カテゴリー「Everyday I have the Blues (日記の項)」への投稿

8月23日、初の入院泊。
肺の排気量の検査。
問題なし。
部屋戻り、歯を磨くも洗面所狭くやりにくい。
そのあと、掃除のおばさんが外の大きな洗面所の場所を教えてくれる。
そう言えば、昨夜間違えて入ってきた隣室のお爺ちゃんの部屋は面会謝絶みたいになってる。
点滴引きちぎって血だらけで入ってきたのでビビった昨夜だった。
午後、シャワーする。
意外と快適な入院生活。

8月24日
朝から採血。
2回の300ミリの高圧浣腸。
辛いかもしれないと看護士さんに言われるが、意外に平気。
午後、二人部屋へ移動。
あれ?ここ差額ベッドやんけ!
一日7,884円?後で抗議だな(結局、差額は取られなかった)。

そして15時頃より内視鏡。
看護婦さんに「どのくらいかかるんですかね?」「人それぞれですね~」
おしり側に穴の空いたパンツに交換。
横向きに寝て、肛門から( ̄□ ̄;)!!
ううう、痛みと言うより下腹部がとても嫌な感じ。
な、なにか腹のなか動いてるよ(涙)
最中、看護師さんに「これと胃カメラ、どっちが辛いっすかね?」等と聞いて気を紛らわしてみる。
予想より早めに終了。
たぶん10分くらいか。
看護婦さん、車イス持って迎えに来る。
へ?全然歩けるよ!
「出血があるって聞いたので」とのこと。
出血あるのは知ってたけどね~
止血してもらったもよう。
せっかくだから、初の車イスも体験。
やはり自分で歩いた方が良いな。

部屋戻る。
内視鏡終わったので、夜は三分粥が食べれるそう。
なので、一旦点滴はストップ。
良かった、動けるようになった。
ただ、明日は胃カメラなので朝は無しだな。

夕方、主治医の先生来る。
手術らしい(涙)
入院期間は三週間程度。
あ~あ。

二人部屋なので、この日は消灯時間22時厳守。

8月12日、一日出勤してから夏休み。
体調も悪いので、墓参り行ったり特に他にはすることもなく・・・。
ちょっと下血が続いているもよう。
8月20日、R-50のリハ後のホッピーが連続飲酒記録「3年と127日目」、で翌日も家呑みで通算「1,224日目」(笑)。
ここで記録が途切れるとは・・・・

8月22日、台風到来の日に最後の検査予約であった。はずだが・・・・
9時40分にエコー検査予約のため早めに出る。
結果見て今度はCTへ回される。
結果、今度は内科から外科へ行くよう言われる。
一番の要因は、腸が狭くなってる箇所かあるとのこと。
脂肪肝、胆嚢に胆石の疑いあるも、それは大したことは無さそう。
外科へ。
再び血液検査、尿検査、レントゲン。
結果、
「入院しましょう」
へ?
炎症なのか、それとも腫瘍なのか、内視鏡で確認する必要があるとのこと。
そのためには点滴投与でお腹の中をきれいにするんだって。

「入院っていつからですか?」
「え、今日ですよ」
「へ?い、一回帰ってもいいかな?」
「ダメだね」

出勤のために、当然ワイシャツ、カバンは会社仕様。
「午後からベッドが空くから、それまでここで休んでてね」
と、簡易処置室風情の部屋へ入れられ、人生初の点滴!!
っつうか「人生初の入院」だっ!!!

今後の予定は
水曜、内視鏡検査。
木曜、胃カメラ。
(-_-;)
22時消灯だけど個室なので、大丈夫らしい。
22時、検温。
37度だ。熱っぽくは無いが。
娘たちからバンバンLINEが来る。一応、心配してくれてるようだ。
よしよし。
23時、とりあえず寝るか。
3年&128日振りの休肝日。

8月8日、月曜。
出勤するもイマイチ。
翌9日、病院で前回の検査結果聞く。
だいぶ数値も下がってるけど、一度大きな病院で見て貰った方が良いよ。
紹介状書いてもらい、翌日行くことに。

8月10日、田無の佐々病院へ。
自宅からバスと徒歩で30分かからないので、楽と言えば楽。
新患受付して紹介状渡す。
待ち時間長そうだ。
問診、触診、血液検査、尿検査、レントゲン。
11時30分終了。
白血球も半減。炎症の反応値も相当改善。
呑むくせに肝臓が凄いと誉められる。
栄養が取れてないので肉を食えといわれる。
念のため8月22日にエコー検査。

午後から出社して、終了後に鳥和可。
お店早めに閉めて(笑)みんなで神田の「馬力」へ。
マルチョウ久しぶりに食すも、なぜかあまり旨くないな・・・

8月11日は「山の日」で休日。
やはり家でゴロゴロ。
食欲は無いがビールは旨い。

8月になった。
痛みで朝4時前に起きる。
やばいかな、一日もつかな、と思い出勤するも、仕事すると多少痛みも忘れる。
妙典の客先から戻ると結構具合悪し。
仕事山積で、翌日病院寄ろうかと思うも難しそう。
翌々日、8月3日の明け方、かなりの激痛。
まじめに救急車呼ぼうかと思う。
午前中ついに病院へ、徒歩圏内で評判の良い医者をネットで探してあった。
病院でエコー診てもらうが、「炎症がありそう」程度しか分からず。
胃腸薬と解毒剤を処方してもらい会社へ。
一日経ってもあまり薬が効いた感じがしない。
汗が滝のように出る。ちょっと涼しくなると寒気が。

8月5日、一進一退状態で再度病院へ。
血液検査の結果を聞く。
CRPという炎症の数値が異常に高い。
11.93という数値は通常0.3以下なので、これは入院を要するほど。
白血球数、15,200で、基準値の約倍程度。
白血球が多いと言うことは、ウイルスや菌が外部から入って来たことに対して対抗するためらしい。
とりあえず、多少痛みはひいてきたので土日様子を見ることに。
で、今回は痛み止めを処方してもらう。
で、この痛み止めが効いた!
おお!ずーっと痛みに悩まされていたのに、ほんと久しぶりに痛みから解放されたっ!!

夜中、寒気で目覚める。
あれ、さっきエアコン消したのに。
あれ、室温30℃もあるじゃん。
トイレ行く。
ん?下血か?
よくわからないので見て見ぬふり。

そして土日(8/6,7)は何もせずゴロゴロごyoutube見て過ごすわけです。

2016年ももう終わりです。。
この夏、私事ですが人生初の入院~手術という経験をしてしまいました。
皆さんには全く関係ないことではありますが、すぐに痛みを忘れてしまう私としては、これを備忘録として残しておくことにしました。
今年は約1か月の入院生活でしたので、おかげさまで随分と涼しい夏を過ごせました。
しかしながら、快適な夏とは程遠い毎日。
いささか長文ではありますが、入院~退院までの顛末を数回に分けて連載させて頂きます。

まあ、今思えば6~7月頃には身体の変調はあったわけです。
どうも下っ腹が張る。
ちょっと便秘気味ではあるかな。
程度ではあったので、いつものように呑みまくっていたわけです。
それが少々ヤバくなってきたのが7月20日あたりのこと。
この時点では、内臓が痛いのか腹筋が痛いのかも判断付かず。
腰痛も発生したり、夏だってのに寒気がしたりと、なんかよく分からない症状。
7月も下旬になると、かなり調子が悪い。
こりゃ病院に行った方が良いのかな?
などと思っても、生粋の病院嫌い。
行くつもりは全くない(-_-;)

そして7月30日
昼間は鳥和可にて知人の「結婚祝い&ミャンマー単身赴任」。
料理家Mさんのフランス料理にビール呑み放題。
人もたくさんいたので、痛みは忘れ気味。
さて、実は夕方から荻窪Charlie’s Spotにてライブである。
私、佐藤浩人氏、NICK澤野氏、3名での”R50 Small BLUES BPRJECT”。

あの狭いスペースになんと4バンドという、なんだか物凄い企画になっていた。
当然座る場所もない。
というか、出演者でいっぱいだ。
なんか、どどど!と疲れと痛みが。
向かいのスーパーでアイスクリーム買う。
アルコール呑む気分じゃなくなってる。
店の前に立っているのも辛いので、喫茶店に入る。
トマトジュース呑む。

出番である。
ライブ中は痛くないからアラ不思議。
でも終わってからは限界で、お客さんやら対バンの皆さんに挨拶もすることも無く帰宅。
あ~、呑まないライブなんて滅多にあることじゃない。

帰ってちょっと寂しく(笑)「麦とホップ」呑んで寝る。

翌日は日曜。
腹と腰が痛く、一日中自堕落。

実は5月にこの荻窪のお店でライブをやった後に、佐藤浩人が脳梗塞で緊急入院したのであった。
まさかね、なんて思っていたのが甘かった・・・・。

「総集編シリーズ」復活です!

5月といえば・・・
そう、誕生日です。
思えば長く生き延びたものです(笑)
もう数えきれません・・・

何回か書いてますが、当家の4名はみんな5月生まれでして、私の誕生日は一番影が薄いと思われます。
そして今年も誕生日会は1日に集約されるのですが、たまたま日曜の5月15日、つまり私の誕生日に行われました。
寿司とケーキとビールとワインです。
これはこれで良しとします(笑)




5月4日
NG’sのリハであります。

久々のライブ(5/14)を前にして、今回は1977年の335で突入します。
ディマジオのスーパーディストーション搭載ですので、NG’s向きですね。

最近、指弾きが多くなってしまい、実はピックの使い方が下手になって来ております(-_-;)



5月8日

出禁から早や一年(笑)
阿佐ヶ谷のOILCITYにこの日はお客で行ってまいりました。
N原さんから招待券あるよ、と言われ・・・
最近、けっこう貧しいので「ただ」とか「招待」とか「奢り」という言葉にたいへん弱くなっています。
久々のローラーコースターでありました。
あ、写真がねえや、すんまへん・・・

で、5月21日のライブの対バンも決まってないので、「小出さん、ゲストにどお~」「あ、その日は空いてるわ!」ということで小出斉さんも釣ってきたので有意義なライブ観戦でありましたね(笑)



5月14日
そして誕生日を目前に控え、NG’sの8か月ぶりのライブは新橋の ZZ であります。

知る人ぞ知る、「ダディ竹千代&東京おとぼけCats」のダディさんのお店であります!!
そしてPAはボーン助谷さんではないですかっ!

リハ終わってもまだまだ時間が余っており、やはり新橋のホッピーへ走ってしまいますね。




この日のベストショットですね。

最近入ったキーボードの水谷君はこのライブを最後に去っていきました。
南無。
一説にはベースの某大江公一氏の陰湿ないじめが原因とも言われております。
彼は別名「人切の大江」とも呼ばれ、今まで数多くの人たちが辛酸をなめてきたとの噂も(笑)




ライブも大盛況で終了、ダディさんと2ショットです。

ダディさんの入れたホッピーのナカは、カウンターの中をのぞくと宝焼酎をグラスにドボドボと入れており、ただの焼酎ロック状態でありました。
ホッピー外がほとんど入りません(涙)

そして翌日、私は自分の誕生日を二日酔いの寝たきりで過ごすことになったわけあります・・・




5月21日

はい、釣り上げてきた小出斉さんとのライブの日ですね(笑)
第1部の対バンは何と初遭遇のフレンチジャズのコンビ!
ちょっとビックリ(笑)

フライヤーはNICK澤野、渾身の初作品です。
次回から宜しくお願い申し上げます!

実はこのライブ直前から兆候があったのですが、翌々日に一大事件が勃発しました。
この件は、また別の機会に。。。。。



先日、リペアから戻ってきた GIBSON L-10 のデビュー戦。
思えばアコギなんて中学1年の時に合唱コンクール(笑)で伴奏した「戦争を知らない子供たち」以来!

うわ!弦が太いわ!3弦が巻き弦やんけ!指折れますがな!
アンプを通していることもあり、次回からは0.10のエレキ弦セットに替えようと、心に強く誓ったのでありました。

あ、あとストラップはブラインド・レモン・ジェファーソンのようなロープみたいなのにしようかな。


5月24日
ビルボードです!Don Bryant です!!
バックがちょっとウザかったですが(笑)本人、バリバリ!
ご本人の名曲はI’ll Go Crazyだけでちと残念でしたが、バックもアレなんでローカルSOULショー仕立てってとこでしょうか。
アン・ピーブルズ来てたのかなぁ・・・・
そういえば、アンコールは何故かDixie Chicken。で、なんとベースの方はLITTLE FEAT のケニー・グラッドリーさんでありましたっ!!



5月28日
先ほど触れましたが5/21のライブ後の一大事件。
R-50のリーダーである佐藤氏が脳梗塞で救急車にて緊急入院!
幸い軽く済んだとのことで、ほっと一安心。ですが左顔面に麻痺が残っておりまして、この日のお見舞い品は黒の海賊眼帯。
翌日、無事に退院されましたが、もうちょっと処置が遅かったらヤバかった!
前日の兆候の様子やら、やばいと思ったら大丈夫と思わずにすぐ救急車!等々、脳梗塞を後世に伝える語り部と化し熱弁されておりました。
勉強になりました。明日からオニオンスライスがかかせません。



そして、お見舞い終わって場所がら亀戸が近いとあって、天下の「亀戸餃子」突入であります。
ストップをかけないと、延々と餃子が運ばれるという「わんこ餃子」状態。
そして、満腹になりすぎ消化のために錦糸町まで散歩して入った純喫茶のテレビゲーム卓!
更には下町のモツも食わんとな・・・(笑)
(おいおい、見舞いに来たんじゃないんかい!)




結局最後は、日本橋の裏道路上に椅子とワインを出し、「鳥和可」休業日営業で終わった一日でございました。

2階の窓に「計ちゃん」(ダルメシアン)が見えます(笑)




5月30日
久々の荻窪ルースターへ、ミーターズ・セッションです。
病み上がりの加藤エレナちゃん、だいぶ復活です!
ジョージ・ポーター・jr先生を見習ってか、江口弘史さんチョッパー封印の2ステージ。

やはりニューオリンズは最高ですね~
ちなみに、この日に入れた焼酎のボトルは当日中に呑みきってしまいましたとさ・・・



さあて、6月のライブは1本。
6月5日の日曜日、中野ブライトブラウンにて R-50 BLUES PROJECT
18時30分開演の19時スタートです。

ピアノにウシャコダのオリジナルメンバーである若山光一郎氏をお呼びしました。
佐藤浩人、復活ステージです!!
宜しくお願い申し上げます!!!




本当に久々ですが、2月はライブがありませんでした。
3月に向けての充電月間というところでしょうか。
最近は疲れが抜けないですしねぇ・・・(-_-;)


2月1日~7日
何もありません・・・
風邪で絶不調でした。
先月末に次女がインフルエンザにかかり、うわっ!やられたかっ!と思ったのですが、熱はおそらく微熱程度。
(測って熱があると、途端に元気がなくなるので基本的に測りません。。。)
毎日早めに帰宅して、家で呑む酒が旨くありません・・・。
従いまして、たいした写真もございません・・・。



2月11日

この日は父親の命日であります。
小平霊園の先に昔からお世話になっている「シャーウッド・ギターワークショップ」があります。
けっこう森の中なんですが、今回はじめて徒歩にて伺いました(笑)




8年前のブログは下記から。
2007年12月9日のブログ
2008年4月20日のブログ
2007年10月15日のブログ
元々、30年以上前にまだ田無のご自宅庭に作業場があった頃に伺ったのが最初。
335は2回出してるし、Rivieraのフレット交換やピックアップ交換等、箱モノの信頼度は絶大です。
この項は久々に単独ブログ書く予定です(笑)



2月13日
毎年恒例の田村光太郎さんの墓参り兼セッションです。
毎年1月ですが、今年はちょっとずれて2月開催で気候もやや温暖。
基本的に A布高校の同窓の方がメインですので、写真はややぼかし気味に・・・
(が、直接の知り合いはノーモザイクっす)




そして恒例の中野ブライトブラウン貸切の会。
無礼講セッションが続きます。
若手の部類に属する(笑)わたしはトップバッター。
最若手の井上大地くんとの2トップ。
小町さん、”E-cHANG”池間さん、上阪さん、というありがちな布陣。

(Photo by 田辺龍ちゃん)



そして後半は怪物セットに駆り出されました・・・

(Photo by 田辺龍ちゃん)



嗚呼、早く2軒目の香港亭へ行きたいよう~

(Photo by 田辺龍ちゃん)



二次会も19時には終了、中央線に乗って阿佐ヶ谷へ帰るA妻さん。
が、そんなに甘くはありません。
私とK町氏、K阪氏、I上D地氏、用もないのに阿佐ヶ谷下車(笑)
「お、おれはもう帰るんだ~」と叫ぶA妻氏を無視するかのように
「さ、呑み行きましょ、行きましょ」
「お~っ!これは呑みのパワハラじゃないか~!!」
で、まぁ呑んじゃう訳ですね(笑)
翌日、たいへんな二日酔いに悩まされたという話を後日聞かされました。。。




K町氏&K阪氏、阿佐ヶ谷下車で呑みに行ったものの、ほとんど口をつけずに突っ伏してしまいました。

K町氏はその前の香港亭でも既に前兆が見受けられておりましたが、その証拠写真です。




2月19日
3月5日のライブのために、パーカッションをオークションで落札しました(100円也)。
おそらく1930~40年代くらいのヴィンテージです!
しかしながら、でかくて重いのと玉の滑りが悪く、爪が破損しそうなので、残念ながら今回は昨年購入した小さ目のもので乗り切る決心をした次第。
あ、このパーカッションですが、計算も出来るらしいです(笑)




2月20日
そのDEW DROPPERS のスタジオリハでした。
終了後、岡地さんはJIROKICHIのライブに出演。
吾妻光良さん還暦手前の記念ライブであります。
我々もリハが始まる前のJIROKICHIへ行って、ちとご挨拶するもその後は高円寺の居酒屋へ。
ライブが終わった頃にまたJIROKICHIへ呑みに行くという、友達がいの全くない酷い奴らであります。




2月21日
こんどはおふくろの墓参りで、またも小平霊園へ。

またしても、遠回りの帰宅。
吸い寄せられるように、所沢の「百味」にて軽く一杯でございます。
ウーロンハイ、¥220の魅力に勝てず。。。


2月27日
三鷹バイユーゲートの10周年記念コンサート観戦。
隣の焼肉屋のもらい火で半壊状態から、ついに復帰!めでたしめでたし&再出発の門出です。
会場は吉祥寺のCLUB SEATA。
いつも北口いせやで呑みながら、むかいのハコは何なんだろう?と思ってた場所でした。
そして、閉演後なんとなくズルズルと参加してしまった打ち上げ会場の写真です。
ちなみに隣にいる岡地曙裕さんは、このあと中野の漫画喫茶へ向かいましたとさ。
ちなみにその隣にいる吾妻光良さんは、50歳代最後のライブでありましたとさ。。。