六本木と言えばビルボードくらいしか行かないわけですが、やはり土地柄あまり落ち着かない。
あ、呑み屋の話ね(^^ゞ
ビルボードのライブ前後はミッドタウン近くの「朝日食堂」が以前から定番なのですが、安いと言っても「六本木では安い」という感じ。

生ビール、酎ハイ類が290円均一のこちらが私には似合うわけです。
しかも店構えは高級割烹の体!


で、本題のシル・ジョンソン。
もう78歳とのこと。
2年前に来たビッグ・ジェイ・マクニーリーは85歳って聞いてぶっ飛んだけど、この78歳も元気!
前半は、まあこんなもんかな・・・と。
そんなにギターが巧い人ではないのは分かり切ってること。
ただ、後半ボーカルに専念したら凄い凄い!
あまり期待して無かった(すいません)だけに驚きのステージでした。
バックも良質なメンバーで山岸潤史さんが仕切る感じ。
そして、もう一人の重鎮がジェリー・ジェモット!
実は、直前に一緒に来日するのを知って驚いていたのですが、あのキング・カーティスのバンド(King Pins)のベーシスト。
アレサ・フランクリンとのライブは、映像、サウンドともに有名ですが、まさかのジェリー・ジェモット来日でした。


終演後、20数年ぶりに会場でばったり遭遇した翻訳家のM田くんと旧交を暖めていたら、なにやらシル・ジョンソン サイン会の長蛇の列が。
さすが終電も近いので諦めてロビーへ出ると、な、な、なんと!
ジェリー・ジェモットさん!!!



会場で会ったセクスィー高村氏交えて記念撮影。
気軽に撮らせて頂きました、ありがとうございますっ!

P.S.
開場前に横の方の席にいた某T村氏をチラリと見たら、隣に座った一人で来たという女性の方にナンパしておりました。
証拠写真撮れば良かった。
ざんねん。


この投稿は、2014年8月1日 金曜日に、カテゴリー「Blues after hours (ライブ後記の項)」に投稿されました。
トラックバックURL : http://masazumi-ito.com/archives/6621/trackback

コメント(1)

 1 

[...] ビルボードでシル・ジョンソンを観に行ったときにバッタリ遭遇したのである。 【2014年8月1日のブログ】 終演後、喫煙所に入ると、どうも似ている人がいるではないか! 勇気を振り絞 [...]

2022年7月6日 9:44

コメントを残す

名前 (*)
メール (公開はされません) (*)
WEBサイト
コメント