カテゴリー「Blues’n Soul (ブルージーな仲間たちの項)」への投稿




金曜の夜、神田でチラッと一杯やってからの下北沢。
W.C.カラス@下北沢ラウン、である。

第2部からの観戦。
告知なしゲストでWILD CHILLEN、アンジ―のベーシスト、岡本雅彦さん。ジャンベに永原元さん。
永原さんは一度観たかったのでラッキー。

ジャンベと見たら砂川正和さんを思い出してしまった。。。
永原さんの、すげー良かったです。



終了後、ラウンの吉田マスター夫妻も一緒に記念撮影。

来月はラウンで恒例のブルースナイト!
宜しくお願いしま~す!

今年も開催『野獣の会』。
秘密結社ですので、とりあえず私の写真だけ。
特に説明も書きませんので悪しからずm(._.)m



















週の始まり月曜ですが、久しぶりに旧友である超絶歌手、矢野間健氏のお店「SOUL玉」へライブ観戦。
この日は月に一度の “MONDAY BLUES TRIO”であります。
前回観たのは去年の12月だったかな?
物忘れの激しい今日この頃であります。




Kotez (vcl, hrp)
Rie “Miss Lee” Kanehira (vcl, pf)
わたなべさとし (vcl, drm)




終演後の記念撮影。

おおっと!ザ・グレート・カブキ夫妻!!

おおおおお!コマンド・ボリショイさんも!!



ボリショイさん、ちっちゃくて可愛いですね(笑)

腕、ムキムキですが。。。



そして、久々の「イトウハイ」(烏龍茶の少ないウーロンハイ=「オカチハイ」と同義語 笑)たっぷり呑んで、Kotezちゃんと終電コース。

うわ!まだ月曜じゃんかよぉ~。






すみだ、ジャズと言えば炎天下フラフラなイメージですが、今年はちょいとばかり涼しげ。
っつうか、いつもに比べて、です。
まだ8月ですしねぇ。
そして今年も錦糸公園でたくさんの友人と遭遇しました(笑)
br clear=”left”/>

とりあえず今年の目玉は3つ。
まずはブルース・ザ・ブッチャー。日本ブルース界の大御所、永井ホトケ隆さん率います。
レギュラーゲストのうつみようこさんも。
スミマセン、実は初生観戦でした。

安心、安定のステージ。
そして余裕のステージング。
聴衆を一気に持っていきます。
さすが!




ブッチャーの終演時間と次の開演時間が同時、ということで、終わるちょっと前に抜け出してメインステージの吾妻光良&スウィンギンバッパーズへ(会場を脱出するところをステージ上の某Kotezに見られていました・・・)。
この日のオープニングでは先日インドネシア単身赴任のため、鳥和可で壮行会を行った松ぶー、こと渡部一氏がちょい吹き。

昨年は土砂降りでステージが押してしまい、なんと3曲(そのうち1曲はサウンドチェック用)で終わってしまいました。
そのリベンジです。
ギターも去年と同じWネック。
2曲の為に弦を18本替えた恨みでしょうか。



だからってまた「クリムゾンキングの宮殿」演らなくったて・・・(笑)

さすがもの凄い聴衆で、真ん中やや前方から観ましたが朝のラッシュアワー並。
私の年賀状に触発された「大人はワイン二本まで」をこの日も演奏。
前説で必ず出てくる『I君からの年賀状』の話題はわたしです(笑)



次の観戦までちょい時間があるので、バックステージで出演者の知人たちと旧交をあたためつつ、たばこ休憩など。

え~、これはN原嬢がFeacebookに載せてた写真を無断転載。
スマホカメラマンはF嬢です。


そして長見順ちゃん率いる「パンチの効いたオウケストラ」!

いやあ、こちらも圧巻でした!
最後はアバンギャルドなのかハードロックなのか分からない(笑)

このユニットも人数が多いので滅多に観れません。
この日は盆と正月がいっぺんに来たような騒ぎでございました。




最後は数人で居酒屋へ。
やはり「加賀屋」でしょう!(笑)
錦糸町加賀屋、初めて入りましたが結構きれいな店内。
もちろんスタミナ焼きから入りますっ!
そして後半は、ホッピーをチェイサー代わりに日本酒・・・。


奥の座敷でブッチャーの皆さん呑んでおられました。
トイレへ行かれる時に、我々のテーブルの横を通ります。

某KOTEZ氏「伊藤ちゃん、客席にいるのわかったよ!途中でいなくなったから、そろそろバッパーズが始まるんだなと思ったよ(爆)」

某ほーさんはトイレ行く前に横で5分くらい喋って(漏れますよ・・・)、戻ってきてまた5分くらい喋って。
第2立ち飲み場ではありません(笑)


我がニューオリンズバンド、DEW DROPPERS 結成前の話。
伊藤「今度ニューオリンズバンドやるから、管さがしておくれよ」
松ぶ「よし!わかったあ!!」
と言って、バリサクのバリ伊藤氏を連れてきてくれバンドスタートの頃
松ぶ「あかんねん!大阪転勤や!!」

ということで、幻の創立メンバーとなってしまった「松ぶー」こと現「渡ぶー」渡部一氏。

やっと東京に戻ってきて、この春にライブをやったのもつかの間
松ぶ「わし、海外赴任になってもうたぁ!!」

なんて忙しい男であろうか・・・
還暦まであと2年でインドネシアである。




ということで、壮行会を毎度おなじみ、日本橋の鳥和可で決行。

ただでさえ熱帯夜の毎日なのに、この暑苦しいメンバー。
そして、主役はほとんど立ちっぱなしで喋る喋る喋る(笑)

インドネシアはジャズ熱も高く、日本人プレイヤーも多いとのこと。
南国の地でも活躍してくれ~!
元気でねー!!


【おまけ】
壮行プレゼントは、昭和プロレスファンの松ぶーのために、前日グレート・カブキさんの直筆サインをもらった「カブキTシャツ」。

カブキ「『夢』って書く?『根性』って書く?」
いとう「そりゃあカブキさん、『根性』ですよ!(笑)」

ある夏の夜の鳥和可。
なんだかレジェンドな夜。

11月10日。

荻窪ルースター、乞うご期待!!!




NG’sの室町選手も飛び入り写真撮影っ!


金曜の夜、荻窪ルースターへライブ観戦。
この日の取り纏めはドラマーさんらしいです(笑)

石川二三夫(vcl,hrp)、小野アイカ(vcl,gtr)、江口弘史(bass)、岡地曙裕(drm)

鉄壁ですね!




ゲストは凄腕のギタリスト、牧野元昭さん。

アメリカへ戻る戻ると言われつつ、まだ居た(笑)

アイカちゃんの師匠でもあります。



最後は恒例記念撮影。
を、撮るカメラマンを記念撮影、で終了。

物凄いインタープレイの連続でありました!!