カテゴリー「Blues after hours (ライブ後記の項)」への投稿

すみだ、ジャズと言えば炎天下フラフラなイメージですが、今年はちょいとばかり涼しげ。
っつうか、いつもに比べて、です。
まだ8月ですしねぇ。
そして今年も錦糸公園でたくさんの友人と遭遇しました(笑)
br clear=”left”/>

とりあえず今年の目玉は3つ。
まずはブルース・ザ・ブッチャー。日本ブルース界の大御所、永井ホトケ隆さん率います。
レギュラーゲストのうつみようこさんも。
スミマセン、実は初生観戦でした。

安心、安定のステージ。
そして余裕のステージング。
聴衆を一気に持っていきます。
さすが!




ブッチャーの終演時間と次の開演時間が同時、ということで、終わるちょっと前に抜け出してメインステージの吾妻光良&スウィンギンバッパーズへ(会場を脱出するところをステージ上の某Kotezに見られていました・・・)。
この日のオープニングでは先日インドネシア単身赴任のため、鳥和可で壮行会を行った松ぶー、こと渡部一氏がちょい吹き。

昨年は土砂降りでステージが押してしまい、なんと3曲(そのうち1曲はサウンドチェック用)で終わってしまいました。
そのリベンジです。
ギターも去年と同じWネック。
2曲の為に弦を18本替えた恨みでしょうか。



だからってまた「クリムゾンキングの宮殿」演らなくったて・・・(笑)

さすがもの凄い聴衆で、真ん中やや前方から観ましたが朝のラッシュアワー並。
私の年賀状に触発された「大人はワイン二本まで」をこの日も演奏。
前説で必ず出てくる『I君からの年賀状』の話題はわたしです(笑)



次の観戦までちょい時間があるので、バックステージで出演者の知人たちと旧交をあたためつつ、たばこ休憩など。

え~、これはN原嬢がFeacebookに載せてた写真を無断転載。
スマホカメラマンはF嬢です。


そして長見順ちゃん率いる「パンチの効いたオウケストラ」!

いやあ、こちらも圧巻でした!
最後はアバンギャルドなのかハードロックなのか分からない(笑)

このユニットも人数が多いので滅多に観れません。
この日は盆と正月がいっぺんに来たような騒ぎでございました。




最後は数人で居酒屋へ。
やはり「加賀屋」でしょう!(笑)
錦糸町加賀屋、初めて入りましたが結構きれいな店内。
もちろんスタミナ焼きから入りますっ!
そして後半は、ホッピーをチェイサー代わりに日本酒・・・。


奥の座敷でブッチャーの皆さん呑んでおられました。
トイレへ行かれる時に、我々のテーブルの横を通ります。

某KOTEZ氏「伊藤ちゃん、客席にいるのわかったよ!途中でいなくなったから、そろそろバッパーズが始まるんだなと思ったよ(爆)」

某ほーさんはトイレ行く前に横で5分くらい喋って(漏れますよ・・・)、戻ってきてまた5分くらい喋って。
第2立ち飲み場ではありません(笑)


THE NG’s、ついに還暦超え誕生!
ドラムの吉田尚人氏、めでたく赤いチャンチャンコの似合う60歳です。
彼の記念すべき誕生日にささやかなお祝いライブです。
平日のbump cityということもあり、こちらも本邦初のアコースティックNG’sであります。
生ギターもお店のをお借りしました、なんせ会社帰りですから(笑)

前日観たカーラ・トーマスに触発され、突然 Walkin’ The Dog も演ってみました。

ちょっとしょぼい感もありましたが、まぁ吉田選手も喜んでおられましたので良しとします!

吉田さん、長生きしろよ~!!




フォークソング同好会ではありません。



最後に千夏ちゃんの飛び入り。



最近、呑んだときの記憶が著しく劣化している主役。



2018年8月1日
LIVE AT bump city (大久保)
THE NG’S
伊藤正純(vcl, gtr)、tom斉藤 (gtr)、室町規公人 (kbd)、大江公一 (bass)、吉田尚人 (perc)

1.Born Under A Bad Sign
2.Hoochie Coochie Man
3.Two Steps From The Blues.
4.Walkin’ The Dog
5.When A Man Loves A Woman. (with Chinatsu)






カーラ・トーマス、30年ぶりの来日です。
ビルボードのキャッチコピーには「50年ほど前の在日米軍基地公演を除く日本での初公演となる」などといい加減なことが書いてありますが、30年前にダディのルーファース・トーマスと来ております。っつうか私、観てますし。



今回は妹のヴァニースも帯同、なかなかにパワフルな歌!
そして、メンフィスサウンドの立役者ホッジス兄弟も!ドラムは現MG’sのスティーブ・ポッツだ。
白人のギタリスト、スコット・シャラードは意外な拾い物じゃないか!と思ったら、グレッグ・オールマン・バンドの方でした。。。



30年前と比べて胴回りは倍ありましたが、やっぱりかわいい(笑)

最後はダディのWalkin’ The Dog で大団円。
あらためて、親父ルーファースの偉大さを思い知らされた夜でした。


カーラ・トーマス / Carla Thomas(Vocals)
バニーズ・トーマス / Vaneese Thomas(Vocals)
チャールズ・ホッジズ / Charles Hodges(Hammond B-3 Organ, Keyboards)
リロイ・ホッジズ / Leroy Hodges(Bass)
ベルネタ・マイルズ / Berneta Miles(Background Vocals)
アージー・ファイン・マーティン / Argie Phine Martin(Background Vocals)
ルイス・バジェ / Luis Valle(Trumpet)
アンディー・ウルフ / Andy Wulf(Saxophone)
スコット・シャラルド / Scott Sharrard(Guitar)
スティーブ・ポッツ / Steve Potts(Drums)

ネットで勝手にいただいたセットリストです(スミマセン・・・)。
1. Instrumental
—Vaneese Thomas—
2. Mystified
3. Corner of Heartache and Pain
4. Saturday Night on the River
—Carla Thomas—
5. Lovey Dovey
6. I’ve Got No Time To Lose
7. I Like What You’re Doing (To Me)
8. Little Red Rooster〜The Blues Is Alright
9. B-A-B-Y
—Carla & Vaneese Thomas—
10. Wrong Turn
11. Night Time Is the Right Time
12. Walking the Dog








THE NG’s 久々のライブであります。
今回はベース大江選手の大学時代のサークルのOBライブ参戦。
しかも、10数代下の皆さまの取り仕切りのライブ。
ということで、我々はアウェイ。思いっきりアウェイ。
ヘビメタオンパレードなので、我々は最初の出番。
逆リハなので、ゆっくり来て、そのまま1発目演奏~退散~昼のみ。
っつう算段です。
行きの電車ではもちろん「小岩 昼のみ」でスマホ検索。
ふふふ、今日はたくさん呑めるわい。

会場は小岩のオルフェウス。
3年ぶりです。

2015年9月のブログ




ステージは広いですな。

NG’s向きです。
当然ワイヤレスです。

が、アウェイです(笑)



この日のギターはES335、1977年のワインレッド。

ディマジオ入れ替え済みの爆音仕様。



今回は大江選手の神通力も失せたようで、当時のサークル仲間も一人だけしか来ないという・・・

アウェイで心は小岩の居酒屋へ・・・




そして、なんとこの生き生きした皆さま。
いいねいいね、昼間っから呑める店があるなんて。
看板に偽りなし!
この時まだ17時前。

そして、この後なぜか湯島の沖縄居酒屋へ行き、翌日は大崎駅の忘れ物保管所でギター確保という。。。







金曜の夜、荻窪ルースターへライブ観戦。
この日の取り纏めはドラマーさんらしいです(笑)

石川二三夫(vcl,hrp)、小野アイカ(vcl,gtr)、江口弘史(bass)、岡地曙裕(drm)

鉄壁ですね!




ゲストは凄腕のギタリスト、牧野元昭さん。

アメリカへ戻る戻ると言われつつ、まだ居た(笑)

アイカちゃんの師匠でもあります。



最後は恒例記念撮影。
を、撮るカメラマンを記念撮影、で終了。

物凄いインタープレイの連続でありました!!

今年2回目のR-50 BLUES PROJECT。
さて、この日は6月9日、ロックの日っつうやつですが私には全く関係ない。
もうひとつ、これも縁が無さそうなリーダー佐藤浩人の61回目のバースデー!
そして、今回初の管がゲストに。
と言うことで、私の選曲は全てB♭(笑)



還暦越えて一年経ちました。
まだまだ立派なサラリーマンです。

しかし、このバンドには古稀に手が届きそうな、妖怪ドラマーもいらっしゃいます。



総勢7名、人口密度が驚異的です。 
が、まだ朝の山手線にほどではありません。

そして事件は起きました。
一通り完奏でアンコー、がセクスィー高村氏の顔が蒼白!
大変や!




そして急遽、お客様で来ていたローラーコースターの小町正明さんに突然のトラ依頼!この人、つい最近まで入院しておりました!




アンコールは先日鬼籍に入られた津山尚久
さんを偲んでCALDONIA、がベースソロ回した瞬間に音が出ない!

新品のベースアンプ、最初のライフで小町正明ベーアン弾きつぶす潰すの巻。



こちら、第一部の「大江戸SKYDOGS」。

この日はキーボードレスでしたが熱演でありました。

またご一緒しましょう!



2018年6月9日
LIVE AT Cub (北千住)
Open:19:00 / Start:20:00
M.C.:¥1,500 + Order

“セクスィー高村 & R-50 BLUES PROJECT”
伊藤正純(vcl, gtr)、佐藤浩人(vcl, gtr)、堀田俊一(vcl, gtr)、NICK澤野(vcl,hrp)、高村”セクスィー”和俊(bs)、マディフェイス大橋(ds)
Guest 林田浩一 (t.sax)
Special Thanks 小町正明 (bass : encore)

C/W : 1st. 大江戸SKYDOGS


1.The Leading Brand (Inst.)
2.One More Mile (Sawano)
3.24 Hours (Sawano)
4.It’s Too Late Brother (Sawano)
5.Driving Wheel (Hotta)
6.Person To Person (Ito)
7.Hold It Right There (Ito)
8.How Blue Can You Get (Ito)

encore
Calconia (Ito) special thahnks 小町正明 (bass. from Roller Coaste)




一度だけ演らせて頂いた新橋の”ZZ”は、今年の4月で閉店してしまったのでありました。
もちろん取り仕切っていたのは、日本ロック界影の首領(笑)ダディ竹千代氏
言わずと知れた「おとぼけキャッツ」のリーダーであります。
閉店に関しては、ライブハウスでは有りがちな騒音の問題とかいろいろあったようです。

そして、閉店に際してちゃんと次を考えていたのでありました。
二子多摩川に GEMINI Theater としてリニューアルしたのです。




私、実は4歳くらいまで世田谷の若林に住んでおりました。
はい、玉電です。

が、二子玉川、初の下車か!!



ZZの何倍だ?

ステージ素晴らしい!
照明もすげえ!

なんとピアノはスタインウェイ!!!



そしてローラーコースター、フルメンバー。

終演後は当然ながら、まだ禁酒中のK町氏をいじって帰ります(笑)