カテゴリー「Blues’n Soul (ブルージーな仲間たちの項)」への投稿

焼き鳥を焼きます何だかこの一ヶ月間、あまり変わらない場所の写真ばかりが掲載されているような気がしません?

でも・・・・おや?
いつもの「鳥和可」と、ちょっと違う?
店主・若山氏が「焼き鳥」を焼いているレアな写真である!!
元々、焼き鳥が「ウリ」の店なのだが、若山さん一人で切り盛りしているので焼き鳥は隠れメニューになってしまったもよう。

が、この日は事前に「焼き鳥、『おまかせ』でお願いしますっ!」と、頼んであったのだ。


焼き鳥目指して上京その焼き鳥を大阪、いや正確には尼崎から食べに来た男!
半年ぶりの東京出張、マクヴァウティ大和氏である。

カメラ目線、約2名
彼のバンド、BOOGIE☆RAMBLERSの東京公演も決まったことだし、今回は神田に宿を予約しての参戦である。

大阪ではウシャコダの藤井ヤク八氏と共演、東京では若山光一郎氏の焼いた焼き鳥を食べるという、ウシャコダの霊が乗り移ってしまった男でもある。

焼き鳥!やきとり!ヤキトリ!!
さて、実は私も初めての「鳥和可」での焼き鳥。

焼きあがると、次々に皿の上へ乗せてくれる。旨いよ!

いやあ、厨房内でこんなあわただしく働いているのは初めて見たような・・・・。
「オレにピアノを弾かせない気か!」
という心の叫びが聞こえるようだ。

NG's VS BOOGIE-RAMBLERS
さあ、今回の東京接待メンバーである。

最近、酒量がとんと増えているtom斉藤氏、営業先の千葉からちゃっかり直帰でやってきたエロッピ大江氏。
NG’s部隊である。

おや?で、カメラを持っているのは?

オレがオカチだ
はいはい、岡地曙裕さんでしたね。

元々この日は岡地氏と「鳥和可」で呑む約束をしていたのだが、急遽マクさんの東京出張が決まり、合同宴会となったのである。
北海道ツアー帰りで、北の旬の話をご披露いただきましたよ。

ライブのチラシをお持ちでしたが、ネットではこちらのページで見て、ぜひご来場ください!
⇒ 岡地氏スケジュール

こいつは、かなりのものでした!
いつも注文する「レバ刺し」。

この日は、極厚の「鳥刺し」もセットで登場!

これを聴かずには帰れません!
で・・・・・。

やはり、これなくしては帰れません。

P.S.
急用で来れなかったKoyasudaさん。
本日、突然の更年期障害(?)で断念されたサブちゃん。
事前連絡が遅くてNGだったAZOOMAさん。

また来ますっ!!!

どうも最近一本調子のブログ。
まあ、平日は仕事してて、夜は呑んでて、土日は寝て暮らす。
この廃人28号のような自堕落生活では、新しいネタもないってもんだ。

で、金曜の夜は、もう「呑み」の醜態、いや集大成だったりするわけだな。

もう20年近く前の話。
我が社(というか、我が部署)はお客さんに提供するためのシステムしか導入してなかった。
そこで、自社のための業務を第1に考えたシステムを導入することとなった。
で、首都圏の各営業所からそのプロジェクトメンバーが集められた。
私は、東京都下の営業所のメンバーとして参加した。
今では同業他社の本部長として活躍されてる当時都内の営業所にいたUさん、そしてメーカー側の営業担当でいまや名古屋の部長となったKさん、ソフト会社のSEであったSさん(彼も転職して某社のナンバー2である)。
この4名で半年に一度集まる呑み会がある。
それが金曜にセットされたのである。
昔話に花が咲き、近況などを話し合う楽しい集いである。
みんな、会社は違うけど、縁ってものは大事にするべきだねえ。

神田南口で解散。
するとね・・・・・NG’sの tom斉藤氏、「北千住の泣きギタリスト」MARUちゃんが近所で呑んでたわけね。

TORIWAKA どぅえす
当然、合流どぅえす。

当然、行きつけの「鳥和可」どぅえす。

この日は、店でライブがあると言ってたんだが。

Boogie Downhomers
BOOGIE DOWNHOMERS というバンド。

ギターの方は先日この店であった方だ。

今日は来れないと思っていたが、バンドのHPはチェックしていた私。

ベースレスで、Early Chicago の選曲ね。よしっ!!

MARU、飛び入り
楽しいライブも終わり、っつうか店に入ったのはもう第2部の途中。
何やらセッションタイム。

しかし、この狭い店、オールスタンディングながら満員の盛況ぶり。
羨ましい・・・・。

と。。。。
MARUちゃん弾いてます。

負けじと
で、私もね。。。。

Everyday I have the Blues.
Sweet home Chicago.

今日は「通りがかリのシンガー」でした。

でも、カラオケ熱唱の中年サラリーマンにしか見えないのが悲しい。

フランク堺氏
終演後、はもにかのフランク堺さん(フランク永井ではない)とお話ししたのだが、Swinging Boppers のジャーマネ湯川さんと、G習院大学のご学友だそうで、やはりこの業界狭すぎるわ。。。

でね、バンドの名刺を渡すと
「おおっ!NG’s!!ホームページ見てますよ!!」。
やはりネットの力は強大だわい!

また、お会いしましょうね!

メインエベント
そして、これがなきゃ皆さん納得しないでしょう。

若山光一郎・オン・ステージ!

やっぱ格を見せつけられちゃうわ。
ふだんの、営業時間中に軽く流して弾くのとは違い、やはりお客さんを意識した演奏は気合いが入ってました。

ちょっと洒落っ気のある曲も、あっという間にニューオリンズになってしまうという・・・・。

また、来週も通ってしまいそうな、わ・た・し。。。。。
(今回の写真は、tom斉藤氏提供です)

やばいよ・・・・・
勤め先の、こーんな近くに、こんな店。。。。

今週2回目の登場、日本橋の焼き鳥屋、いや JUKE JOINT ”鳥和可” である。
週末の金曜日。
やはり神田界隈に勤務先がある、かつてのバンド仲間、立松氏。
そして、NG’sのくどーへいじ氏の2名が参加。

まずは、会社から徒歩5分の地の利を活かし一番の乗りの私。
店主の若山氏は、その昔”ウシャコダ”でキーボードを弾いていたのは有名な話。
が、ウシャコダ解散後に LEO & THE CAPELS にも参加していた。
そのCHAPELSのリーダーであった故松井仁さんの奥様から頂いた当時のビデオをDVDに焼いて、手土産として持参。
まだ他のお客さんが来ない店内で映像を見る。
「ああ、仁のベースって、ホントに凄いなあ・・・・」と、二人でしみじみ。

そうこうしてると、へいじくん登場。
あ、そういえば前回のライブいなかったねえ。

立松氏も登場し、なんだかんだで金曜の鳥和可のカウンターは埋まってしまい、キーボードは撤去。

今宵も若山ショーのはじまり!
でもね・・・・・。

気がつくと、壁際の席にこそこそとキーボードとアンプをセッティングする若山氏。

さ、ドリンクのおかわりは今のうちにねっ!

仕事の合間に弾くのではなく、曲の合間に飲み物と料理にとりかかる。
と言った方が正解だな。



へいじ & 立松秘かに、はもにか3本持ってきたへいじ氏。さすが・・・・。
立松さんに笑われてますよ。

立松さんの後ろで若山さんが弾いてます。
へいじが勝手に一人で吹いているわけではありません。

Mojo workin’ 出ちゃいましたね。

Otis Spann & James Cotton ?
いや、後者は違うか・・・・・・。

でも、なんかちょっと良かったよ。

あたしもね・・・・・私だってね・・・・・。

なんて、素晴らしい呑み屋だ!!

また来週も来ちゃうんだろな
立松さん、ドラムがなくて残念!

職場が引っ越す12月まで、また何回か来ましょうね。
ドラム導入なる噂もありましたし。

さて、今回御参加出来なかった皆さま。

いつでも歓迎、いつでも一緒にお供します。
なんせ、会社のすぐそばなんでね。


急遽、THE NG’s のライブが今月末に追加決定。
お馴染の、上野水上音楽堂。

秋の散歩に不忍池、おでんの屋台で熱燗1杯、そしてNG’sのステージ観戦。
な~んて素敵な土曜の午後!

———————————————————————————————————————–
【タイトル】ロックバカ親父ライブ
【日時】10月30日(土) 12:00~16:00
【会場】上野水上音楽堂 (キャパ約1,000人の屋根付き野外ステージ)

11:30 : 開場

12:00~ : (未定)
12:40~ : TWS Club Band
13:20~ : G.T.R.
14:00~ : SUZUKI
14:40~ : Gram Allstars
15:20~ : THE NG’s
16:00 (ライブ終了)


20101030


———————————————————————————————————————-
そして・・・・タイトルにある「投票のお願い」って????

私、こう見えても、すっかりノンポリである。
高校時代に「我が心は石にあらず」を愛読していた、あの面影がこれっぽっちもありません。
いやいや、別に政治の選挙の話じゃございません。

だから。。。。何を投票するんじゃ!!

すいません。。。。。

THE NG’s とは切っても切れない、大阪のジャンプブルースバンド、BOOGIE☆RAMBLERSが、なんと某国営放送の「熱血オヤジバトル」にノミネート!

心あるブルースファンの皆様。
ネット審査に参加して、清き一票を。
これって組織票?ってほどではありませんな・・・・・・。

某国営放送のホームページから、「熱血オヤジ・・・・・
あ~!面倒だ!!
はい!下記のURLをクリックして、「このバンドに投票する」をポチっ!とやれば、あなたはもう我々の仲間っ!

これです

https://cgi2.nhk.or.jp/oyaji/selection/vote_mid/band.cgi?pid=32&a=vote_mid

おありがとうござ~い。

それでは、そのお礼にビッグニュースをお知らせしましょう。

BOOGIE☆RAMBLERS 東京公演決定!!
アダルトな街、赤坂登場!

2011年1月9日(日曜)
赤坂 CRAWFISH
共演:THE NG’s
ゲスト:小安田憲司

さあ!どやっ!!参ったか~!!!

さてさて、前口上は終わって・・・・・。
本日、行ってきました、怪しい焼き鳥の店。

神田、と言うより新日本橋駅の裏手の通り。

「鳥和可」である。

強引に業務終了して19時ころ到着。

お店は静か・・・・・。

生ビールを注文しつつ、マスターに声をかける。

そう!

このお店の店主は、あの一世を風靡した「ウシャコダ」のピアニスト、若山光一郎さんである。

ウシャコダ・・・・何はともあれ、マディ・ウォーターズ日本公演のオープニングアクトを務めたバンド、というだけで思わず「参りましたっ!」と言うしかない。

で、私とはほぼ初対面(たぶん)であるものの、業界の狭さからすぐに話題は身近な話。

若山店主
なんつっても、カウンターにエレピがおいてあって、暇になるとすぐ弾いちゃうのがすごい。

ばしばしとニューオリンズピアノ!

ギターもあるよ!


I know・・・恥ずかしながら、昔のレパートリー、バーバラ・ジョージの “I Know” を歌う。
更に、アラン・トゥーサンのインストものまで。

昔話に花が咲き乱れ!

フランスからのお客様
途中、すぐ近くのホテルに泊まってるフランス人がやって来る(写真 右)。

凄いことに、日本語どころか英語もわからないという・・・・・

悪戦苦闘の身振り手振り。

三越で出店中らしいが、とりあえず私と同じ年齢というのがわっかって握手。


常連H川氏カウンターに座った「H山さん」。
常連らしいが、いいおっさん。
え!オレより若いらしい・・。
髪の毛の量で判断しちゃいけません。

いい声で、Georgia on my mind” などを歌う。
っていうか、もう歌声喫茶の様相。

ちなみに民謡出身で、最近は沖縄の歌に涙する毎日とか・・・・・。

水曜だし、軽く一時間程度で・・・と思った私がアホです。
最後は若山さんと携帯情報の交換をして出ました。

ちょっと危険・・・・。

通いそう・・・・・。

ちなみに1964年から続く「家業」だそう。

が・・・・ライブハウス「鳥和可」になるのも、遠くないような気がしますが。

さて、次回はいつ行くかな。。。。。。。。

ふふふ・・・・・若山さん、バンドやりませんか?
ふふふ・・・・・


関連ランキング:焼き鳥 | 新日本橋駅三越前駅神田駅


東京の営業にやってきて早一週間。
なれた?
慣れるわきゃないでしょっ!

同じ会社の中とは言え、25年くらいいた部署とはまるで違うところ。
用語も全くわからない。
神田にいながら、まわりは皆リンガラ語を喋っているのかと思うほど。

そんな中でも、一緒に昼飯に誘いだしてくれる友人などがいるのは幸せ者だと思わなければいけないだろう。
そうこうしている先週の9日(木曜)、「北千住のクラプトン」「泣きのMARU」等々の異名を持つマルちゃんから電話が。

泣きのMARU
神田で軽く呑む。
数ヶ月前、突然の某着物店に転職した彼であったが、先月の末、また慣れた業界に戻れたとのこと。
ある意味、彼は俺なんかより全然苦労してる。

泣いてばかりもいれないな。

with キンミヤ焼酎
「キンミヤ焼酎」のポスターをバックに一枚撮ってもらう。
やっぱり、ホッピーにはキンミヤなのだ。

マルちゃん、どうやら勤務先は神田だそうだ。

そういえば、某SK会議所の立松氏の勤務先も神田だ。

危険地帯だ。

日々是練習
今週末はリハがないので、ご近所の Studio Page へ個人練習。
メキシコ産のDuo-Sonic 持参。
2時間歌いまくる。

4月末から、平日はギターを弾く余裕なし。
週末に取り戻さないとね。

kotetsu_R.I.P.
<おまけ>

NG’sの同胞、tom斉藤氏の知人が行ったとのことで写真を送ってもらう(山本勝=故山本小鉄さんの本名)。
貴重。
モザイクかかってますが、この住所でGoogleMapをググると「山本ビル」というのが。。。。
港区の一等地に自宅ビル。すごい。

そういえば・・・・・谷啓さん・・・・・・。
大好きなクレイージーキャッツは、もう過去のものになってしまったね。

合掌。

<おまけ その弐>重鎮 日暮さん

マルちゃんと呑んだ日の日経朝刊の文化面。

次に日経の最終ページを飾るのは高地さんか?井上さんか?

早いもんで、8月もあと僅か。
でも、今年の秋もかなり暑いらしいので、皆さん要注意ね。
小学6年生の次女は、今年の2学期始業は明日の8月30日からとのことで、鬼のような宿題攻めに喘いでいる。

「鬼」と言えば・・・・・・
ああ・・・・・・新日本プロレスの「鬼軍曹」山本小鉄さんが急逝されたとのニュースが・・・・。

星野勘太郎さんとの「ヤマハブラザース」、そして猪木さんと立ち上げた「新日本プロレス」。
若手レスラーの誰もが恐れおののいた道場での鬼軍曹ぶり。
引退後はテレビ解説を含め良くメディアにも顔を出し、「道場に来なさいっ!」と叱咤する。

一昨日、カブキさんの店で昭和のプロレスを懐かしんできたばかりなのに・・・・。
心から冥福をお祈りいたします。





で、昨日は代々木のスタジオでセッションを。
夏が終わる前にニューオリンズがやりたくて。
お呼びしたのは、高垣佳典氏(gtr)、小町正明氏(bass)、立松裕之氏(drums)の旧友3名。
結果・・・・。

見事討ち死に。
事前準備の悪さ、練習不足、等々で3人には大変なご迷惑を。

まあ、ニューオリンズやるのにピアニストが手配できなかったのが、まず最初の敗因だわな。

で。。。。。
まだ、諦めんぞ。


Stepway Studio
今回使ったスタジオは初めて入る STEPWAY STUDIO
昔から名前は聞いていたのだが、かなり凄い。

代々木駅からすぐなのに、築50年くらい経つんじゃなかろうかと思うほどのビル。
ここは廃墟ですか?といった風情である。

スタジオ内は長年の独特の臭いが漂う。
高垣氏曰く「こ、これは部室の臭いだ!」。
なんだか初めてきたのに、懐かしい香りが。。。。。


演奏の出来は悪くても、ここは代々木。
そう、いつもの「つちや」が待っている。

呑みに来たついでにスタジオ入りしたという噂も・・・・・・。

いつものNG’sのメンバーとは違っても、看板娘「ナンちゃん」は飼いならされた猫のようにやって来る。
「夏休みってさあ、10月まで欲しいよね~」
ミャンマーの留学娘は気楽である・・・・。

次回は、気合い入れます!!