9月1日、6時起床。
さて運命の日。先生も看護婦さんも「患者さんみんな、手術は緊張するのだから頑張って」と言ってくれる。
もちろん食事は無し。経口補水液「オーエスワン」なる500ミリリットルの飲み物2本支給される。一本半は必ず飲んでとのこと。
ちょっと飲みにくいと思うけど、と言われるが昨日の下剤同様に普通に頂けた。ポカリスウェットみたいな感じだ。
トイレ行く。だいぶ腸もきれいになってきたか。腹筋、スクワット、30回ずつ。いったい俺は何してるんだ?
談話室の横にある体重計に乗ってみる。
68キロ代まで落ちてた体重、入院してからもこれ以上落ちなかったが、今朝は何と70キロ。昨日から何も食べてないのに。水分たくさんとってるのでそれか?
看護婦さんに脈拍遅いと言われる。40くらいらしい。先生も来る。急遽心電図。なんか余計にドキドキ。
緊急で心エコー。
お、おれ大丈夫か?
検査結果、手術ゴーサイン出る。

予定より早い13時より手術開始。付添いのはずの嫁、間に合わず。。。
18時手術終了。
手術は最初背骨と背骨の間に麻酔を打ち管を入れる。これが痛いと言われたが問題なし。
助手の看護婦さんたちがフレンドリーで和む。リラックスのためのCD がかけられるとのことでケニさんのを持ってきたが、要らなかったかも(笑)
そして全身麻酔であっという間に落ちた。

手術後がきつい。
怖ろしい寒気、電気毛布もらう。
麻酔の影響か意識も朦朧気味。
傷口が痛い。鼻から酸素が入れられてるがその器具が不快感だ。
夜中、動悸が。汗も。氷枕してもらう。
寝返りも打てない。
ううう(;゜゜)

翌日気づくと、尿道カテーテル、左の腹からドレーン、背中には局部麻酔の管がまだ入っているもよう。
やはり異物が身体に入っていることが拒否反応を示しているのか?
昨日までの元気はこれっぽっちも残っていない。

ここから辛い毎日が始まるのでありました・・・・。

8月30日、未曾有の台風10号接近中。
昼食は煮込みハンバーグ。やはり鶏肉の疑惑が。
大根帆立て貝サラダというのが死ぬほど不味い。大好物なのに、この味付けはなんだ!
今週は点滴2つで夜は無しだったが、今日は3つらしい。で、夜は外して貰えるそう。
入院当初は暇で暇でしようかなかったが、最近は意外と時間の経過が早く感じる。
台風情報などをテレビで見ながら、もう夕飯。鮭の塩焼きだ。
よく考えたら病院食の魚は一本も小骨が無い。けっこう手間がかかってるな。

左手の点滴針は23日に刺して一週間目。実は普通は3日くらいで違う場所に打ち直すらしい。が、問題なく機能してたのでついつい1週間。
明日、変えましょうという話になるも、明後日手術でまた打ち直しになるので、明日もそのままということになる。
夜、見舞いに来た嫁と次女、その話聞いてうける。
とりあえず今夜も点滴無し。
入院9日目だが、なんか特に体に不調もないし、物足りないながらも3食食べ、テレビ見たり。
あれ?俺いったいなにしてるんだろ?と思ってしまう。
明日は手術前日なので、いろいろ準備がある。
だらっとしてる場合じゃないよな。

8月31日。
6時、点滴のため起こされる。
今日は点滴4本。1本あたり4時間として6時から始めないと消灯までに終わらないのだ。
8時過ぎ、朝食。
今日は流動食だ。重湯200グラム、具のない味噌汁、塩(笑)、牛乳、いつものエンジョイクリミールという栄養飲料。
味気ない~
点滴針は今日も抜かずに、明日の手術時に新しい針を入れるはずだった。ところがシャワー前に来た看護婦さん、見事スポンと針を抜く!えーっ!
結局、昼と夜勤の看護婦さんのコミュニケーションブレイクダウン。
今日、オペでも使える針に代えて、明日まで使用するとのことだった。手術用の点滴針は太い針なのだそうだ。
まぁ、久々のシャワーでさっぱりしたし、いいか。
12時30分、今日は昼夜食事無し。
モビプレップという下剤が来る。時間をかけて1.5~2ミリリットルを飲む。
かなり不味いとの説明だったが、意外にいける。リンゴジュースに近いかも。
看護婦さん「えーっ!ほんとですか?」、俺「飲んでみます?」、看護婦さん「い、いや、いいです。。。」。

下剤、なかなか効かない。が、1.5ミリリットルあたりで効いてきた。あと数回出れば腸がきれいになる。が、そのあとがダメだ。2リットル飲んだが打ち止めっぽい。
16時過ぎ、明日の手術の手順を聞く。
ドキドキしてきた。
背中に局所麻酔、背骨の間から管を体内に入れるそう。硬膜外麻酔というのを管から体内へ入れるらしい。
そして全身麻酔をするそう。
あと手術後が動けないので、尿道にも管。
もう、ビビる一方である。
でもまだ実感が無いのだ。

4番目の点滴、落ちるの鈍い。
これは、初めての男の看護師が代えたのだか、やはり看護師ではなく看護婦さんだな。

8月27日、6時半起床。
テレビは高畑淳子の謝罪会見ばかり。
10時過ぎ、回診。
右足の付け根から採血。初めての体験。
これが意外と痛い(>o<")

五万円の預り金を入院窓口へ。
戻ると、突然だが個室への移動とのこと。
手術前後はこちららしい。
最初に入った部屋の2つ隣だ。
個室の方が、もちろん気楽ではある。
ここは差額無しだし。

暇だ。
あんまり暇なので遺書でも書こうかと思ったくらいだ。
24時間テレビやってるな。感動もののオンパレードたが、どうも胡散臭さが嫌だ。
アド街で赤羽特集見る。昭和の飲み屋。行きてぇ。
手術したら呑めるんだろうか?
呑めなくなったら生きてく自信無いなぁ。

ちなみに、本当はこの日は若山さんとのDUOライブだった。
残念無念。

8月28日
、6時30分起床。
昨夜は三冊目の文庫本読了。午前中、暇でテレビ。
そういえば病院のベッドってリクライニングできたよな、と思いだし、上げ下げのハンドル発見。ベッドの上部を立ててみる。
昼食はカレイのピカタ。
不味くはないのだが、そろそろ肉もの、油もの、固いものが食べたくなってきた。
差し入れの梅干、2つ食べる。やはりお粥には梅干だ!

久々にちびまる子ちゃんとサザエさん見る。

8月29日、6時起床。
いつものように、歯磨き、顔洗い、トイレ。
外出願いを看護婦さんへ渡す。
嗚呼、午後から大型台風か(-_-;)

本日の午前中回診の先生、髪の毛が長めでボサボサ。
ギターマガジンをベッド脇に置いて様子見る。「あれ?ギター弾くんてすか?」ちょいと食いついた(笑)
ゲイリームーア好きだって。「また、弾けるようになりますから」と言われて回診終了。

昼食後、ギリギリて点滴1本終わる。一旦止めてもらう。嫁が迎えに来て一時帰宅。
病院裏にあるBOOK・OFF行くが目的無いので何を買うか決まらず。星新一のショートショートを二冊買う。星新一なんて、買うの35年ぶりくらいだ。
自宅戻る。ビジネスバッグ、靴などを持って帰る。以前買ってあった「ザ・ブルース・ブック」をバッグに詰める。梅干も売るほど詰める。水のペットボトルも3本。
こっそり冷凍室のアイス食べる(笑)
珍しく娘が二人とも在宅。ちと馬鹿話など。
17時30分、時間なので再度収容所へ。
あああ、また戻ってきた。あああ。
すぐに夕飯。やった!回鍋肉!あれ、鶏肉だ(涙)
梅干、やけ食いしてやる。まあ、ほんの少し油が浮いていたので、ちと喜んだのだが。

8月25日
午前中に胃カメラとのことで、朝食は抜き。
昨夜は久々の三分粥の食事だったので、点滴は繋がっていない。
このまま逃げたい気分。
どっかタバコ吸いに行きたいな。

9時30分、胃カメラに呼ばれる。
ドキドキ。
ゼリー状の麻酔を口にふくんで約三分。
左を下にして横になる。
昨日の内視鏡と同じ姿勢。
マウスピースみたいなのくわえる。
ヨダレは全部外に流して下さいとのこと。
呼吸は鼻で吸って口で吐く。
あ、おれ鼻から上手く吸えない(涙)
カメラの先端が喉を通る瞬間!
きた!
お、おえっ!
う~!
そこを越えると、とりあえず大丈夫。
内視鏡より楽かも。
10分程度か?
何とか終了。
涙目。
まあ、想像よりは楽だったかな。
結果、とても綺麗な胃です。とのこと。
胃は強いんです。
と、言ってみる(笑)

相部屋の人、退院。今夜は個室扱いだな(笑)

8月26日。朝7時過ぎに採血。
朝食、はんぺんの卵とじ。意外にいける。
主治医、回診。
飲み物は酒以外なら何でも飲んで良いとのこと。(/o\)
文庫本2冊目読了。
10時過ぎ、シャワーする。
左手は点滴のためビニール巻きなので、洗いにくい。
7時過ぎに採血。
朝食、はんぺんの卵とじ。
意外にいける。
主治医、回診。
飲み物は酒以外なら何でも飲んで良いとのこと。
(/o\)
文庫本2冊目読了。10時過ぎ、シャワーする。
左手は点滴のためビニール巻きなので、洗いにくい。

午後、看護婦さんが手術前日、当日の説明に。
シャワーするので点滴外してあったのを忘れてたらしい。点滴、繋ぐ。
先程の手術前の説明で「髭を剃る」とあったので、せっかく髭5日目だが泣く泣く電気髭反りで。

22時前に部屋の電気消される。
だが、まだ隣のベッドは入ってないのでベッドのライト点けて読書。
点滴も昼間に栄養分を入れるだけで、夜は無いので楽だ。
暇なときは、腹筋やらヒンズースクワットやって、体力不足にならないようにする。
なんか、至って普通の健常者のようなんだが。
ん~(-_-;)

8月23日、初の入院泊。
肺の排気量の検査。
問題なし。
部屋戻り、歯を磨くも洗面所狭くやりにくい。
そのあと、掃除のおばさんが外の大きな洗面所の場所を教えてくれる。
そう言えば、昨夜間違えて入ってきた隣室のお爺ちゃんの部屋は面会謝絶みたいになってる。
点滴引きちぎって血だらけで入ってきたのでビビった昨夜だった。
午後、シャワーする。
意外と快適な入院生活。

8月24日
朝から採血。
2回の300ミリの高圧浣腸。
辛いかもしれないと看護士さんに言われるが、意外に平気。
午後、二人部屋へ移動。
あれ?ここ差額ベッドやんけ!
一日7,884円?後で抗議だな(結局、差額は取られなかった)。

そして15時頃より内視鏡。
看護婦さんに「どのくらいかかるんですかね?」「人それぞれですね~」
おしり側に穴の空いたパンツに交換。
横向きに寝て、肛門から( ̄□ ̄;)!!
ううう、痛みと言うより下腹部がとても嫌な感じ。
な、なにか腹のなか動いてるよ(涙)
最中、看護師さんに「これと胃カメラ、どっちが辛いっすかね?」等と聞いて気を紛らわしてみる。
予想より早めに終了。
たぶん10分くらいか。
看護婦さん、車イス持って迎えに来る。
へ?全然歩けるよ!
「出血があるって聞いたので」とのこと。
出血あるのは知ってたけどね~
止血してもらったもよう。
せっかくだから、初の車イスも体験。
やはり自分で歩いた方が良いな。

部屋戻る。
内視鏡終わったので、夜は三分粥が食べれるそう。
なので、一旦点滴はストップ。
良かった、動けるようになった。
ただ、明日は胃カメラなので朝は無しだな。

夕方、主治医の先生来る。
手術らしい(涙)
入院期間は三週間程度。
あ~あ。

二人部屋なので、この日は消灯時間22時厳守。

8月12日、一日出勤してから夏休み。
体調も悪いので、墓参り行ったり特に他にはすることもなく・・・。
ちょっと下血が続いているもよう。
8月20日、R-50のリハ後のホッピーが連続飲酒記録「3年と127日目」、で翌日も家呑みで通算「1,224日目」(笑)。
ここで記録が途切れるとは・・・・

8月22日、台風到来の日に最後の検査予約であった。はずだが・・・・
9時40分にエコー検査予約のため早めに出る。
結果見て今度はCTへ回される。
結果、今度は内科から外科へ行くよう言われる。
一番の要因は、腸が狭くなってる箇所かあるとのこと。
脂肪肝、胆嚢に胆石の疑いあるも、それは大したことは無さそう。
外科へ。
再び血液検査、尿検査、レントゲン。
結果、
「入院しましょう」
へ?
炎症なのか、それとも腫瘍なのか、内視鏡で確認する必要があるとのこと。
そのためには点滴投与でお腹の中をきれいにするんだって。

「入院っていつからですか?」
「え、今日ですよ」
「へ?い、一回帰ってもいいかな?」
「ダメだね」

出勤のために、当然ワイシャツ、カバンは会社仕様。
「午後からベッドが空くから、それまでここで休んでてね」
と、簡易処置室風情の部屋へ入れられ、人生初の点滴!!
っつうか「人生初の入院」だっ!!!

今後の予定は
水曜、内視鏡検査。
木曜、胃カメラ。
(-_-;)
22時消灯だけど個室なので、大丈夫らしい。
22時、検温。
37度だ。熱っぽくは無いが。
娘たちからバンバンLINEが来る。一応、心配してくれてるようだ。
よしよし。
23時、とりあえず寝るか。
3年&128日振りの休肝日。

8月8日、月曜。
出勤するもイマイチ。
翌9日、病院で前回の検査結果聞く。
だいぶ数値も下がってるけど、一度大きな病院で見て貰った方が良いよ。
紹介状書いてもらい、翌日行くことに。

8月10日、田無の佐々病院へ。
自宅からバスと徒歩で30分かからないので、楽と言えば楽。
新患受付して紹介状渡す。
待ち時間長そうだ。
問診、触診、血液検査、尿検査、レントゲン。
11時30分終了。
白血球も半減。炎症の反応値も相当改善。
呑むくせに肝臓が凄いと誉められる。
栄養が取れてないので肉を食えといわれる。
念のため8月22日にエコー検査。

午後から出社して、終了後に鳥和可。
お店早めに閉めて(笑)みんなで神田の「馬力」へ。
マルチョウ久しぶりに食すも、なぜかあまり旨くないな・・・

8月11日は「山の日」で休日。
やはり家でゴロゴロ。
食欲は無いがビールは旨い。