カテゴリー「Blues’n Soul (ブルージーな仲間たちの項)」への投稿

一昨日の土曜のこと、スウィンギング・バッパーズの数名の皆さんたちと吉祥寺のハモニカ横丁にて飲んだ。
そのとき、去る7月5日の House Rent Party にて、私はキーがAの曲を強引に西川文二さんに吹かせてしまった話になった。
確かに、管楽器と”Key of A” では、ウナギと梅干しの食い合わせの悪さくらいに嫌がられるものであろう。

で、今度は、そもそも♭系の管楽器が多いジャズ系のミュージシャンの方々との呑みの場で、あえて「”F”がちょっと苦手なんですよねぇ・・・」なんて言ってしまった私がバカだった。
怒涛の集中砲火である。

ブルース系の曲は、割とEやAが多かったりする。
これは開放弦を多用したウォーキングベースなどの影響があったりするのだろうか?
個人的には、管楽器のミュージシャンとの関わりがあまりなかったせいか、比較的そのへんのキーの問題は結構無知だったりする。
やはり、弾きやすさというよりは、ボーカルのベストの部分で曲のキーを決定することがほとんどであった。
極論で言うと、自分の最高音に合わせてキーを決めたりしていた。
正直、声の音域の幅があまりないので、ボーカルで調整というのは少々きついのである。

結果として”F”の曲がうまく歌と合致することがなくこの歳になった次第である。
”B♭”が意外と得意だったりするのは、上記の理由でもあったりする。

しかし・・・・そんな言い訳など通じるわけもなく、左右に陣取った牧さん、西川さんの両先輩より集中砲火を浴びることと相成ったわけである。


MOSKOW吉祥寺で呑んだ店は、ハモニカ横丁内の “MOSKOW“。つまり「モスクワ」ね。
最近外呑み(屋外呑み?)にやたらこだわる吾妻光良さんのリクエストによる。
実は3Fが屋上?らしいが、残念ながら1Fのカウンターで呑む。

もちろん、吉祥寺ではちょっとうるさい牧裕さんご紹介の店だ。


同じ袋に・・・。さて、ワインも3本消費したので、そろそろ帰宅の途に。

あああ、どちらが私ので、どちらが吾妻さんのかわからなくなってしまった。。。。。。。
(持つ人、西川さん)

そして、同じ方向に向かう電車に同乗した御大、牧さん。
先に降りられる牧さん、別れ際に・・・・・・
「”F”、しっかり勉強せえよっ!!」


はいっ!申し訳ございません!

実は黙ってましたが、E♭のほうがもっと苦手なんです・・・・・・・・。

Mr.Tatematsu7月5日の “House Rent Party” 、様々な方がやってきてくれた。
その中でも20年ぶりの再会を果たした立松裕之さんの発掘(?)は、なかなかのものであった。
ある手を使い、勤務先らしき職場を探し、6月の中旬にコンタクトをとることができたのである。
そして、当日は20数年ぶりのご対面となった。
彼とは “LINDY HOP” というバンドで2年弱くらいであろうか?一緒に演奏した仲である。

あ、そうそう、マクさん!”Gotta move on up” の小安田さんのバックは立松さんですよ。
(すいません、業務連絡でした)


で、その3日後のことである。
仕事で某社に顔を出すことになったのだが、
「う~ん!ここって立松の勤め先じゃなかったかなぁ???」

自分の社に戻り、ちょっと立松氏にメールを入れてみたら・・・・・・速攻で返信が。
「いとおさぁ~ん!! どっかにいた?もなにも、隣の部屋にいましたよ!!」

おおおっ!そ、そうだったか~!
すごいなぁ!20年以上もやり取りがなかったのに、再会の3日後にこんなことがあるなんて!

それから約2ヶ月。
立松氏の社の仕事が受注でき(変な裏の手は使っておりません)、昨日9月1日の作業と相成り私もちょいとお手伝いに行ってきたのである。
今回は事前に連絡を入れておいたので会うことが出来たわけだ。
まぁ、こんな珍しい機会も滅多にあるわけないので、業務終了後に2時間半ほど二人で昔話に花を咲かせ軽く一杯。
かつてのバンド時代には、それほど呑まなかった彼もいっぱしに(しつれい!)旨そうに日本酒を呑んでる。
うん、お互いいい歳ではあるのだが。
でも、懐かしい話をしてると、すっかり当時の気分で若いつもりになれるのはいいよね。


大松なかなかに呑み慣れてるようで、旨い店を教えてもらった。
神田駅、北方面のガード下の向かい側、「大松」というお店。

生簀にたくさん泳いでいる「いわし」が旨い。


いわし「おまかせ」のようなセットがあって、まずは「いわしのお造り」。
口をパクパクさせてる新鮮ないわし。

写真を撮る前に骨を持っていかれてしまったので「身」の写真だけに。
骨の部分は揚げて後から持ってきてくれる。
これを頭からバリバリ食べるのが、また旨い。


カウンター岩海苔がたくさん入った豆腐のおすましが、また絶妙!
「つみれ」の鍋も最高。

福井の「黒龍」がまた実に似合う。

最後はお店の紹介になってしまったわ・・・・・・・。
「大松」 千代田区鍛冶町2-10-7

立松さん、また呑みましょう。
あの界隈の呑み屋さん、ずいぶん詳しそうなんで期待してます。
それから、たまにはBLUESもねっ!

さて、本日より正式な夏季休暇である。

とは言いつつも、長女は友だちと遊びに行って、その後は夏期講習。
次女はお婆ちゃんと御岳山へ。
なんとも、孤独な夏休みである。
で、夜になって呑みに行ったりすればてきめんで怒られるのは間違いない。
それ以前に、先週さんざん飲んだので資金も不足気味。
仕事のメール見て、営業のM田氏と携帯で会話するなんざ、会社行ったほうが良かったのか?????


昨日、NG’sの同胞である tom斉藤さんから「7月5日のDVDが出来たよ」と連絡をいただいたので、今日は高円寺まで出かけて行ったのである。


夏はうなぎで精力つけよう!昼過ぎに高円寺駅で待ち合わせ。
とりあえず昼食である。

うな丼。
夏バテ、そして呑んで疲れた胃には「うなぎ」だ!

しまった!写真を撮りそこなった!
店の看板だけね。

Most Music 様事務所入口です。
斉藤さんの会社へお邪魔する。
JIROKICHI 徒歩1分の場所。
いい環境だ。

私がここにいたら、毎晩ライブ三昧、酒三昧だろうなぁ。。。。。
キケン、キケン・・・・・・。


このブログの管理者でもある斉藤さん。
以前にも書いたが、最近ブログエンジンをアップデートしてもらったら、ちょっと不具合があって困っていた。
結局、このブログを書くときだけ、ブラウザをIEからFirefox に変えることで、ちょっと解消された。
う~む、難しい世界じゃなぁ。


石黒さんが緩衝材も入れてくれました!なぜか、梨を貰って帰る。

冷えた梨は旨いよね!!ありがとうございました。


HouseRentParty 20090705さて、帰宅してDVDをちらりと見る。
明日も休みなんで、ゆっくり見るとするか。

もう少々時間がかかると思いますが、出演者の皆さんお楽しみに!

7月5日の “House Rent Party” から1ヶ月以上経過してしまった。
実は、お世話になった会場、中野の BRIGHT BROWN に、忘れ物を置いたままの状態になっていた。
あんまり長く置きっぱなしも申し訳ないと思いつつ、もうお盆の時期まで引っ張ってしまった。

一念発起して(そんな大げさな話ではないが)、忘れ物回収部隊としてお店に伺ったのは一昨日、8月13日のことである。(なんか昨日といい今日といい、2日遅れのブログとなっております)
この日は、毎週木曜恒例の “Blues Session Day” である。
入店して、ノートに名前を書けば誰でも1,2曲は演奏させてもらえる。
いつだったか、岡地曙裕さんと一緒に行って飛び入りで演奏させてもらったこともあった。


香港亭NG’sの同胞である tom斉藤さんと中野駅で19時待ち合わせ。
21時スタートなので、その前に「香港亭」にて軽く胃袋に入れて行こう。
150円の激安餃子は有名だが、この日はふかひれの醤油煮がナント500円。
生ビールも、290円(だったかな?)のご奉仕価格!

生ビール好きのくどーさん、来れば良かったのにぃ~。


Bright Brown Session DayBRIGHT BROWN も大繁盛。
お盆休みに旅行へ行けないブルース好きが大挙押し寄せた、って感じである。
それにしても・・・・・・・・。
やはり時代は変わって行くのねぇ。知ってる方はごく数名。でもカウンターで楽しく見させていただきやした!

ところで、この写真の一番右にいる方の楽器はいったい???
首からアンプとゲームボーイみたいな楽器をぶらさげて・・・・・・。謎。


斉藤さん、エフェクターボード持参するも、ちと雰囲気的に場違いなため急遽アンプ直結に。
でも、思いっきり爆音で弾いたため、進行役の谷やんに取り押さえられておりました。
この日の歌わせていただいた2曲。
1. I’m gonna move to the outskerts of town.
2. Serchin’ for a woman.

さて、本題の忘れ物回収。
加藤義明さんのシールド、岡地曙裕さんの鳴りモノ、私のチューナー、などなど無事に引き上げましたが、所有者不明物件が数点。
え~ここから業務連絡。下記の写真に見覚えがある方はご一報くださいまし。
ヨロシクです。。。。。


歌詞本歌詞本です。

最初、町田謙介さんのものではないかと言われていましたが違うもよう・・・・・。


シールド束ね?これはいったい?????

どうやら、シールドを束ねる機器のようです。

透明のほうは、ポップスタンドのようだが用途は同じ?


SUE~さん、みきさん、長々と忘れ物を置きっぱなしにしてすみませんでした。
物忘れの激しくなってきた年代の集いでしたので、多めに見てくださいね。

それから、今度NG’sのブッキングもお願いしま~す!!

追記

歌詞本の所有者、発見!!
阿佐ヶ谷の”SOUL玉”、ミスター矢野間でした~!

いつも東京出張の際に一緒に飲んだくれているマクヴァウティ大和氏。
その彼がバンマスを務める、大阪のジャンプ・バンド BOOGIE☆RAMBLERSが、「元祖マクヴァウティ」のウシャコダ藤井ヤク八さんと競演したのは、7月29日のこと。

いや~見たかったぁ~!
と言っても、平日の大阪とあっては、軽くちょっと行くかと言うわけにもいかず。

するとマイミクの くりぴょん☆さん の日記にステージの映像がアップされているではないか!
え~、よくコメントを入れていただく くりぴょん☆ さん(トランペット)と、らっぱぱ さん(テナーサックス) は BOOGIE☆RAMBLERSの社員さんでもあります。

大和さん、藤井さんにずっと背を向けていますが、これは対抗心でしょうか?
ぜひ、ご本人にコメントいただきたい。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

ラストに演奏されたと思われる「バンバケンジ」。
どうも私にはコーラスが「コヤスダケンジ!」としか聞こえない。
難聴か・・・・・・・・。
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

え~、何とか完結編です。

最後は脈絡もなく写真を大量にばら撒いてみました。


LBB個人的に、私が若いころにとても楽しい時間を過ごせてもらったバンドが、”Little Boy Blue”。
なんだか最後の頃は飲み友達が作ったバンドみたいになっちゃって、それもまた良かった。

仁ともう一度演奏したかったなぁ。

でも、立松さんを発掘できたのは仁のおかげ。


red_shio真っ赤な上下の早崎詩生さん。

どーしちゃったの?

「ロッカーです」と言ってたような・・・・。
たぶん聞き間違いでしょう。うん。


koyasuda & leo美女を横にはべらせて、たいへん満足げな笑みを浮かべる小安田さん。

堀池さんに声をかけてもらったり、実は縁の下の力持ち。


old video休憩時間には、若かりし頃のビデオを上映。まだ皆さん20代。

Chapels の1stライブや、京都磔磔でのGambler’s、再編成Little Boy Blue などなど。


okachi & yukawa岡地さん、歌って叫んで踊っていただきました。

この2週間前に三鷹のライブハウスでスカウト(?)した湯川さんもナント4ステージ出演登場!
バッパーズの新譜が売れまくってホクホク?だといいんですが。


yanoma & yocchanこれはこれは珍しいツーショット。

加藤よっちゃん & 矢野間健さん。

村八分 VS ソウル玉!


tom saito延々4時間ビデオをまわし続けていただきました。

ご苦労様ですっ!

tom 斉藤さん。
NG’sのスカイドッグでもあります。

本当はもう1台ビデオを持参していたのですが、フォーカスに不具合があり、残念ながら固定の1カメ撮影と相成りました。


stomach ache志賀さんのシャウトは驚異でした。

高垣さんのウエストも脅威でした。

小町さん、立松さん、スタイル変わらないのねぇ~。うらやましい・・・・・・。


09_oooooooh

<写真左>「姉ちゃん、姉ちゃん、店終わったら焼肉でもどう?」 <写真右>そして、小堀さんの微妙な表情・・・・・・・。


fumio & heijiくどーさんも指が溶けるほどシャッターを押しまくっていただきました。

あこがれの石川二三夫さんとツーショット。
・・・・・ながらも・・・・・・くどーさん、ちょっと表情のジャンルが違ってませんか?


audience客席には、楽しそうに食い入る、矢野間さん、町田さん、稲田さん。

後ろの方には、小安田さん、高垣さん、中川野獣さん・・・・・・・。

そして、左端にはSABUちゃんの顔がかすかに。


odorokiい、いったい何が起きたのっ!?

でも、オイリーさんは一生懸命歌い続けております。


after hours_1アフターアワーズ。
ついに、小堀誤さん登場!この瞬間を待っていた!!

井上大地さん・・・・・・・・・・・・・またベースかよぉぉぉぉ~。


after hours_2ふっふっふっ!
この日、初めてギターを触らせてもらった大地さん。

うぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・・・・・。またベースかよぉぉぉぉぉ~。(小堀誤さん→小堀正さん)


after hours_3この日はアフターアワーズのみに出演の tamarinda さん。
井上大地さんも満足気。

私も1曲だけバックで弾かせてもらいましたが、その頃には撮影隊は退散済み。。。。。。


tom & sabutom さんを説教している、SABUちゃんこと晴美姐さん。
「私のホームページ作ってよ~」と、ゴネているんでしょうか?

御殿場から大量のソーセージを持参していただいたが、一切れも食せず。残念・・・。

でもSABUちゃんが頑張ってくれたから、Yちゃんも奈良からやって来てくれたんだよ。
今回は、受付係という誰も出来そうにない役割を一手に引き受けてくれました。ありがとうっ!!!

audience終演後のひととき。
左から、大平さん、小町さん、小出さん、LEOさん、小安田さん。

実は写真がないのが残念ですが、アフターアワーズにて小出さんの鬼気迫る “Moon is rising” のバックで大平さんに神が降臨してしまいました!
最後の最後に、大平さんのすさまじいドラムが炸裂!!
残念ながら、これを目撃した方は10名くらいしかいませんでした。


ojisanおじさん、おじさん!

嫌がってるでしょ!

小出さん、こんなキャラが年相応にとても似合ってきました。


ladiesかしまし娘登場!

いや、違う?

キャンディーズ?

有り得ない・・・・・・・。

ごめんなさい。


lindy hop黒い3名。
元 Lindy Hop の3名で記念撮影。さて、リユニオンはあるのか!?

そういえば、この3名プラス松井仁さんで何回かスタジオ入ったよね。
ニューオリンズバンドをやろうとして、ついに実現できなかった。


okachi岡地さん、今回は後方支援で頑張っていただきました。
と言うか、忙しい中に一番いろんなことを考えてくれていたのがこの方です。
ありがとうございました。

一仕事終えて、旨そうに焼酎ロックを飲んでおります。


ito & leoLEOさんも公私共に大変お忙しい中、取り纏めや折衝、ありがとうございました。
そして、「はいっ!伊藤に!」と言って頂いたパックに入った西友のから揚げを、私は会場を走り回りながらも抱えて食させていただきました。重ね重ねありがとうございます。

なかなかお似合いのツーショットです。
今度はデュエットしてくださいね。

あ、もちろん小堀さんも一緒です。はい。

今回の “House Rent Party “、敢えて「Vol.1」としてみました。
2回目がいつあるのか?それとも1回きりなのか?それは不明です。
でも、皆さんいい歳してすっかり青春に逆戻り。
とても楽しい同窓会でした。

ここで、松井仁さんがベースを弾いていないことを除いては。

だけど、やっぱりたまにはやりましょう!
来てくれた皆さんの楽しそうな表情が、そう思わせてくれました。

次回は完全に一般告知して、熟年パワーを見せつけますか!
この日、会場にいらっしゃった50名近い皆さん、お疲れ様でした!
そして、本当にありがとうございました!!

さ~て、いよいよ最後の第6部。
しかし、6部構成のライブなんて、久しく見たことがないような気がする。
本当は、一つ一つのセットをもっともっと長くやってもらいたかったのだが、密室での長時間ライブは体に悪そう。
この日も、セットとセットの合間には「換気タイム」を設けたほどだ。
今度は、野外で半日がかりでやるのもいいかもしれないね。

そして「トリ」に登場するは、”LEO & THE CHAPELS with Friends“。
CHAPELSは80年代中ごろから活動を始め、松井仁さんが音楽活動をやめるころまで続いたバンド。
LEOさんはただ一人の仁くんの弟子、といったところだろうか。
元々、ピアノを弾くためにバンドに誘われ(初めて知ったのだが、オーティス・スパンをやらされたそうだ!)、いつの間にか、バーバラ・リン、アーマ・トーマス、そしてソウルの世界へ足を引っ張り込まれたLEOさん。
師匠も満足そうにこの日のライブを見守ってくれたに違いない。


Leoそれにしても、長い年月を経て、かなりオリジナルメンバーに近い布陣が集まったのは奇跡に近い!

この日のLEOさん、20年前と同じキーで挑戦。
声、出るかしら?と言いつつも、初っ端の ” I know” をバッチリきめてくれた。


chapelsオイリー堀池さん、本来はメインのセットを作らなければいけなかったのだが、急遽参加のためセットの余裕なし。申し訳ないです。
ちょっと毛色の変わった音楽に挑戦しているが、根底は深くブラックミュージックに根ざした男。
最近もヤフオクでジョン・リー・フッカーのLPを小安田氏と競い合った(もちろんお互いのIDは知らず)とか。

小堀正さん、今回はギタリストでの登場無し。

不満でしたでしょうか?


chapelsアングルの関係で、あまりナイスショットがないのが残念だが、今回の出演者の中ではひときわ高い喚声を浴びたドラムの大平幹久さん。
小堀さんとの往年の「ブルーヘブン」リズム隊は、古いファンにはたまらないプレゼント。

控えめな口調は昔同様だが、「今年はやりますよ」と一言。
おおおおおおっ!これは期待できる発言だっ!!


koboriベースの小堀正さん。

前日の深夜、突如として昔の仁君のビデオ映像を取り出し、フォームやらステップやらを入念にチェックしてきたという。

一瞬見せた「マッシュルームカットの仁でぇ~す」という宴会芸は、見事に空振ってしまった・・・・・・・。


isaトランペットの伊佐賢一さん。

元々は京都の “ギャンブラーズ” に所属。
上京後に、Chapels加入。

最初の Chapels には松井元さんや Dr.KyOn さんもいたんだよなぁ。


bunjiスウィンギン・バッパーズの西川文二さん。

この日、3ステージ目の熱演。
新著がベストセラーになることを、心から祈る!!


chichikubo トロンボーンの乳久保研志さん。

これまた大熱演!

その後ろには、いつも沈着冷静。
戸田龍一さん。


endoCHAPELS HORNS

ソロを吹く遠藤拓郎さん。
やはり、京都のギャンブラーズ出身。久しぶりにお会いしました。
ここ十数年、サックスは吹いてないそうだが、これを機会に復活するか!?


toda戸田龍一さんは、西新宿 WAREHOUSE の店長さん!
その昔、はじめてお会いしたときも新宿〇ィスクユニオンにお勤めでした。この業界長い!

やはり、久しく弾いていなかったというものの、ブランクを感じさせない。
しかも、あのステップは健在!
奥様、K子さんもご来場ありがとうございました。


leo oilyLEOさん、オイリーさん。

”Make me yours” に思わず涙腺が緩んでしまいました。

ちょっと暗くて見づらいのですが、このセットのピアノは井上みほ さんです。
根底にはブラックミュージックありき!?


leoleo

oohira大平さんのドラミングも大暴れ。

こちらも全くブランクを感じさせない!


tadashi負けじと小堀さんも大暴れ。

もうちょっと長いシールドが欲しかったぁ。


kotarouBright Brown の営業本部長、鈴木小太郎部長登場!

目指すは平成のシャウター!


ooh poo pah doo最後は私と岡地さんのリクエスト。

” Ooh Poo Pah Doo” にて大円団!!


tanamiこれにて4時間、6セットの大セッション大会は無事終了!

最後はこの催しの仕掛け人である田波庸夫さんに締めのご挨拶を。
「フィルモア最後の日」・・・とは、ちと違うか・・・・・。


さて、次回は「エピローグ」。

アフターアワーズの写真が少々あります。
その他、もろもろを最終回にお披露目いたしましょう。