巷ではサッカーのワールドカップでアフリカブーム到来!
っちゅうか、正しくは南アフリカブーム?
残念ながら、サッカーに関してはかなり素人だ。
30数年前の、ベッケンバウアーやクライフが唯一私のサッカーブームであった。

だが、私の心もアフリカブームでウキウキ!

25年ほど前、サニー・アデの JUJU MUSIC に始まるアフリカブーム。
ほんの少しだけ、私もブームを担っていた。
当時、レコードのインポーターをやっていた 某〇ワ・トレーディング(現 某〇タ・カンパニー)にいた私は、まだ滅多に輸入されないアフリカ音楽レコードの情報を片っ端から調べていた。
比較的容易に輸入できたのが、フランスの “SONODISC” というレーベル。
で、唯一このレーベルが多数入荷していた西新宿の某〇星堂(住友三角ビルね)へ、客のフリをしてレーベル裏の記号やら売値などを細かくメモしてきたのは私である。
当然フランス盤なので、主流はザイールのリンガラ・ミュージックである。
そこで耳にしたのは、フランコ、タブー・レイをはじめとするリンガラ・ポップスだ。

レコードのインポーターなんぞ、うらやましい仕事をしていたと思われるが、ディスク代に給与のほとんどが費やされるというのが実際のところである。
おかげでこの頃、アフリカ音楽のレコードは相当数買いあさったものである。
久しく聴いていなかったのだが、ここにきて先日見た映画”SOUL POWER”ショックで寝た子が起きてしまった。

実はこの映画の公開日を連絡してくれたのが、旧友岡地曙裕氏。
そして映画を見た数日後のこと、再び彼からフランコの YOUTUBE映像を教えてもらった。


おおっ!
見事な昭和歌謡、じゃねえや、リンガラ歌謡の香り。


sunny ade
再度25年前を振り返る。
レコードなんぞ、その当時の勤め先で大量に輸入した SONODISK盤。
アメリカではMAKOSSA盤とかあったな。

SUNNY ALADE(サニー・アデのナイジェリア盤)の原盤などはプレミア付。
(恐ろしいことに、SUNNY ALADE盤は半年後には大量輸入され、あちこちに廉価盤として売れ残る状況になるのだが・・・・。私は西荻窪の某Tホアナレコードに数枚貰ってきたし)

franco etc
PAPA WEMBAが来日したりしたものの、やはりリンガラスター達の生映像はほぼ見る機会がなかった・・・・・のに・・・・・。

ああ、YOUTUBE恐ろしや!
フランコなんて、湯水のように出てくる出てくる。

ああっ!
なんとっ!ムビリア・ベル(Mbilia Bel)も!!
この曲は何回聴いたことだろうか。しかもライブだ!


それでは最後に、映画”SOUL POWER”から、TABU LEY & L’AFRISA INTERNATIONAL のステージを!

あああああっ!
昇天っ!!

この投稿は、2010年6月27日 日曜日に、カテゴリー「Phonograph Blues(レコード,CD,DVD,映像等の項)」に投稿されました。
トラックバックURL : http://masazumi-ito.com/archives/3313/trackback

コメント(5)

koyasuda
 1 

Sunny Ade、
懐かしいねえ。
コンサートも行ったなあ。

そんなにはまったほうではないけど、今もたまに聴きます。

2010年6月28日 8:12
 2 

> koyasuda さま

JUJUブームもあっという間でしたね・・・。

キング・サニー・アデ!
初来日公演、かっこよかった~。
よみうりランドでのジミー・クリフとのジョイントも懐かしい!

2010年6月28日 8:18
マクヴァウティ
 3 

Soul Power見て、勉強してきます。

2010年6月28日 19:10
 4 

> マクヴァウティ さま

SOUL POWER 大阪上陸までカウントダウン!

ところで、本編には登場しなかった SISTER SLEDGE の映像などが youtube に挙がっております。
まだまだ、お蔵入りの映像が残ってるってことね!!!

2010年6月28日 21:22
 5 

[...] 本当は二年前に書いたリンガラの話とつなげたかったのに・・・・。 [...]

2012年8月16日 1:27

コメントを残す

名前 (*)
メール (公開はされません) (*)
WEBサイト
コメント