え~、あまり大きな声では言えませんが、観客動員の思いっきり弱い2バンドの対バン。
ちょっとドキドキものでしたが、この日はヒーローの出現で超満員!
やはりバンド名になっているだけあって、セクスィー高村氏の動員力は凄いっ!(笑)




リハです。

わたし、久々にR-50 Tシャツを着て参りました。

普段はパジャマ替わりですが・・・



本番です。

私以外、衣装が変わっていません。

この歳になると、容姿は関係ないようです。




私は1.300円で買った、サテン生地のキラキラ光沢シャツです。

ちなみに安かったので、パープルも購入済みです(笑)



佳境でゲスト若山光一郎の「ウシャコダDNA」が炸裂しました。

半月後には還暦ですっ!




そして半ば強引にせしめたアンコール(笑)

セクスィー高村、渾身の客席訪問ベースソロ。

媚を売る表情が、とても素敵です。



私も負けじと客席徘徊。

対バンの小町さんと並んで弾く図。
隣でちょっと迷惑そうな顔をしているのは、照れ隠しでしょうか?



RADATAPの皆さんと集合写真。

高村氏は、会社の若者が多数ご来場され、観客動員にたいへん寄与されました!
12月には還暦で、定年退職!
意外にも若者の同僚の皆さんがたくさんご来場。
花束贈呈やら、応援うちわ(表面に「セクスィー」、裏面に「高村」の表記)。
お持ち帰られましたが、あのウチワはいったい家で何に使うのでしょうか?



おまけ
珍しい2ショット。

意外と知られていませんが、若山氏は一瞬ローラーコースターに在籍されていたようです。
人に歴史ありですね~。

そして若山光一郎「還暦ライブ」は10月20日(金)に「鳥和可」で開催されますっ!!!

ここ数日、朝晩めっきり涼しくなりました。
暑がりの私は、まだ上着を着ずにワイシャツで出勤ですが、今朝なんてサラリーマン上着着用率95%ですっかり少数派になってしまいました。
主義主張を捨てて「希Xの党」に走らなかった「リッケンバッカ―民X党」のリベラル派になった気分ですが、まったく意味不明ですみません・・・
政治と宗教の話はいけませんねぇ。

で、今月のライブでございます。
今月は2本。
R-50 BLUES PROJECTとR-50のミニ版。




なんと!明日じゃないですか!
久々の渋谷テラプレーンです。
久々のRADATAPさんとの対バンです。

ヨロシクお願いしますっ!!



そして10月21日の土曜はR-50 Small Blues Project。
荻窪チャーリーズスポットです。
こちらはいつものようにチャージ500円+投げ銭+ドリンクオーダー。
食べ物持ち込みOKです。

今回の対バンはお初のCOLD SWETさんとロンサムドッグさん。

10月21日(土曜)@荻窪 Charlie’s Spot
OPEN 19:00 / START 19:30
M.C.¥500 + 投げ銭 + Drink Order (食べ物持込可)

19:30 ロンサムドッグ
20:20 R-50 SMALL PROJECT
21:10 Cold Sweat

こちらも、ヨロシクで~す!


9月30日はボーイズバラエティ協会主催の「スペシャル寄席」。
浅草東洋館は9年半ぶりに訪れたのでありました!

2008年3月22日のブログ

つ、つうことは、前回来たのは40代(笑)

今回の目的は、学生時代の先輩であるグレート義太夫さんのギター漫談。
そして、おとぼけキャッツのギタリストだったキー坊金太さんの、めおと楽団ジキジキ

他にも多彩な出演者。
基本的に15分1ステージなので、全く飽きが来ない。
というか、物足りなさも少々あったり。

さすが昼の部なのでお客様の入りは少々さびしいものの、ステージは熱い!
見習わなきゃ(笑)

夕方からリハだったので、ギター持参。
邪魔になるよなぁ、と思い軽めのソリッドギターにした。

が・・・・・
入場したら「あ、大きな荷物は預かりますよ!」
な、な、なんだ、嬉しい!
じゃ、ちゃんとセミアコ持って来れば良かった~

浅草は優しいねぇ~!!




アルコール以外は持込OK。
(ビール自販機はあり)

次回はコンビニじゃなくて、違う店で食い物を調達するぞう~!



この日の出演者、一部ですが。

私も終演後、速攻でリハスタジオへ行かねばならなかったので、義太夫先輩とは残念ながらお会いできず。
良く考えたら、35年以上会ってないかも(笑)

次回は余裕をもって観に行きます。



浅草東洋館は、元々は「浅草フランス座」が前身。

まあ、すごい歴史です!!



おまけ!

こんなポスターも。

いや、ちょっと食指が(笑)