カテゴリー「闘魂!(プロレスの項)」への投稿

週の始まり月曜ですが、久しぶりに旧友である超絶歌手、矢野間健氏のお店「SOUL玉」へライブ観戦。
この日は月に一度の “MONDAY BLUES TRIO”であります。
前回観たのは去年の12月だったかな?
物忘れの激しい今日この頃であります。




Kotez (vcl, hrp)
Rie “Miss Lee” Kanehira (vcl, pf)
わたなべさとし (vcl, drm)




終演後の記念撮影。

おおっと!ザ・グレート・カブキ夫妻!!

おおおおお!コマンド・ボリショイさんも!!



ボリショイさん、ちっちゃくて可愛いですね(笑)

腕、ムキムキですが。。。



そして、久々の「イトウハイ」(烏龍茶の少ないウーロンハイ=「オカチハイ」と同義語 笑)たっぷり呑んで、Kotezちゃんと終電コース。

うわ!まだ月曜じゃんかよぉ~。






10
4月

恒例、奉納プロレス (04/08/2018)

   Posted by: Masazumi Ito   in 闘魂!(プロレスの項)




今年も恒例、花見プロレス!



キャー!
TARUさん。かっこいいー!!



KAMIKAZEの兄貴も、恒例のトイレ上からのラ・ケブラーダ!!



年々、女子率が高くなってます。



こちらもお約束の場外乱闘。

来年も楽しみね。


当ブログにも度々登場する、往年のスターレスラー、ザ・グレート・カブキさん。
実は、ちょっと前に「今オファーを頂いている試合を最後に、あとは試合を受けない」との話を聞いていました。
そして、先日「東京界隈はあと3試合」との連絡が!
日程等の絡みもあり、10月27日の後楽園ホールへ観戦することになりました。



試合に先立つ2日前に、チケットを頂くのを口実に(笑)、カブキさんの店へ。

このボトルはハモニカのKOTEZっちゃんのですが、本人いませんがグビグビ(笑)

ちゃんと呑んだ分を補充すればOKなのだそうです!
あ、もちろん知らない人はダメよ。



さて、当日です。
「ドラディション」とは藤波辰巳選手、いや藤波辰爾選手が立ち上げた団体。
どうも1980年代までの「辰巳」のほうがしっくりするなぁ。
で、その「ドラディション」とは『ドラゴン』と『トラディション』を組み合わせた団体名なのですね。

私のような昭和プロレスファンとしては、溜飲が下がる当日のマッチメーク。
以下・・・

メインイベント スペシャル6人タッグマッチ 60分1本勝負
 藤波辰爾 ミル・マスカラス 武藤敬司 VS ザ・グレート・カブキ 新崎人生 KAZMA SAKAMOTO
セミファイナル タッグマッチ 45分1本勝負
 藤原喜明 越中詩郎 VS ヒロ斉藤 長井満也
第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負
 大谷晋二郎 高岩竜一 VS AKIRA スペル・デルフィン
第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
 浜亮太 LEONA VS スーパー・タイガー 将軍岡本
第1試合 タッグマッチ 20分1本勝負  
 田村和宏 蓮見隆太 VS 三州ツバ吉 倉島信行

ミ、ミル・マスカラスですよっ!!
私が初めて動くマスカラスを観たのは、1971年の2月だと思います。
そう!初来日のマスカラス。
金曜夜8時からの日本プロレス中継です!(もちろん生中継!)
たぶん、その2年くらい前からプロレス雑誌「ゴング」で毎月活躍が紹介されていて、当時の「まだ見ぬ強豪」ナンバーワンでしたね。
その頃はロスを主戦場にしていたはずですが、ちなみにちょうどアメリカ武者修行中のグレート小鹿さんと抗争してたはずですが、鳴り物入りで帰国した小鹿さんは小悪党でイマイチだった記憶があります(笑)
(上田馬之助さんも、帰国したときはパッとしなかったなぁ~ 汗)



思い出話が長くてすみませんが、マスカラスの2度目の来日、1971年のサマーミステリーシリーズで私は生観戦してます(写真:左上)
今は亡き田園コロシアムでメインはジャイアント馬場VSフリッツ・フォン・エリックのインターナショナル選手権(当初、初来日のザ・シークが登場するはずだったが、ドタキャンで鉄の爪エリック登場!!)。
マスカラスは日本デビュー戦と同じ星野勘太郎選手とセミファイナルの前あたりの試合だったような気がします。
ちなみにちなみに、翌年の夏だったような気がしますが、後楽園ホールでマスカラスとエル・ソリタリオのタッグも生観戦している私です!(写真:左中)

上記チケット写真の説明をしちゃうと、左下は馬場さん猪木さんがいなくなり、坂口征二さんがトップだった時の日本プロレス。
この田園コロシアムでザ・シーク初来日。で、メインで坂口さんとUNタイトル戦も、3分で火吹いてシークが勝っちゃった試合(笑)
右上の写真はそのちょっと前、まだ馬場さんがいました。
場所は地元に近い保谷!会場はスポーツセンターとありますが、野球場かな?野外でした。
ここでマスカラス選手にサインをもらった~!!
で、馬場さんにサイン断られ、そこから完全に猪木派となった私!「ファンは大切にしましょうね」という素晴らしい教訓であります。
右下は日本プロレス最後のシリーズのチケット。もう坂口さんも新日本へ移ってしまいました。
エースは大木金太郎選手。二番手が高千穂明久選手、っつうか今のグレート・カブキさんです!!
なにせ崩壊寸前のシリーズでしたから、日本選手も少ない、ので、大木選手のツテで韓国選手がたくさん出てました。
でも、エリックは凄かったなぁ~(大ファンでした)

すみません、プロレスの話が始まるとついつい長くなってしまいます・・・



入り口には、なんと等身大の藤波選手とマスカラス選手の写真が!

みんな記念撮影してました!




メインにカブキさん登場ですっ!

ちなみに試合後の打ち上げにみんなで参加したのですが、カブキさん曰く「そういえば、今日オレ、マスカラスにさわってないわ」(爆)




マスカラス!最後は飛びましたよ!
コーナーポストからのフライングボディアタックでフィニッシュ!

すごい75歳!!


最後に、初代タイガーマスクの佐山サトルさんも花束持って登場!
昭和プロレスファンにとって、涙ちょちょ切れる一夜でありました。


おまけ

下記のサイトにプロレス観戦ツアーの我々がバッチリ写ってました(笑)
探してみてちょ~!!

【プロレスTODAY 2017年10月28日の記事】


9月30日はボーイズバラエティ協会主催の「スペシャル寄席」。
浅草東洋館は9年半ぶりに訪れたのでありました!

2008年3月22日のブログ

つ、つうことは、前回来たのは40代(笑)

今回の目的は、学生時代の先輩であるグレート義太夫さんのギター漫談。
そして、おとぼけキャッツのギタリストだったキー坊金太さんの、めおと楽団ジキジキ

他にも多彩な出演者。
基本的に15分1ステージなので、全く飽きが来ない。
というか、物足りなさも少々あったり。

さすが昼の部なのでお客様の入りは少々さびしいものの、ステージは熱い!
見習わなきゃ(笑)

夕方からリハだったので、ギター持参。
邪魔になるよなぁ、と思い軽めのソリッドギターにした。

が・・・・・
入場したら「あ、大きな荷物は預かりますよ!」
な、な、なんだ、嬉しい!
じゃ、ちゃんとセミアコ持って来れば良かった~

浅草は優しいねぇ~!!




アルコール以外は持込OK。
(ビール自販機はあり)

次回はコンビニじゃなくて、違う店で食い物を調達するぞう~!



この日の出演者、一部ですが。

私も終演後、速攻でリハスタジオへ行かねばならなかったので、義太夫先輩とは残念ながらお会いできず。
良く考えたら、35年以上会ってないかも(笑)

次回は余裕をもって観に行きます。



浅草東洋館は、元々は「浅草フランス座」が前身。

まあ、すごい歴史です!!



おまけ!

こんなポスターも。

いや、ちょっと食指が(笑)

以前から伺いたいと常々思っていた千歳烏山のTUBO
西武池袋線住人としては、京王線の千歳烏山は意外に遠いのである。
そう、東京の交通網(電車)は殆どが東西のライン。
南北を結ぶのは武蔵野線くらいだからである(しかも秋津駅乗換が相当不便)。

TUBOのマスターご夫妻は、何回かプロレス会場でご一緒している。
そうそう、天龍引退興行の時、奥様は見事に酔いつぶれて、すっかりメインイベントを見れずに爆睡しておられましたな(笑)

先日の「東京タワープロレス」の時、プロレス同好会のヨシエ姉御から「今度、岡林選手がTUBOに来るのよね」との情報を得たわけだ。

岡林裕二選手は大日本プロレスの代表選手の一人である。
過去2回ほど、宴席を共にして頂いたが、若いのにとても勉強熱心なストロングスタイルの鏡のような選手である。




初TUBO。

店内は落ち着いて広々した感じ。

トイレも広く、住めそうなくらい(笑)




メニューには無いが、「おつまみセット」なるものがある。
こ、これは素晴らしい!
いろんなものをちょっとずつ食べられる幸せ。
作る方は手間暇かかりますよね。




岡林選手登場で恒例の記念撮影。

やはりトレードマークの「ピッサリ」ポーズでパチリ!




プロジェクターで新日本プロレス、テレ朝の「ワールドプロレスリング」鑑賞会に!
ん~!田園コロシアムのアンドレVSハンセン、何回観ても素晴らしいっ!!

し、しかし、岡林選手の背中、広すぎ!!!

TUBO、またぜひ伺いたい!


この日は、プロレス観戦~ライブ観戦のダブルヘッダーでありました。




プロレスリング・ゼロワン主催、年に一度の恒例「東京タワープロレス」。
初の東京タワープロレス観戦記はこちら → 2012年11月22日のブログ




第1試合から田中将斗選手登場!
対するは、すっかり「ツッパリ」キャラが馴染んできた横山佳和選手。
まぁ、結果は予想通り。。。

この二人、ツイッターでのやり取りが漫才並みに面白いです。




TARU選手登場!
わたし、大ファンです。
大サービスの場外乱闘は、お客様にケガをさせないギリギリの展開が素晴らしい。

今回も「お気を付け下さい!お客様、お気を付け下さい!東京タワー、お気を付け下さい!」の定番アナウンスが(笑)



ちょっと遠いですが、観光バスの中に勝手に入り込んでの乱闘です。
ちゃんと窓開けてくれます(笑)

そして「観光バス、お気を付け下さいっ!!」(爆)



大谷晋二郎選手の顔面ウォッシュ、こちらも定番!
ところで「晴れ男」の異名をもつ大谷選手ですが、最近雨模様の日が多い・・・。
この日も土砂降りとまではいきませんが、雨がポツポツと。
が、試合後「あ~!よかったぁ~!雨が降らなくてぇ~」。
パートナーの小幡選手がポロリと「大谷さん、雨ふってますよ・・・」(爆)



17時終了、そして我々は荻窪ルースターへ向かうのでありました!
この日は「ルースター20周年」興行!
なんと、ジョッキが1杯20円!
但し、20リットル限定。
ん?
ルースターのキャパ考えると、一人1杯くらいしか回らないやんけ!



荻窪ルースター20周年記念BLUES NIGHT
■TAKE-WOO(vo.g) 磯崎寛二(g) Hamayan(key) 田村奈津子(b) 滑川栄(ds)
■小安田憲司(vo.g) 吾妻光良(vo.g) 江口弘史(b) 石田一郎(ds)
■石川二三夫(vo.hrm) 小出斉(vo.g) 田村奈津子(b) 石田一郎(ds)




ここから先は、プロレスツアーから同行のFUJIYAMA先生の写真です。

トップバッターは阿佐ヶ谷バレルハウスの店主TAKE-WOO率いるセッション。
彼は元々ルースターの従業員でありました。

出演者なのに20円ビールをガバガバ呑んでいたのは減点(笑)



続いては SUN ALLEYマイナス1 with 吾妻光良。

伊藤「吾妻さん、先週のルースターの帰り、気づいたら高尾駅だったよ。漫画喫茶泊まった(涙)」
吾妻「わははははは!」(バカ受け)



閑話休題

プロレス3兄弟(笑)



そして第3部は石川二三夫&小出斉の2トップ!!

二三夫ちゃん、いつも全力疾走!



小出さんの客席訪問。

グラスではなく、一升瓶登場。



ビニール傘のスライドギターも、なかなかなもんです(笑)


最後は珍しく演奏前からホロ酔いの小安田さん入っての大団円。

翌日の、会津での野外イベントが台風で中止になるのかどうか心配な吾妻さんは、中途でドロンされましたとさ。


13
8月

8月のライブですっ。

   Posted by: Masazumi Ito   in Live Schedule, 闘魂!(プロレスの項)

早いもんで、昨年の入院騒ぎからあっという間に1年です。
人間、強いもんで、すっかりアルコール漬けの毎日に戻り、タバコもスパスパ。
入院中、タバコは1か月やめてたんで、本当はそのままやめれてれば良かったんですがね。
まぁ仕事等々のストレスはタバコで助けられてるし、呑んだらツマミはタバコだし。
ってなことで、まぁ残りの人生(笑)を有意義に過ごす毎日であります。




そういえば、先月は人生初の大日本プロレス観戦。
大日って以前は「ああ、蛍光灯デスマッチね」くらいにしか思ってなかったけど、最近周りでは大日の話題騒然。
いやぁ、良かったです!ちょっとクセになりそうかな(笑)
今回も総勢10数名の「ブルース・プロレス同好会」の皆さんとの観戦。

その打ち上げ会場、両国の焼トン店で岡林裕二選手も乱入の図!!
迫力の胸板の厚み!強力な腕回りの筋肉!!
二人で岡林選手お得意の「ピッサリ!!」ポーズ。




今月の8月6日、SWINGIN’ BOPPERSを川崎のクラブチッタで観てきました。
HOT RIVER RECORDSの主催する『座って見よう、バッパーズ!!』シリーズ最終回とのことでしたが、
う~む、ちと高額なチケットやなぁ、などと躊躇していましたら、知人の「北千住の悪魔」ことMさんから
「急に行けなくなったので」との連絡で急遽譲って頂いた次第。
ありがとうございます、もう二度と「悪魔」なんて言いません。たぶんウソですが(笑)



そういえばクラブチッタ行ったのなんて、1991年のオーティス・クレイ以来かと思われます。
まあなんと、四半世紀超えてますね。
今更ながら、年月の過ぎ去る速度の速いこと速いこと。

で、本題は自分のライブ宣伝でありました。
8月は1本です。
無謀にも平日決行です。
今回はいつもお世話になってる、東京ブルース界の老舗”中野ブライトブラウン”で初のミニ編成です。
というと、R-50 BLUES PROJECTの別動隊”R-50 Small BLUES PROJECT”かと思われがちですが
(いや、思われるほど有名ではありませんが)、今回はハープのNICK澤野が逃げまして、ギターの堀田俊一が参加。
その名も”R-50 GUITAR TRIO”。




ギタートリオなっていうと、どうしてもこんなの想像しちゃいますよね。

「若者たち」は演らないと思いますが。

でも、三人で一斉にウォーキングベースというのも、おぞましいものがあるかと思われます。



中野 BRIGHT BROWN
8月22日の火曜、20時スタートです。
対バンはRADATAP DUOのお二人。

え~、ちなみにお客様の入りが悪いと、たくさん呑んでお店に貢献しなければなりません。
しかも翌日は仕事です。
そ、それはピンチです!
あ、ゲストにミスターXとありますが、これはビル・ミラーではありません。
当日のお楽しみということで。

それでは皆々様、宜しくお願い申し上げます~!

追記:あれ?フライヤーのRADATAPのスペル間違ってるわ。ちなみに作成者はRADATAPの坪井さん



8月18日追記

ミスターXの正体判明!
ミスターXではなく、ミスターREDでしたっ!
いや、会社帰りなので、ただのオッサン鍵盤弾きかもしれませんが・・・


Page 1 of 512345