カテゴリー「Everyday I have the Blues (日記の項)」への投稿

「コピー商品」とか、「まがいもの」、「にせもの」とか、まあ色々現れる昨今である。

電子タバコ
昨日のこと、タバコの「にせもの」とでも言うのか、「電子タバコ」なるものを購入してみた。
たまに昼食を食べに行く「海員生協」というところで、1,980円にて購入。
へぇ~、電子タバコって1万円くらいすると思ってたのに。
ネットで調べると、おおっ!8,000円もするじゃありませんかっ!
こりゃラッキー。
別に今すぐ禁煙に走ろうと言うのではない。
今後、タバコが500円、1,000円と値上がりすれば必然的に禁煙せねばならない。

電子タバコ_箱ごと充電
酒は絶対やめられないだろうし、せめてタバコだけでも。
寝起きや食後などはどうしても吸いたくなるが、無駄なタバコ消費を抑えるための購入である。
なんせ、4月からの転勤先事務所は今どき珍しい「喫煙」し放題のため、ついつい意味もなくタバコの本数が増えてしまうのである。
ところが、である・・・・。

同じ品をamazonで 見ると・・・・な、な、な、なんと!900円!!
しかも、評価はすこぶる悪い。

煙も出るぞ
そう言えば・・・・煙がだんだん・・・・。
ついに夕方には充電しても煙は出なくなった。
これも不良品である・・・・・。

本日、再び店に行って交換してもらう。
とりあえず、今のところしっかり稼働中である。
さて、この先どうなるのか。。。。。


去年くらいから、「食べるラー油」ってのが流行ってるって知ってます?
「桃屋」の製品がブームのハシリらしく、最近はスーパーの店頭でも「売り切れ」の札が貼ってあるだけ。
我が家でもしばらくは買えていない状態。
まあ、そんなにまでして食べる代物か?というと、う~んと唸ってしまうが、個人的な見解もあるが私は嫌いではない。

食べるラー油もどき
やはり「海員生協」にて無名メーカーの品を発見。
え~っ!800円!?
いくら売れてるからって、バカ言うんじゃないよっ!
で、翌日、やはり違う無名メーカーのこの品は、瓶の大きさもふた回りほど大きく400円台。
たっぷりとガーリックが入っているもよう。
これは、次女が移動教室から帰ってきたら食してみようと思う。
それにしても、バチもんが多いわ。


さて、我々が中高生のころ、やはりギターは憧れのギタリストと同じギター・・・・は、無理なんで、そのコピーモデルを買うわけだ。
ちなみに、私のように335のコピーモデルを買うやつは一人もいなかった。
当時はFENDER 10万円台後半、GIBSON 20万円台、の時代だから今のように、最初に購入するギターがFENDERやGIBSONなんて有り得ない。
しかも、JAPAN FENDER もない時代である。
周りはGRECOのストラトやレスポールのオンパレードである。
しかしながら、日本の技術も凄いもんで、かなり上質の楽器が作られていたのは間違いない。
2000年くらいになると、本家GIBSON、FENDER の質の悪さは目に余る。
最近作られている、新品でも10万円を切るようなGIBSONのギターは、その仕上がりの悪さに驚愕である。

ヘンダ―
そんなんで、本家のありがたみも少々希薄になりがちで、というわけではないが、我が家のバチもんギターを。

これは入手当初からFENDERロゴ。
ネックとボディのジョイント部も「F」マーク。
凝ってはいるが、ネックを外してみたらやはり何も記されていない。
ペグはどうしようもないのでGOTO製に換えたら、意外と音鳴りは良いボディなんで家でちょいちょい弾いている。

1958オリジナル立体ロゴ
これはEPIPHONE のFLYING V コリーナ。
ちょっとネックが太目だが、なかなかヨロシイ。
見た目は、58年のオリジナルそっくりでしょ。

ちなみにこれらのギターは、個人的な遊びでして、決してコピー商品として高値で売りに出そうとは微塵も考えておりませんので、ご容赦くださいまし。

プログラム変更のお知らせ本日は、次女の小学校最後の運動会であった。
天気も怪しく、プログラムも変更。
「競争」関係の種目は午前中に変更である。
雨が降った場合のことを考えての変更であろう。

幼稚園の頃は小さくて、どこにいるのか分からなかった次女。
最近、でかくなったなあと思っていたが、クラスでも後ろから2,3番目のようでビックリ。

6年生のお世話係です
6年生ということで、他の学年のリレーの順位係(走り終わった子を、順位の旗のところへ連れていくやつね)のもよう。

なかなか、お姉さんらしい感じで、すっかりびっくり、である。
いつまでも、子供じゃないのね。

ああ、久々に「人の親」みたいな立派な文章である。

ちなみに、ゼッケンが「スイカ」のようだ。。。。。

お弁当タイム
昼休みは、恒例のサンドイッチ。

みんなで食べよう、サンドイッチ。

私は、小学校1年の時に父を亡くしているので、何となく「運動会」は会社休んでも行くぞ!ってな感じの思いがあったりするのである。

ヒゲはダメ?
最近、ヒンシュクモノのヒゲのお父さんと。

次女は最近、反抗期。
でも気分がいい時は、我が家で一番の仲良し。

紅組勝利!
有終の美。

大勝でした。


そう言えば、今日と明日は「JAPAN BLUES & SOUL CARNIVAL」
当初、本日の方に行こうと思っていた。

メンバー的に、ルーサー・アリソンの息子は見たっかったし、日本側出演者の「ローラーコースター with 吾妻光良&石川二三夫」は人間関係的にも行かなきゃいけないよね。。。

でも、やっぱり娘の運動会が優先である。
さすが、おとうさんっ!!!

ローラーコースター・・・・らしい
で、夕方にT氏(なぜ仮名かは、後でわかります)より携帯メールが。

「こちら野音。吾妻さん登場」

写メール付きである。
おいおい、会場内での撮影は禁止されております。

あっ!!!!!!
しまったっ!!!!!
今日は17時45分スタートじゃないかっ!!!!!!

運動会、終わってから間に合ったよ!

時すでに遅し・・・・・。

ソロモン・バーク・・・・・らしい・・・・。
その1時間半後に・・・・・
「大王登場」のメールが・・・・・・

あああああ、携帯メールの添付じゃ、小さいし・・・・・
し、しかも老眼で、よう見えんし・・・・・・。

ああ、みんな今頃呑んでるんだろーな。

負けるもんか!
明日は野音だっ!!!

朝刊を読むと、ラッシャー木村の死亡記事が。
ああ、「金網の鬼」、「こんばんはラッシャー木村です」等々が懐かしい。
一時は新日本プロレスで「国際軍団」として悪役を演じたが、憎みきれない人柄だった。
UWFの旗揚げシリーズ、懐かしい・・・・。
「イカ天」の審査員もやってたよね。

合掌

ここ最近のブログ、やはり土日に集中して書いている。
久々の平日投稿である。
だってねぇ。
昨夜は久々の マクヴァウティ大和氏、上京の日ですからねぇ。

お互い、そうとう厳しいサラリーマン生活の中、なんとかやっているという間柄である。
先日も、
「うちの会社、やばいです。先月は〇産の危機でした」
なんて、メールをいただいたりすると
えっ!〇産・・・・・?
お産?

いや、失礼いたしました。

平日に呑むと、翌日起きれないこと間違いないが、尼崎からのお客様を放っておくことは出来ない。
新幹線の終電まで、2時間ハイペースで呑むしかない!

マク & へいじ
で、私が東京駅に到着するころには、NG’sのくどー氏が既に「紅とん」にて接待を行っていた。

なんだか訳も無く私も接待を受けた。
社長っ!ありがとうっ!!

マク & いとー
私のヒゲもだいぶ立派になりました。

もう、無精ヒゲの類から一歩脱却。
約1カ月の集大成だ。

再度、マク & へいじ
へいじも負けずに「変顔」攻勢。

かなり・・・・・変?

さらば東京、また来るぜい!
バッチリ定刻の21時にお開き。

東京駅で別れを惜しむ45歳、二名。

やっぱ来るのやめよかな・・・・・
年功序列が垣間見られる図。
ブルース界は体育会系の縮図。

さて、10月にBOOGIE ☆ RAMBLERS初の東京進出話がちょっと具体化(ホンマですか?)

果たして、NG’s VS BOOGIE☆RAMBLERS 初ジョイント成るでしょうか!

さて、本牧への通勤が始まって1カ月が経過。
なんとなく、片道2時間半の長旅通勤も慣れてくるから人間って恐ろしいもんだ。
いや・・・・・慣れてはいない・・・・・・な・・・・・・・。

しかし、仕事の内容は覚えきれず、心底これを一生の業とするのか、と言われるとまだまだ「?」マークだったりもするのだが・・・・・・・。


南本牧大橋
勤務地のすぐそばにある、この橋を渡ると南本牧だ。

ガントリークレーン
まだまだ、造成の途中だそうだが、相当に大規模な埠頭である。

こんな、でかいクレーンも。

しかし、ここにある海員生協は安い。
カレー300円。

味は・・・・まあ、それなりか。。。。


いや、こんな話じゃないんだよ・・・・・・。

そうっ!

NG’sの来月のライブですっ!!

6月5日の土曜日。
偶数月にレギュラーの、大久保 bump city です。
前回、ちょっと営業不足だったので、今回はみなさまご家族、親戚、ご近所さま、お誘いの上ご来場くださいませませ。

15時30分開場。
ライブは16時から18時の間に3バンドです。
まだ、NG’sの出演順は決まってないようですが、宜しくお願いします!!

え?一人メンバーが足りないって?
そう、今回はしっとり聴かせるNG’sですよ~。うふっ!

20100605

本日は、お祝いのメールやらメッセージやら多数いただき、誠にありがとうございます。

しかしながら・・・・・。
私は、去年の5月15日を最後に、歳を数えるのをやめたのである。
「40」とか「50」とか、キリの良い数字は良いのだが、その間はたぶん自分でも何歳なんだか良く判らなくなっているのが関の山である。

数年前もあった
娘「お父さん、何歳だっけ?」
私「え~~っと、何歳だろうねえ?」
娘「別に歳を誤魔化さなくてもいいんだよ、親子なんだからさあ」

誤魔化すつもりはこれっぽちもない。
本当に何歳だか忘れていたりする。

バースデイケーキ
しかし、忘れようにも忘れられない。

我が家の家族4人とも、5月生まれである。

先日の日曜(5月9日)は、恒例「伊藤家合同誕生日会」であった。
ケーキを買いに、わざわざ石神井公園まで車を飛ばす。

まあ、主賓は娘二人ですが。。。。。

やった!焼き肉!!
焼肉パーティー。

この時だけ、主賓は私だ。

呑む!呑む!!
食う!食う!!

こちらはショートケーキ
5月12日は嫁の誕生日。

池袋の西武でケーキを購入。

ちなみに、本日は普通の夕食&一人自分の部屋で呑みながらブログを書く私・・・・・。


ところで、先週の土曜に30数年ぶりの再会を果たしたK谷くん。
その後、数通のメールをやり取りさせていただいた。
彼も、実に物持ちの良い男のようで、懐かしい写真などをメールに添付してくれた。
ああ、憧れのシノブちゃんの若き日の写真・・・・・
あ、いかんいかん、そうじゃなくて。

フェントン・ロビンソン来日中止の時のお詫びチラシやら、ボビー・ブランド&ゲイトマウス・ブラウンの来日公演半券やら、いろいろお宝が。
その中で、フィリップ・ウォーカー&ロンサム・サンダウンの来日チラシが。
サンダウンは、来日直前になって「何もかもが嫌になって」空港そばまで来ていたものの、ルイジアナへ帰ってしまったという逸話がある。

代打でやって来た、ジョージ・スミスはバリバリのブロウハープで、たぶんジュニア・ウエルズ以来の本格的なブルースハーピストのステージだった。
そして、フィリップ・ウォーカーはまだ40代前半で(お、今のオレより若いわけね)、ギター弾きまくり。

フィリップ・ウォーカー
この数年前に、日本でも発売されたこのレコードは、何と「プレイボーイ・レーベル」からのものであった。
ジャケットからして、妙に洒落た写真。
内容は小気味のいいモダン・ウエストコースト・ブルース。

PHILLIP WALKER – The Bottom Of The Top

裏ジャケ
久々に聴いてみたが、少々バックが薄っぺらい気もしなくはないが良質のレコードであることは間違いない。

しかし、裏ジャケの、この帽子、このサングラス、この髭、そして「ニカッ」としたこの笑い。
プレイボーイ・レーベルですからねぇ。。。。。。

ああ、今回写真の編集を失敗してしまった。

ま、気にしない気にしない。
気にしてたら、長生きできないもんねぇ~。

3
5月

秘蔵の写真でも

   Posted by: Masazumi Ito   in Everyday I have the Blues (日記の項)

「秘蔵の写真」と言っても、これはアダルトサイトではない。
最初に言っておく。

ゴールデンウイーク、年々地味になっていく。
今年は下手したら、犬の散歩意外に外出しないんじゃなかろうか?
という勢いである。
で、悪いことは続くもんで、どうも喉が痛く、鼻水も止まらない。
遊びに出るような体調でもなかったりするのである。

さて、昨日あたりは忌野清志郎さんの一周忌のニュースが多かった。
ちょうど去年の同じ日は、「ヤングインパルス」の話題を書いたことを思い出した。

そうそう、中学1年まではよくフォークを聴いていた。
RCサクセションも生で数回見た記憶がある。
たまたま、ゴールデンウイークが暇なんで、部屋の片づけをしていたら写真が出てきた。


RCサクセション中学1年、1972年の日比谷野外音楽堂である。

たしか夏休みであった。

この時のコンサートの面子が、今となっては物凄いメンバーばかりということになる。


チューリップチューリップ

たしか、オープニングだった。
まだ、アコースティックである。

「魔法の黄色い靴」でしたっけ?
ちょうど、その時代ね。

井上陽水井上陽水

ちょうど、「傘がない」がヒットしたころ。


イーストイースト

ご記憶の方、いるだろうか?
「ビューティフル・モーニング」という曲はけっこう好きだった。

ちなみに、ギタリストは吉川忠英さんだった。

バンバンバンバン

これはもう、レコードすら出していない頃じゃないかな。


アリスアリス

まだ谷村新司さんが、大阪の深夜放送のDJをやってた頃だと思う(たしか「チャチャヤング」?)。

やっと東京で名前が知られてきたころ。


麻田浩麻田浩

この中ではちょっと異質?

数年後には「トムズ・キャビン」を立ち上げる、あの麻田浩さんである。
曲も Louisiana Mama とか歌っていた記憶がある。

五輪真弓五輪真弓

この人も後にビッグネームになるも、当時は「少女」という曲さえ発売前だった。

本田路津子本田路津子

懐かしいでしょ?
NHKの朝のテレビ小説の主題歌がヒットしたの憶えてる?

メディアに登場しないなぁ、と思っていたら、
なんと、今はゴスペルシンガーなんだそうだ。

かまやつひろしかまやつひろし

いまでも現役バリバリのムッシュかまやつ。

コンサートでは、唯一のロックバンドだった。

猫

うーむ、マニアックだなぁ。

「雪」という曲を歌ってたねぇ。

ちなみに、まだ活動してるよう。

杉田二郎&オフコース杉田二郎 & ジ・オフ・コース

こんなスゴイ面子が一緒にやってたのね。

小田和正なんて、一生見ることはないと思っていたら、38年前に見てたんだ・・・・・。


ガロガロ

ああ!

学生街の喫茶店 !!!


かぐや姫南こうせつとかぐや姫

まだ、「神田川」の1年前ですわ。


サディスティック・ミカ・バンドサディスティック・ミカ・バンド

やはり、今は無き・・・・加藤和彦さん。

いち早く、グラムロックを取り上げた人。
判りづらいけど、フライングV弾いてるんだよね。

写真がぶれてよくわからないが、ミカさんとつのだひろさんの3人で。

よしだたくろう吉田拓郎

もうすでにビッグネームだった。

ちょうど「パック・イン・ミュージック」のDJが終わりになったとかで、けっこう機嫌悪そうなステージだった。
たしか「リンゴ」をハモニカ吹きながら、延々10分以上歌ってた。

写真をクリックすると、多少は見やすくなりますよ~♪


先週から本牧の先へ飛ばされ、「1」から新しい仕事を覚える毎日だが、さすがに年齢もあってか、なかなかに物覚えが悪い。
ましてや、基礎知識も全くなく、興味がある仕事か?といえば、それは全くなかったりするわけである。
ひたすら、往復5時間の通勤に耐えるおじさんの毎日である。
おかげで、文庫本の読破率は高いものだが、どうも無駄な時間を過ごしているような気がしてしようがない最近の思いである。
事務所にはパソコンは1台しかなく、これも業務用のソフトが多々インストールされており、あまり個人的なことに使うのもためらいがち。
おまけにADSL(光は来ているのだろうか?)は無茶苦茶のろい。
1MBも出ていないのでは?
相当に基地局が遠いと見た。
ということで、ネットブックを持ち歩いていたのだが、先日初めてこいつを出してみたものの、なんと!

『イーモバイル、圏外』。。。。。。。

行き帰りの電車内で使うしか無理だな、と思いつつも、ゆっくり座っていける保証もないわけで、今週からは鞄が重たいのもあって、ネットブックの持ち歩きはやめてしまった。

よって、ネットを閲覧するのも、帰宅してからほんの1時間程度しかない状況。
友人のブログなどを覗く機会もすっかり少なくなってしまい、なんだか孤独感漂う今日この頃だったりもするわけだ。

梱包工場
昨日は、車で数分の第2工場へ行ってきた、
「艀(はしけ)渡し」をやるので、見てこいとのこと。

広い広~い梱包工場の中で、木枠に梱包された貨物をトレーラーのシャーシに積む。

艀
これを敷地内の艀に移動する。
(これは別の貨物をフォークリフトで艀へ移動している様子)

艀渡し
そして、岸壁につけた船に、ガントリークレーンで船積するのである。

もちろん、やっているのは作業の下請け会社なので、手を出す必要はない。

しかし・・・・・・ちょっと違うなぁ・・・・・・・。
積み方が「違う」のではない。
気持ちの上で「違う」のである・・・・・・・。

雨がやけに冷たかった。

「つちや」の4人
夜、代々木の「つちや」へ久々に行く。
事前に飲む約束をしていたのは、小安田憲司氏、高垣佳典氏、立松裕之氏。

うん、こちらは「違わない」。
やっぱ潮風より、不健康なブルース友達が「正解」である。

「つちや」の社長に写真を撮ってもらう。
ありがとうございました。

あんまり楽しかったのと、普段の早起きが祟り、だいぶ遠いところまで電車で行ってしまいました。
すやすやと。。。。。。

表札
さて、休みの前の日しか飲めない状況(翌朝、起きれんわっ!)である。

本日、犬の散歩は普段と違うルートを歩いてみた。

な、なんと!この表札は!!
もちろん同姓同名の別人宅である。

ありがちな姓名ではあるが、あらためて見るとちとビックリである。