カテゴリー「Blues’n Soul (ブルージーな仲間たちの項)」への投稿

久々にお会いした。
BOOGIE☆RAMBLERSのバンマス、マクヴァウティ大和氏。
7月以来だな。

毎月、会社の会議で上京されているようだが、免停事件などもあり財布の中身を気にしつつ、誰にも告げず寂しく日帰りを続けていたもよう。

八重洲の飲み屋が恋しくなったのか、久々に上京を知らせるメールが入った。
最近は、調子にのりやがって、い、いや調子が良いようで、元祖マクヴァウティの 「EX.ウシャコダ」藤井ヤクハチ氏と11月に2度目のジョイントを行うそうだ。
出る杭は早めに、い、いや、なかなかお元気そうで良いことだ。


タン皮にガツポンにホルモン刺し八重洲では、もう何回も呑んでいるが、再三ブログに登場する「紅とん」は未体験。
今回はNG’sの吉田隊員が参加である。

大阪では、焼きとんやホッピーはあまりメジャーではないそうだ。

さあどうぞ!

「うん!旨い旨いっ!!」

いや、喰いまくっているのは、吉田氏のほうであった。

マク「オレも食べたい・・・・・・・・・」


shake a hand普段は並ばないと座れないのに、雨の月曜とあって珍しく空いていた店内。

傘も持たずにやってきた関西からの使者に乾杯っ!

いつもは結構アルコール度の高い酒を呑むマクさんであったが、何を血迷ったか「カルピス・ハイ」を注文。

後悔の念か、笑顔が少々引きつっている。


恒例記念撮影しかし、このあとホッピーを注文。

元気な笑顔に戻るのであった。

「紅とん」のお姉さん、写真撮ってくれてありがと!

それにしても2時間弱の呑み会は辛い。あっという間に新幹線の終電時刻だ。


禁煙宣言者それじゃ!

大阪からの友人を駅まで見送ることもなく、冷たい東京人2名は呑み続ける。
あ、そういえば濡れながら駅まで歩いたのかな・・・・・・。

禁煙中の吉田氏の一服姿。


ホッピーに負けた男ふぁ~~!

ほっぴ~はきくねぇ~。

か、かえれるかねぇ~~。


ああ、君待つと(?)お、おれはこっちだかんね~

よたよたよた・・・・・。

最後は小林幸子とツーショット。

いつも、NG’sの練習をしているのが代々木のスタジオ。
で、必ず汗をかいた後の一杯と、反省会を開くのが西口駅前の「喰しん坊 つちや」という超良心的居酒屋である。
当ブログにも再三登場してくる。

最近なかなか予定が合わずリハもあまりやっていなかったので、久しく伺うこともなかった。
で、昨夜は久々に行ってみた。
面子はNG’sの tom斉藤さん、そして最近お会いすることも良くある、学生時代のブルース仲間である 高垣佳典さんである。

後でわかったのだが、久々もいいところ、最後にこの店で飲んだのが5月30日だった。
3ヵ月半もボトルを大事にとっておいてもらった。
社長!ありがとう!!

高垣さん、ブロードバンドというか、映像コンテンツというか、まぁその手のお仕事をされている。
と、同時に THE HALLMAN BROTHERS BAND なる、オールマンブラザースもどきのバンドもやっている。
芸名が、ディッキー・ベッツ・・・じゃねえや、ディッキー・別府。
なんか、ハワイアンセンターとかに出てきそうな名前だ。かなり怪しい。

で、どうもそういったトリビュートもののバンドを集めた LEGEND OF ROCK なるイベントがあるらしい。
高垣氏の話では、ジミヘンの一挙手一投足まで完コピするという「ジミセン」というのが凄いらしい。
さきほどググってみたら、出てきたねぇ。
「ジミ・センズリックス」・・・・・・・・・・・・・・・・・だそうだ。
その他にも多数あり。
やはり、そのネームのセンスに笑ったのは「座椅子ジョプリン」だな。

お二人の地獄から這い上がってきた貴重なお話などを酒の肴に、楽しい一夜を過ごさせていただいた。
酒飲みながらする音楽話って、なんて楽しいんでしょうね。
また飲みましょ!&ブルースセッションもぜひっ!!


つちやのつまみ
この日のオープニング。
刺身三種、プラス諸々。

駅前でチェーン店ではなく、この値段はいつも感心する。
料理の質・味・量も文句なし!


プリンセス・ナンちゃん
NG’sのアイドル、プリンセス・ナンちゃん。

最初はヒマにまかせ、相変わらず我々のテーブルに来てはちょっかい出していたが、後半忙しくなり髪の毛をふり乱しながら働く姿。
ちょっと痩せた?

良かった良かった。


わりかん
律儀に呑み代を割り勘で支払う50男3名。

お・・・・?誰が撮ってるんだ?

ナンちゃんでした。
いつもは撮られるばかり。
たまには。。。。。。。

一昨日の土曜のこと、スウィンギング・バッパーズの数名の皆さんたちと吉祥寺のハモニカ横丁にて飲んだ。
そのとき、去る7月5日の House Rent Party にて、私はキーがAの曲を強引に西川文二さんに吹かせてしまった話になった。
確かに、管楽器と”Key of A” では、ウナギと梅干しの食い合わせの悪さくらいに嫌がられるものであろう。

で、今度は、そもそも♭系の管楽器が多いジャズ系のミュージシャンの方々との呑みの場で、あえて「”F”がちょっと苦手なんですよねぇ・・・」なんて言ってしまった私がバカだった。
怒涛の集中砲火である。

ブルース系の曲は、割とEやAが多かったりする。
これは開放弦を多用したウォーキングベースなどの影響があったりするのだろうか?
個人的には、管楽器のミュージシャンとの関わりがあまりなかったせいか、比較的そのへんのキーの問題は結構無知だったりする。
やはり、弾きやすさというよりは、ボーカルのベストの部分で曲のキーを決定することがほとんどであった。
極論で言うと、自分の最高音に合わせてキーを決めたりしていた。
正直、声の音域の幅があまりないので、ボーカルで調整というのは少々きついのである。

結果として”F”の曲がうまく歌と合致することがなくこの歳になった次第である。
”B♭”が意外と得意だったりするのは、上記の理由でもあったりする。

しかし・・・・そんな言い訳など通じるわけもなく、左右に陣取った牧さん、西川さんの両先輩より集中砲火を浴びることと相成ったわけである。


MOSKOW吉祥寺で呑んだ店は、ハモニカ横丁内の “MOSKOW“。つまり「モスクワ」ね。
最近外呑み(屋外呑み?)にやたらこだわる吾妻光良さんのリクエストによる。
実は3Fが屋上?らしいが、残念ながら1Fのカウンターで呑む。

もちろん、吉祥寺ではちょっとうるさい牧裕さんご紹介の店だ。


同じ袋に・・・。さて、ワインも3本消費したので、そろそろ帰宅の途に。

あああ、どちらが私ので、どちらが吾妻さんのかわからなくなってしまった。。。。。。。
(持つ人、西川さん)

そして、同じ方向に向かう電車に同乗した御大、牧さん。
先に降りられる牧さん、別れ際に・・・・・・
「”F”、しっかり勉強せえよっ!!」


はいっ!申し訳ございません!

実は黙ってましたが、E♭のほうがもっと苦手なんです・・・・・・・・。

Mr.Tatematsu7月5日の “House Rent Party” 、様々な方がやってきてくれた。
その中でも20年ぶりの再会を果たした立松裕之さんの発掘(?)は、なかなかのものであった。
ある手を使い、勤務先らしき職場を探し、6月の中旬にコンタクトをとることができたのである。
そして、当日は20数年ぶりのご対面となった。
彼とは “LINDY HOP” というバンドで2年弱くらいであろうか?一緒に演奏した仲である。

あ、そうそう、マクさん!”Gotta move on up” の小安田さんのバックは立松さんですよ。
(すいません、業務連絡でした)


で、その3日後のことである。
仕事で某社に顔を出すことになったのだが、
「う~ん!ここって立松の勤め先じゃなかったかなぁ???」

自分の社に戻り、ちょっと立松氏にメールを入れてみたら・・・・・・速攻で返信が。
「いとおさぁ~ん!! どっかにいた?もなにも、隣の部屋にいましたよ!!」

おおおっ!そ、そうだったか~!
すごいなぁ!20年以上もやり取りがなかったのに、再会の3日後にこんなことがあるなんて!

それから約2ヶ月。
立松氏の社の仕事が受注でき(変な裏の手は使っておりません)、昨日9月1日の作業と相成り私もちょいとお手伝いに行ってきたのである。
今回は事前に連絡を入れておいたので会うことが出来たわけだ。
まぁ、こんな珍しい機会も滅多にあるわけないので、業務終了後に2時間半ほど二人で昔話に花を咲かせ軽く一杯。
かつてのバンド時代には、それほど呑まなかった彼もいっぱしに(しつれい!)旨そうに日本酒を呑んでる。
うん、お互いいい歳ではあるのだが。
でも、懐かしい話をしてると、すっかり当時の気分で若いつもりになれるのはいいよね。


大松なかなかに呑み慣れてるようで、旨い店を教えてもらった。
神田駅、北方面のガード下の向かい側、「大松」というお店。

生簀にたくさん泳いでいる「いわし」が旨い。


いわし「おまかせ」のようなセットがあって、まずは「いわしのお造り」。
口をパクパクさせてる新鮮ないわし。

写真を撮る前に骨を持っていかれてしまったので「身」の写真だけに。
骨の部分は揚げて後から持ってきてくれる。
これを頭からバリバリ食べるのが、また旨い。


カウンター岩海苔がたくさん入った豆腐のおすましが、また絶妙!
「つみれ」の鍋も最高。

福井の「黒龍」がまた実に似合う。

最後はお店の紹介になってしまったわ・・・・・・・。
「大松」 千代田区鍛冶町2-10-7

立松さん、また呑みましょう。
あの界隈の呑み屋さん、ずいぶん詳しそうなんで期待してます。
それから、たまにはBLUESもねっ!

さて、本日より正式な夏季休暇である。

とは言いつつも、長女は友だちと遊びに行って、その後は夏期講習。
次女はお婆ちゃんと御岳山へ。
なんとも、孤独な夏休みである。
で、夜になって呑みに行ったりすればてきめんで怒られるのは間違いない。
それ以前に、先週さんざん飲んだので資金も不足気味。
仕事のメール見て、営業のM田氏と携帯で会話するなんざ、会社行ったほうが良かったのか?????


昨日、NG’sの同胞である tom斉藤さんから「7月5日のDVDが出来たよ」と連絡をいただいたので、今日は高円寺まで出かけて行ったのである。


夏はうなぎで精力つけよう!昼過ぎに高円寺駅で待ち合わせ。
とりあえず昼食である。

うな丼。
夏バテ、そして呑んで疲れた胃には「うなぎ」だ!

しまった!写真を撮りそこなった!
店の看板だけね。

Most Music 様事務所入口です。
斉藤さんの会社へお邪魔する。
JIROKICHI 徒歩1分の場所。
いい環境だ。

私がここにいたら、毎晩ライブ三昧、酒三昧だろうなぁ。。。。。
キケン、キケン・・・・・・。


このブログの管理者でもある斉藤さん。
以前にも書いたが、最近ブログエンジンをアップデートしてもらったら、ちょっと不具合があって困っていた。
結局、このブログを書くときだけ、ブラウザをIEからFirefox に変えることで、ちょっと解消された。
う~む、難しい世界じゃなぁ。


石黒さんが緩衝材も入れてくれました!なぜか、梨を貰って帰る。

冷えた梨は旨いよね!!ありがとうございました。


HouseRentParty 20090705さて、帰宅してDVDをちらりと見る。
明日も休みなんで、ゆっくり見るとするか。

もう少々時間がかかると思いますが、出演者の皆さんお楽しみに!

7月5日の “House Rent Party” から1ヶ月以上経過してしまった。
実は、お世話になった会場、中野の BRIGHT BROWN に、忘れ物を置いたままの状態になっていた。
あんまり長く置きっぱなしも申し訳ないと思いつつ、もうお盆の時期まで引っ張ってしまった。

一念発起して(そんな大げさな話ではないが)、忘れ物回収部隊としてお店に伺ったのは一昨日、8月13日のことである。(なんか昨日といい今日といい、2日遅れのブログとなっております)
この日は、毎週木曜恒例の “Blues Session Day” である。
入店して、ノートに名前を書けば誰でも1,2曲は演奏させてもらえる。
いつだったか、岡地曙裕さんと一緒に行って飛び入りで演奏させてもらったこともあった。


香港亭NG’sの同胞である tom斉藤さんと中野駅で19時待ち合わせ。
21時スタートなので、その前に「香港亭」にて軽く胃袋に入れて行こう。
150円の激安餃子は有名だが、この日はふかひれの醤油煮がナント500円。
生ビールも、290円(だったかな?)のご奉仕価格!

生ビール好きのくどーさん、来れば良かったのにぃ~。


Bright Brown Session DayBRIGHT BROWN も大繁盛。
お盆休みに旅行へ行けないブルース好きが大挙押し寄せた、って感じである。
それにしても・・・・・・・・。
やはり時代は変わって行くのねぇ。知ってる方はごく数名。でもカウンターで楽しく見させていただきやした!

ところで、この写真の一番右にいる方の楽器はいったい???
首からアンプとゲームボーイみたいな楽器をぶらさげて・・・・・・。謎。


斉藤さん、エフェクターボード持参するも、ちと雰囲気的に場違いなため急遽アンプ直結に。
でも、思いっきり爆音で弾いたため、進行役の谷やんに取り押さえられておりました。
この日の歌わせていただいた2曲。
1. I’m gonna move to the outskerts of town.
2. Serchin’ for a woman.

さて、本題の忘れ物回収。
加藤義明さんのシールド、岡地曙裕さんの鳴りモノ、私のチューナー、などなど無事に引き上げましたが、所有者不明物件が数点。
え~ここから業務連絡。下記の写真に見覚えがある方はご一報くださいまし。
ヨロシクです。。。。。


歌詞本歌詞本です。

最初、町田謙介さんのものではないかと言われていましたが違うもよう・・・・・。


シールド束ね?これはいったい?????

どうやら、シールドを束ねる機器のようです。

透明のほうは、ポップスタンドのようだが用途は同じ?


SUE~さん、みきさん、長々と忘れ物を置きっぱなしにしてすみませんでした。
物忘れの激しくなってきた年代の集いでしたので、多めに見てくださいね。

それから、今度NG’sのブッキングもお願いしま~す!!

追記

歌詞本の所有者、発見!!
阿佐ヶ谷の”SOUL玉”、ミスター矢野間でした~!

いつも東京出張の際に一緒に飲んだくれているマクヴァウティ大和氏。
その彼がバンマスを務める、大阪のジャンプ・バンド BOOGIE☆RAMBLERSが、「元祖マクヴァウティ」のウシャコダ藤井ヤク八さんと競演したのは、7月29日のこと。

いや~見たかったぁ~!
と言っても、平日の大阪とあっては、軽くちょっと行くかと言うわけにもいかず。

するとマイミクの くりぴょん☆さん の日記にステージの映像がアップされているではないか!
え~、よくコメントを入れていただく くりぴょん☆ さん(トランペット)と、らっぱぱ さん(テナーサックス) は BOOGIE☆RAMBLERSの社員さんでもあります。

大和さん、藤井さんにずっと背を向けていますが、これは対抗心でしょうか?
ぜひ、ご本人にコメントいただきたい。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ラストに演奏されたと思われる「バンバケンジ」。
どうも私にはコーラスが「コヤスダケンジ!」としか聞こえない。
難聴か・・・・・・・・。
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video