カテゴリー「Dew Droppers」への投稿

1年とちょっと振り、Berry伊藤 & DEW DROPPERSの荻窪公演は、今回も大盛況で幕を閉じました。

ご来場の皆様、本当にありがとうございます。
心より御礼申し上げます。

当日は、あちこちでブルース関係のライブがありましたが、ルースターがたくさんのお客様で賑わい、とても嬉しい一夜でした。

今回もいろんな出来事がありました!
あ~、楽しかったぁ~(笑)



最近はルースター本店の店長である重ちゃんが、その才能を生かしてフライヤーをせっせと作ってくれます。
今回は久々に自分で作りましたが今度からお願いしようかな?
私よりはぜったいに出来が良いはずだよな~

以前にも書きましたが、ロゴデザインは町田謙介氏、写真はFujiyama Hiroko氏、バンド命名は吾妻光良氏、というある意味豪華バンドでもあります(笑)




リハ風景です。

今回は通称”ヤマちゃん”という秘密兵器がありますので、リハは入念に(笑)。




さてリハが終わって・・・腹が減っては戦は出来ないっ!
ルースター徒歩1分の満州餃子であります。

あっ!
歌い手はステージ前に餃子が食べれないのでございます・・・(-_-;)
ちなみにLEOさんは、見かけによらずアルコールも寄せ付けないのでルースターでお留守番です。
ちなみに満州餃子さんの本店は所沢であります。
あ、本編とは全く関係ありませんでした。




20時、本番スタートです。
おや?4名だけのようですね~
おや?どこからともなくギターの音がっ
おや?ど、どこですかっ?

どこ?どこ?どこから来るのか黄金バァ~ット!
すいません、古すぎました。。。



じゃーん!
ルースターの入り口ドアが開いて、ベリー伊藤登場っ!!
事前にギターを階段下に隠し、演奏が始まる直前にドアの向こうで待機しておりました(笑)

これは吾妻光良氏考案による「ヤマちゃんスタイル」という登場方法でありまして、昨年11月のSWINGIN’ BOPPERSビルボードTOKYO公演にて確立されたものです。

実はわたくし、1992年吉祥寺の「のろ」で初めてワイヤレスシステムを使いましたので、日本ブルース界ではワイヤレスの先駆者かもしれません。



キンピカ、キラキラでございます!

1年前のルースター公演の時は銀ピカでしたが、実はたいへん廉価な衣装でしたので金色のものも併せて購入しておりました(汗)

さらにレイバンのサングラスもかけての登場という、成金趣味(?)で今回は攻めてみました。

しかし・・・
じつはかなり恥ずかしいのであります。




さてここにもう一人、恥ずかしいだろうと思われる方が(笑)

小町正明である。

数十年、ステージ衣装といえばアロハかTシャツしか着なかった男。
このバンドではそれを許しませんっ!

昨年に続き、遅れてきたコミューン生活者!現代のヒッピームーブメント!そんな風情のこの格好。

あきらかに女性用である(笑)




おお!
やはりこの感じはモノクロ写真がバッチリ似合う!

最近は、仕事場近くの接骨院の日替わり立て看板を毎日FACEBOOKにてレポートする男。
(もう、ライフワークのようになっています。。。)

バリー伊藤、こと伊藤雅之であります。




そして5曲目、ついにLEO登場!!

最近、また「ツチノコ」になって来ていますが、すんばらしいボーカリストです!
リハは繊細、本番は横暴!

いや、ちょっと表現が間違ってますね(^_^;)

思い切りの良さは惚れ惚れしちゃいます(笑)




これはいったい???

バリーさんの嬉しそうな表情。

ちょっとオペラもどきのポーズですが、新手の奏法でしょうか???

あ、吹いてませんでした(汗)




この写真も絵になってますね。

絵になる焼き鳥メイカー!若山光一郎!!
ステージでは焼き鳥は焼きません。
自分の店でも焼かないことが多いかも(笑)

DEW DROPPERS では、必ず「鳥和可コーナー」の時間帯が設けられております。

ただ、適当なところで止めないと、ずっと弾いているので要注意です。




1部終了して、ひと休み。

今回も会場内は盛況でして、メンバー半分の楽屋は入り口の階段(笑)



第2部、スタートしました!
2部は最初から全員登場、「ヤマちゃんスタイル」は2回は使えません~

スタートは軽快なスネアに乗せてLEOさん”Break-A-Way”で登場!
フル回転です!



最近は年に2,3回のライブしか拝めなくなっているLEOさんですが、本番の爆発力はさすが!です。

お年頃の女性には失礼かと思われますが、実は誕生日を控えてのライブでありました。

ここ最近は、誕生日が来ても歳が増えないと言い切っております(笑)



完全にピアノを放棄したピアニストの図。

何でもニューオリンズ・ピアノになってしまう、ある意味天才ではあります。
そのうち「鳥和可」でチキン・ガンボが出るのを期待しましょう!

さて、この嬉しそうなピアニストの目線の先には・・・・




出ましたっ!
Star Of This Show !!

ふだんは縁の下の力持ちということで、黙々と呑んで、い、いや黙々とベースを弾いていますが、このバンドではそれは許されません!

しかも、第1部と衣装も替え、布団柄の祭りシャツ!
西多摩郡の地元では、小町正明と言えば泣く子も黙る笛吹き(元)青年団である!!




そして、ついには客席乱入の暴挙!

小町家の家族の皆様は、ご主人の勇姿を観るためにDEW DROPPERSのライブには必ずやって来ます。

仕事帰り家族に内緒で、回転ずしで清酒をちびちび呑む一家の大黒柱、小町正明の一世一代の晴れ舞台でありますっ!!



さあ!ステージ上は佳境です!

若山光一郎ワンマンショー、小町正明笛吹き大会、も無事終わり、ニューオリンズメドレーです。

今回は “Ay, ai, ai”を仕込んでみました!




客席乱入と言えば、ケーブルのないサックス吹きの十八番であります!

伊藤雅之、ルースターにてバー・ウォーキングを決めるの図!

できれば客席3周くらいしてもらいたかった(笑)


そして、やはりワイヤレスですからね~
っつうか、最近必ず客席徘徊をご披露している気がします。
ワイヤレスを持っていないときはベルデン8412の特注10メートルケーブルを持参します(笑)

厳密に言えば、長いケーブルやワイヤレスシステムは音が劣化しますよね~
でも、それよりパフォーマンス勝負の50代男性ですっ!
お客さん、みんな楽しんでくれるんでそれでいいのだ!(自分も楽しんでるしね)
ちなみに、そこまで気にするほどの耳を持っていなかったりもしますし^_^;



今回も大成功の荻窪ルースター公演でした。
ご来場の皆様、誠にありがとうございます。

最後にルースターのロゴをバックに記念撮影!
次回のフライヤーに使えますな~

みんな鳴り物持ってますが、約1名凶器のようなものを持ってヒール顔で写っている人の話は後ほど。



この日の「ドッキリ」です。

実は誕生日を控えたLEOさんに内緒で、メンバーとFujiyamaカメラマンで花のアレンジメントを購入、これもルースターの階段下に隠しておりました(笑)
終演後、だいぶお客様が引いた後、彼女がトイレへ着替えに行ったのを確認してお店の照明を落としてもらい、出てきた瞬間に”Happy Birthday”の伴奏がっ!

「ドッキリ」大成功でございました~!



さて、終演後の恒例宴会芸大会(笑)

この人がいないと始まりません!
小堀正ワンマンショー!

笑って観てる人、呆れて観てる人、人それぞれです。

この世は、若干下ネタをセーブしていたのが残念でした。



LEO & 若山光一郎。

ホテルのディナーショーのような・・・・・

そんなことはありませんでした(笑)

が、良かったですね。

次回、こういう選曲もありかな?

皆さま、次回も “DEW DROPPERS”を宜しくお願いしま~す!!



さて、最後になりましたが、おまけです。
岡地曙裕3態を。

なんせ、この日の演奏後は彼の話題でもちきり!

え?なんでって??

やっちゃたんです・・・

スネアスタンドたたき折りました (ノД\lll)コワイヨー



スネアスタンドの予備があったので良かったわけですが、私も含めてこんな事件に遭遇した方はまず居ないと思います。
というか、本人も初めての事故だったような(笑)

当日いらっしゃったお客様は歴史の証人と相成りました~

事件が起きたのは(笑)、第2部3曲目”I Know”。
たまたま1コーラスのおわり間際だったので皆さんにはそれほど変には聴こえなかったと思います。



しかし、ビデオを見ると落ちた瞬間の岡地選手の表情、笑えます。

ずるり、ころりん、という感じでスネアが足元に落ちていきました。
あり得ませんね~

スネアスタンド破壊記念の岡地曙裕3態でした。

今回も写真を1,000枚以上撮られたFujiyama名人、ありがとうございました~
(All photo by Fujiyama)


ついに今週の土曜日に迫りました!
えっ!?
知らないっ!?

あ~た!なに言ってるのっ!
“Berry伊藤 & DEW DROPPERS” だよー!!!


時間は書いてありませんが(汗)、19時オープンの20時スタートです!

前回は大入りで出演者席もお客様に開放しました!

今回も、そのくらい来てほしいなぁ・・・・



リハも順調っ!

3月7日の土曜は荻窪ルースターへGO!!


15
2月

3月7日はDEW DROPPERSへGo!!

   Posted by: Masazumi Ito   in Dew Droppers, Live Schedule

取り急ぎの告知です。

3月7日、荻窪ルースターです!!




2月1日のDEW DROPPERS お披露目ライブ、大盛況のうちに閉幕いたしました。
JIROKICHI40周年とも重なり少々不安だったのですが、蓋を開ければ超満員!
出演者席も開放して、我々は入口の階段が楽屋がわり(笑)
御殿場のサブちゃんや、Facebookの宣伝を見てご来場の八戸からのお客様(出張ついでですがw)、たまたま来日中だった香港在住のMr.Umezuまでご来場のワールドワイドな(笑)客席です。
わたし、荻窪ROOSTERは初出演でしたが、オーナーの佐藤さんのご尽力でお客様にも出演者にもたいへん気持ち良い場を提供して頂けるお店です。

さて以前にも書きましたが、多忙な各メンバーはそのスケジュールの合間を縫って音合わせをしてきました。
ただ、本番一週間前のリハで突然選曲替えたり紆余曲折。
リハ後の呑みの席で、突然のアイデアが浮かんだり。。。
ええ~い!あとは当日リハで勝負っ!



しかしながら皆さん、さすがのツワモノ揃いです。
多少のドサクサはあったものの、本番のパワーはリハの数十倍!
私のチョンボなんて、すっかりかき消されておりました(笑)

これはリハの写真。
今回、Fujiyama先生は2300枚近く撮ったそうです!
 ∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ
超満員の会場、かなり苦労されていたようですが、リハはお客さん気にすることもなく楽勝だったもよう。
今度からリハからステージ衣装かな(笑)




それでは皆さんの各ショットをご覧ください!

”ミスター鳥和可”若山光一郎

いや~弾きまくりましたね~(笑)
好きに弾いていいコーナー作ったら、止まりませんでした。
ウシャコダ以降、スポットのお手伝いはかなりあったようですが、バンド活動は久々です。
ルースター常設の、昭和のグランドピアノを楽しそうに弾きまくってました。
おまけに夫婦揃って始発電車の朝帰りの図は、なかなかのものでした。

新店舗、改築オープンまであと2カ月!
次回はお店のチラシも配布しますっ!!




”バリー”伊藤雅之

今回はクラリネットを本邦初公開して頂きました。
新境地ですっ!

そして、本業のバリトンサックスもダイナミックにいい音を出しまくっていました。
身体がでかいからバリサクのでかさが感じられなかったという方、大間違いです。
あんなのぶら下げて、よく1時間も演奏できるもんです。
次回はもっと会場練り歩きをやってもらって、更に重厚感をお客様に感じてもらいましょうっ!




岡地曙裕

いや~、やっぱりこの人のドラムはサイコー!
もう何も言うことはありません。

バンドメンバーもお客さんも、会場中が彼のドラミングと共にニューオリンズへ来た気分にさせて貰えたのでありました!


閑話休題
最初に書いたように、我々の楽屋は急遽ルースターへ入る階段に(笑)
いろんな方がいらっしゃいましたが、これは小堀正さんです。
さしずめ、ブルーヘブンVSブレイクダウンの図ですね~
さて、第1部はあっさり曲を続けたので意外と早く終わっちゃった(後で良く考えたら、45分はやってましたが・・・)。
ちと軽い反省会などやってる最中にステージではルースターのオーナー佐藤さんの”恒例大イリュージョンショー”が行われております。




そして!この日の主役はこの人ですっ!小町正明!!

ついにそのベールを脱ぎました!その昔から拝島の青年団として「祭り男」の話は一部では有名でしたが、ついに!
衣装も祭りシャツです。
珍しいことに、家族総出の応援団も!
終演後も終電までガンガン呑む奥さんと宴にすっかり溶け込んだ二人の息子さんがいたために、打ち上げはちょっと静かでした(笑)
でも、皆さん帰ったあとは朝までコースでいつもの小町さん(爆)




歌姫、LEO !

素敵でした。
惚れ惚れするような男らしさ(笑)
この勢いは誰にも止められません!
最初のリハ写真にある場末のスナックのママ風情は微塵も感じられませんっ!

この日、会場に配られた多くの鳴り物、振り物はLEOさんが大阪の100円ショップの問屋から箱買いしたものです。
次回は配りませんから持ってきてね(笑)



と言うことで、バンマス “ベリー”伊藤正純でございます。

このスパンコールの上着、なかなかでしょ!
シャツもラメ紫!
第1部は蝶ネクタイ付きでしたが、あまりの暑さに2部は取ってしまいましたが、髪をジェルで上げ、ニューオリンズビーズ(ちょっとギター弾くのに邪魔・・)でオメカシ。

そして、この335。
本邦初公開です!!




第2部は前半の反省を生かしたら、アンコール含めて1時間15分も演ってました(^^;
後半はお客さん一体のマルディグラ大会!

皆さん、一緒に歌ってくれてありがとうございました!!
あんまり長さを感じなかったでしょ(笑)




とにかく、楽しい楽しい一夜。
突っ走りました~(笑)

バンドメンバー全員、終了後は放心状態でした。

そして、あのエンディングスタイル。
斬新だったでしょ?
これは会場に来た皆さんにしか分かりません。
教えないよ~(笑)



アンコールでLEOさんに背中を押され、再度の客席徘徊コーナー。



とにかく、こんなにたくさんの皆さんが来てくれるとは思いませんでした。
ご来場の皆さん、本当にありがとうございました。

都合のつかなかった皆さん、次回のご来場をお待ちしております。
次回は・・・夏ぐらいかな~(笑)
東京ブルース界のツチノコ目指そうかと。。。
取り敢えずは、成功に終わったDew Droppersデビューライブ、ありがとうございましたー!!




おまけ 其ノ壱

AfterHours、ウエストロード VS ウシャコダ ???
店のオーナー、佐藤さんもギターで参加。
呆れ果ててるLEOさんの姿も~
小堀正様、唄うは平浩二の「バスストップ」!
小町さんの息子さんに向けた「Let it be」の替え歌も。。。。
これ動画ありますが、ご本人の名誉のために封印っ!




おまけ 其ノ弐

ルースター閉店するも終電は既に終了。
タクシー2台で高円寺へ。
高円寺「楽や」にて打上第2部。
落ちる人1名。

その服の色から誰かはわかっちゃいますねぇ。。。。
寝ても路上じゃないからマシか(^_^;)



おまけ 其の参

やっぱり最後に集合写真載せないとね~


30
1月

Berry 伊藤 & Dew Droppers 登場!!

   Posted by: Masazumi Ito   in Dew Droppers, Live Schedule

時の経つのは早いもの。
20年間の音楽履歴の消滅期間を経て今があるわけですが、その引退(?)直前のバンド、結局数回(3回くらいか?)のスタジオリハを行っただけでバンド名も付かないままに終わったグループがありました。
それまで、ずっとブルースバンド一色だったのですが、ニューオリンズものが演りたくて演りたくてメンバーを集めたバンドでした。
今は亡き松井仁さんをベースに、早崎詩生さん(ピアノ)、立松裕之さん(ドラム)の布陣。
結局、わたしの仕事が忙しくなったりして自然消滅。
その後の私はすっかり音楽と疎遠になったのであります。
数年前にリハビリを始めた時に、あわよくばいつかはニューオリンズものを演りたいなぁ~などと常々思っていたのですが・・・・。

ついに始めましたよ。。。。

いくら昔の仲間と言っても、わたしなんぞより遥かに素晴らしいキャリアと実力を持ち、しかも多忙な皆さんが集まってくれました。

去年の春頃から、忘れた頃にスタジオに入り、
「あれ?前回イントロどうだったっけ?」
「エンディングはブレイクだったか~?」
「ここのコードは7thか?diminishか?」
終いには
「キーはなんだーーっ!!??」
「歌詞わすれてる~~っ!」
「もう呑みにいこうよぉ」
という具合に遅々として進んでおりましたが、ついにデビューライブが決定です!




さて、バンド名ですね。
“Dew Droppers”です!
そう、ニューオリンズに(今はもうありませんが)Dew Drop Inn という、ホテル?バー?ライブハウス?というものがありました。

「露の雫たち」、おお、なかなか粋です。
スワンプの湿地帯を想像させます。
ドロドロしてます(笑)




ちなみに命名者は、御大吾妻光良さまでございます。
ちょうど I hear you knockin’ という、ニューオリンズものの原書を読解されていたので、
「なんかニューオリンズを思い起こさせるバンド名ないですかね~?」
と尋ねたところ、
某イベントの会場にて、何かのフライヤーの裏にこのようなメモを書きを渡されたのでありました。

そしてあるミーティングで、これはバンマスの名前を入れなあかんやろ!という話になり・・・

話は前後しますが、当バンドに伊藤姓が2名おりまして、「伊藤!」と呼ぶと2人が振り向く、という事態に某LEOさまが「べりべり弾くベリー伊藤、ばりばり吹くバリー伊藤!」と勝手に命名されまして、このバンドでは「べりさん、ばりさん」が通称となっております。
てなことで、「Berry伊藤 & Dew Droppers」というバンドが誕生したわけでございます。




それではまず自己紹介。

伊藤 “BERRY” 正純 (vcl & gtr )

いちおうバンマスです。
最近、私のまわりではバンマスにセカンドネームを付けることが流行っております。
まさか、自分にまわってくるとは・・・・

このバンドを始めるにあたり、ギターをランクアップさせました。
もう後には引けない状況を作っております。

がんばりますっ!!


若山光一郎 (pf)

千葉県人で知らぬ者はいない!と言われた “ウシャコダ“のオリジナルメンバーです。
イーストウエストでベストキーボードプレイヤーを受賞したのは何十年前のことでしたっけ~

そして、このブログの読者なら、日本橋本町の不思議な焼き鳥屋「鳥和可」の店主として知られているはず(笑)
現在、お店は新築中につき、裏の仮店舗で営業中ですっ。

ホントに久々のバンドカムバックです。
日頃から店内で弾きまくっていますので、その腕は向上の一途!



伊藤 “BARRY” 雅之 (bsax & cl)

学生時代によく行ってた早稲田の”ロッククライミング”(サークル)のお隣さん”SWING”のOBです。
当時からの友人、現在大阪在住のトランペッター、松ぶー氏に紹介してもらいました。

常日頃、あちこちのセッションを荒らしまわっているという噂も。。。
当バンド唯一人の音楽理論の良心であります(笑)

彼のバンド、SOULGUN もヨロシクー!


小町正明 (ba)

言わずとしれた日本最古のブルースバンド “ローラーコースター“のベースマンです。
その昔は、R&B~SOULバンドのベーシスト、というか女性ボーカル好きのベーシストとして有名でした。
そして酒呑みのベーシストとしても相当有名(笑)
この人と二人で呑むと、たいてい悲惨な結末を迎えます。。。。

さて、当バンドのステージ衣装は「アロハ禁止令」。
小町さん、果たしてどう出るか~


岡地曙裕 (ds & per)

お世辞抜きに日本で一番好きなドラマーですっ!
一見、そのパワーに焦点があたりがちですが、歌い手やソロイストがとても気持ちよくなれるドラムを叩いてくれるのです。

30数年前に初めてバンドを一緒にやった時、かけもちバンド数20超えという驚異の人でした。
その後、”ブレイクダウン“、”ボ・ガンボス“、等々で素晴らしいドラムを披露、長年”吾妻光良&スウィンギンバッパーズ“でもおなじみですね。

昔からプロレスやB級映画の話をしながら(あ、もちろん音楽の話も)ダラダラ朝まで一緒に呑むのが好きな方です(笑)
あ、当バンド、リハ後の反省会は、たくさんダラダラ延々と呑む「おかち・こまち・いとうトリオ」がいるため翌日仕事がある日は少々危険であります。


LEO (vcl)

その昔、「ツチノコ」と呼ばれていました。
「高田馬場あたりに凄い女性ソウルボーカルがいるらしいぞ」
「おお!一度聴いてみたいものだ」
という会話が頻繁に聞かれたものです(笑)
まだまだライブ数も少なかった頃、私の車で京都磔磔ツアーなんてやりましたなぁ~(懐)

いまや、日本を代表するソウル、R&Bシンガ―です。
最近、そうとう忙しいようで自らのバンドもなかなか活動できないところを引っ張り出してしまいました。またツチノコにならないように~

見かけによらず、酒は一切受け付けません。
ただ、プロレスは好きです(関係ないか・・・)。



さあ!告知です!!
デビューライブです。
荻窪ROOSTER本店
2月1日(土曜)20:00スタートです。(開場19時)

いろいろ趣向を凝らした楽しめるライブです!

ぜひぜひ、ご来場くださーい!!!

(ちなみにこのフライヤーは旧友町田謙介さんの作品です)


すっかり1月も半分終わってしまいましたが、本年も宜しくお願い申し上げます。
昨年は不幸がありましたので、賀状も出せず「おめでとうございます」も大きな声で言えません。
そう言えば、昨年喪中ハガキを作ろうとしたら、リビングにある家族共有のパソコンがお陀仏になってしまい、いままでのデータが入っていた年賀状ソフトが見ることが出来ず大騒ぎ。
で、前年頂いた年賀状を見て手書きで宛名書きしようとしたのですが、なにぶん整理整頓が悪い人なので正月三が日くらい迄に頂いた賀状はあるものの、それ以降に来たと思われるものが散乱しており、どうも全員に喪中ハガキが行って無いような気がします。
もしお気づきの方がいましたら、そんな状況でしたのでご勘弁頂きたい次第です。



さて、新年の初モデル作品です。。。。。
正月2日に小安田憲司さんに誘われて行った阿佐ヶ谷バレルハウスでの新年会直後です。
この歳になって、この姿はなかなかレアと言えます。
撮られる方も撮られる方ですが、沈着冷静に撮った方にもお年玉をあげたいくらいです(涙)

ちなみにこれ、Facebookのカバー写真にしました。



ちなみにちなみに、この写真は今まで使っていたFacebookのカバー写真です。

これは昨年の横浜ジャグフェスティバル後の惨状です。

ジム・クエスキンもマリア・マルダーもジェフ・マルダーも、みんなみーんな私の記憶の中からすっ飛んでおります。

良い子の皆さんは真似しないようにね。


さて、そんなことで昨年はいろいろなライブやコンサートを観に行きました。
ボビー・ウーマック、アーマ・トーマス、クラレンス・カーター。
このあたりの大御所が1年のうちに観れるなんてなかなかです。
あ、今年ははファンキーミーターズ観ちゃいましたが。。。



バンド活動は、結成7年目を迎えるTHE NG’sのライブ数が前年同様ちょっと少なかったですね(2月、6月、11月)。
しかしながら手慣れたもので、顔を合わせるとバンドの音になるから不思議。



そして、セクスィー高村&R-50 BLUES PROJECT。
個人的には27年ぶりくらいのブルースバンド。
やはり嬉しいですね。
しかも、殆どのメンバーは昔の仲間。
10月末にメンバー1名ほどカザフスタンに島流し、い、いや転勤となりまして、やはりサラリーマンって怖い職業だな~としみじみ思った次第でもあります。




そしてそして、昨年の春くらいからジワリと動き出していた新バンド。
ついに年明けに陽の目を見ますっ!

素晴らしいメンバーが揃ってくれました。
さて、その話は次回に。。。。。


今回も all photo by Fujiyama でした!!(泥酔写真を撮らせたら、この人の右に出る者はいません~)

Page 2 of 212